【Z32フェアレディZ】湾岸ミッドナイト悪魔のZ仕様のスペック

この記事は2分で読めます

【Z32フェアレディZ】湾岸ミッドナイト悪魔のZ仕様のスペック

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】ブラックバードのモデルの本物ポルシェターボ

あわせて読みたい記事:【フェアレディZ32】世界記録のボンネビル最高速仕様のスペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMEGAMAX】劇中車ハコスカは本物GTR?

「日産:フェアレディZ」は、初代の「S30型」から多くのファンを魅了し大ヒットモデルとなっただけでなく、「サファリラリー」や「TSレース」などモータースポーツでの活躍も評価されました。そのDNAを継承し、アメリカのモータースポーツで活躍した「Z32型」はデビュー時には日本国内の280PS自主規制を促したとされるモデルであり、そのスタイリングからスポーツカー好きを魅了したモデルでした。ボディは先代モデルの「Z31型」より全幅は75mm幅広く、全高は50mm低くなり、これが前1495mm/後1535mmのワイドトレッドを可能にするなど、まさにFRスポーツの世界水準を凌駕するディメンションとなっていました。サスペンションシステムは前後マルチリンクとなり、ツインターボ車はリアに位相反転制御付きの「SUPER HICAS」を採用することによって、コーナリング性能が大幅に向上しています。

またDOHC化された「VG型:V型6気筒DOHC」エンジンは、ツイン インタークーラー付きツインターボで過給され、40kgmに迫る大トルクを発生させています。1.5トンのボディを易々と240km/hまで引き上げるポテンシャルを備えていました。DOHCならではのパワーピックアップを生かして0-400m加速も13.76秒で走りきるほどでした。最高出力230psのNA仕様も用意されましたが、自主規制が強いられた最高出力280psのツインターボはスポーツカーとして「フェアレディZ」らしさを表現していました。シャシーは2シーターとそのホイールベースを120mm延長した2by2の2タイプで、好評のTバールーフも設定されました。1992年には2シーターベースのコンバーチブルを追加し、一段と魅力を増しました。


「フェアレディZ 300ZXツインターボ(1989年)」:主要諸元

  • 全長×全幅×全高:4310×1790×1245mm
  • ホイールベース:2450mm
  • 重量:1530kg
  • エンジン型式・種類:VG30DETT型・V6 DOHCツインターボ
  • 排気量:2960cc
  • 最高出力:280ps/6400rpm
  • 最大トルク:39.6kgm/3600rpm
  • トランスミッション:5速MT
  • タイヤサイズ:225/50R16
  • 価格:395万円
  • 中古車価格:153万円(平均相場)
  • 最低価格~最高価格:50万円~ASK

「Z32型フェアレディZ・レヴォルフェS.A.仕様」:スペック

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

「湾岸ミッドナイト」の「悪魔のZ:S30Z」は、ベース車両が実在の「S130型フェアレディZ」。そのカスタムマシンをモチーフとしアレンジしてカスタマイズされたマシンが今回の「Z32型フェアレディZ」。

 

今回、紹介する「Z32型フェアレディZ・レヴォルフェS.A.仕様」は、エンジン本体は、東名89φ鍛造ピストンによって3.1Lに排気量を拡大する他、各部のバランス取りや燃焼室加工を施し、基本性能はもとより、踏み続けても壊れない耐久性を追求。

タービンはS14シルビアオーテックバージョンの斜流タービンを加工流用することで、最大ブースト圧1.25キロ時に500psを発生。エクステリアは、アブフラッグのボディキットをベースにワンオフ。

エクステリアの完成までに1年以上。ホイール&タイヤは、BBS-LM(F9J R10J)に、アドバンネオバ(F235/40 R265/35)をセット。前後ともに18インチ。

インテリアは、300km/hフルスケールのスピードメーターが組み込まれる他、アブフラッグステアリングや追加メーターが装着されている程度で至ってシンプルなコクピット。ボディ補強も7点式ロールケージ&サイドバーの装着、リヤゲート開口部のスポット増しなど、最小限に留められている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。