【ワイルドスピード】劇中車のホンダ・シビッククーペ黒のスペック

この記事は3分で読めます

【ワイルドスピード】劇中車のホンダ・シビッククーペ黒のスペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード7】劇中車ラストシーンのチャージャーのスペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMEGAMAX】劇中車ハコスカは本物GTR?

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格

世界的な大ヒットを記録しているカーアクション映画「ワイルドスピード」シリーズ。毎回、世界的な名車、旧車のカスタムマシンが登場し多くのクルマファンを魅了している映画ですが、今回はシリーズの1作目のカスタムマシンに注目しました。トラックのシーンで活躍した劇中車両の「ホンダ・シビッククーペ」です。


「ワイルドスピード」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】劇中車両のインテグラGSRのスペック・価格

『ワイルド・スピード』(原題: The Fast and the Furious)は、2001年公開のアメリカ映画で、あらすじとしては下記のようになります。L.A.では深夜、若者たちが大金を賭けたストリート・カー・レースに熱狂していた。ドミニクは仲間たちから一目置かれる天才ドライバー。彼はレースを挑んでくる無謀な連中を相手に1度のレースで1万ドルを稼ぎ出す。そんなある夜、ブライアンという新顔がやって来る。彼もまたドミニクに負けない驚異のドライビングテクニックを披露、ギャラリーの注目を集める。しかし、誰も彼が警察官だとは想像もしなかった。ブライアンは実は、最近多発している高級品を積んだトラックがハイスピード状態のままジャックされるという事件を追って、潜入捜査を行っていたのだった。


「ホンダ:シビックDX(クーペ)」:スペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】劇中車ドムのRX-7(FD3S):スペック

「ワイルドスピード」の劇中車両の「ホンダ・シビッククーペ」。ブラックのボディカラーに大型のリアスポイラーでトラックを襲撃するシーンに登場しています。希少なサンルーフ装着の「ホンダ・シビッククーペ」のカスタム内容に注目。

  • 年式:1994年式
  • 全長:4390mm
  • 全幅:1695mm
  • 全高:1345mm
  • ホイールベース:2620mm
  • トレッド:1475mm/1465mm
  • エンジン型式:D16A
  • エンジン形式:直列4気筒SOHC16バルブPGM-Fi
  • 排気量:1590cc
  • ボア・ストローク:75.0mm×90.0mm
  • 圧縮比:9.2:2
  • 最高出力:130ps(96kW)/6600rpm
  • 最大トルク:14.8kg・m(145.1N・m)/5200rpm
  • トランスミッション:4AT/5MT
  • サスペンションシステム:ダブルウィッシュボーン
  • ブレーキシステム:ベンチレーテッドディスク/LTドラム
  • タイヤ:185/60R14 82H
  • 「カスタム内容」
  • エクステリアデザイン:VIS GT Bomber Kit、Veilside製Kombatデュアルデックユニバーサルスポイラー、グリーンネオン管
  • ホイール:Axisネオホイール17インチ、ヨコハマタイヤ
  • 最高速度:180km/h


「プレリリース」

Here are the specs on the DX Civics:

DX Sedan: 1.5 Liter, 102-hp, 16-Valve Engine with Programmed Fuel Injection (PGM-FI), Power Steering, 4-Wheel Double Wishbone Suspension, 5-Speed Manual or 4-Speed Automatic Transmissions.

Cars were all painted factory black for the 1994 model year.
Body kits were the VIS GT Bomber Kit.
The rear wing was a Veilside style Kombat dual deck universal spoiler (you’ll have to search that yourself)
Green neon lighting was by Street Glow

Axis Neo Wheels (17×7)
Yokohame tires

No mods inside

Don’t expect mind-blowing stats here. These cars were considered “disposable” by the production team. We bought them used and in rough shape. They just needed to survive a couple weeks of filming.

102hp-125hp (depending on whether we’re talking about the DX or the EX).
0-60 in 9.9 seconds – maybe
0-100 in 2-3 days
¼ mile in 18.0 seconds at 65 mph
Top speed = 108 mph

I can understand that Civics of this age range are still somewhat popular, but in the USA, that time has passed. But, back in 2000, Civics were EVERYWHERE and many of them were very well modified. We picked these cars for this role because we knew they would be received well by younger tuner audiences.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。