【フォード・マスタング】 名車復刻モデルがSEMAショーで登場

この記事は2分で読めます

【フォード・マスタング】 名車復刻モデルがSEMAショーで登場

あわせて読みたい記事:【コブラジェット・マスタング】フォードが68台限定モデルを発表

あわせて読みたい記事:【60セカンズ】マスタング・エレノアのレプリカの価格・スペック

あわせて読みたい記事:【フォード マスタング】映画ブリット劇中車が北米オートショーに

アメリカのオクラホマ州のコーチビルダーである、「クラシック・リクリエーションズ(CR)」社は、「シェルビー」社から認可を受けてクラシックなシェルビー・マスタングのボディに現代の駆動系やシャシーを組み合わせた復刻モデルを作り続けています。その「クラシック・リクリエーションズ(CR)」社が今度は「マスタング」の本家の「フォード」社から正式に認可を受け、1969~1970年スタイルのモデルを新たに製作すると発表していており、多くのファンの注目を集めています。注目の復刻生産されるのは「フォード・マスタング BOSS 302」、「フォード・マスタング BOSS 429」、「フォード・マスタング マック1」の3車種となっています。いずれも名車の中の偉大なモデルといえますが、これらもシェルビー・マスタングと同様、単なるレプリカではなく、メーカーから「継続生産車(continuation cars)」の認定を受けたモデルとして登場するということです。

これらのクルマはいずれも1969~1970年に生産されたオリジナルのボディか、あるいは「フォード」社からライセンスを受けて再生産されている新品のボディシェルを使い、電子制御を導入した最新型のエンジンが搭載されるということです。復刻モデルの「フォード・マスタング BOSS 302」は、2018年型の「フォード・マスタング GT」に搭載されている302キュービック・インチ(5.0リッター)32バルブの「コヨーテ」V型8気筒エンジンか、または363キュービック・インチ(6.0リッター)にストロークアップしたエンジンから選べる設定のようです。

「フォード・マスタング マック1」ではCRが提供可能なあらゆるエンジンを選択することができ、新型2.3リッター直列4気筒ターボ「エコブースト」エンジンも含まれるということです。そして「フォード・マスタング BOSS 429」は、カスタムメイドの7.0リッターV型8気筒エンジンに最新のバルブトレインや燃料噴射装置を組み合わせたものが搭載されるということです。気になるこれらの3台は2018年11月にネバダ州ラスベガスで開催される「SEMAショー 2018」でデビュー予定となっているようです。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。