【ワイルドスピード】劇中車ドムのRX-7(FD3S):スペック

この記事は4分で読めます

【ワイルドスピード】劇中車ドムのRX-7(FD3S):スペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード7】劇中車ラストシーンのチャージャーのスペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】劇中車のレティのC2コルベットのスペック

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格

世界的な大ヒットを記録しているカーアクション映画「ワイルドスピード」シリーズ。毎回、世界的な名車、旧車のカスタムマシンが登場し多くのクルマファンを魅了している映画ですが、今回はシリーズの1作目のカスタムマシンに注目しました。冒頭のストリートレースに登場したドミニク(ドム)の愛車として登場した劇中車両の「マツダ・RX-7(FD3S)」です。


「ワイルドスピード」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】劇中車両のインテグラGSRのスペック・価格

『ワイルド・スピード』(原題: The Fast and the Furious)は、2001年公開のアメリカ映画で、あらすじとしては下記のようになります。L.A.では深夜、若者たちが大金を賭けたストリート・カー・レースに熱狂していた。ドミニクは仲間たちから一目置かれる天才ドライバー。彼はレースを挑んでくる無謀な連中を相手に1度のレースで1万ドルを稼ぎ出す。そんなある夜、ブライアンという新顔がやって来る。彼もまたドミニクに負けない驚異のドライビングテクニックを披露、ギャラリーの注目を集める。しかし、誰も彼が警察官だとは想像もしなかった。ブライアンは実は、最近多発している高級品を積んだトラックがハイスピード状態のままジャックされるという事件を追って、潜入捜査を行っていたのだった。


「ワイルドスピード劇中車両:ドミニクRX-7(FD3S型)」:スペック

あわせて読みたい記事:【A80型スープラ】映画ワイルドスピード劇中車のスペック・価格

劇中では、NOSを搭載しストリートレースでブライアンのエクリプスをはじめカスタムマシンに勝利したドミニクのRX-7。レッドのボディカラーにグラフィックが印象的ですが、チューニングも注目です。

  • 年式:1993年式
  • 型式:FD3S型
  • エンジン(最高出力500PS):13B-REW 、Blitz BOV、BlitzSUSパワーエアインテーク、コスモ20Bフューエルポンプ、Magnecorプラグコード、MSD 6ALイグニッションボックス、ナイトスポーツ製ラジエーター、マツダ製Trixフロントパイプ、レーシングビート製レーシングリソネーター、Blitzフロントマウントインタークーラーキット、APexiパワーFCコマンダー、Blitz NURスペックエキゾースト、
  • エクステリア:Veilside CIIボディキット、Veilsideカーボンリアスポイラー、RE雨宮スリークライトキット…etc
  • ホイール:Veilside Andrew Racing:18 x 8.5 / 18 x 9.5
  • タイヤ:Toyo T1 Proxes 235 and 255/40/18
  • ブレーキシステム: Powerstop cross-drilled rotors, Goodridge stainless lines
  • サスペンションシステム: APex T-Max
  • インテリア:Recaro SPGレーシングシート、Sparcoハーネス、Veilside Combatステアリング、Veilside Combatシフトノブ、 C’s short-throwシフター、APex AVCRタコメーター、シフトライト、APex油温メーター、排気温メーター、 GReddyターボタイマー、Apexiブーストメーター、Apexi水温メーター、 Apexi油圧メーター、…etc
  • 最高速度:270km/hオーバー
  • 2001年オークション価格:430万円


「プレリリース」

ENGINE SPECS

  • Ported 13B-REW with 3mm Apex Seals
    Twin Turbo
    Blitz BOV
    Polished Intake Manifold
    Blitz SUS Power Air Intake
    Custom Inlet pipes
    Cosmo 20B fuel pump
    Magnecor Plug Wires
    MSD 6AL Ignition box
    Knight Sports Radiator
    MazdaTrix front pipe
    Racing Beat racing resonator
    Blitz Front Mount Intercooler kit
    APexi Power FC with FC Commander
    Blitz NUR Spec exhaust

    NOTE: These specs apply to the HERO CAR ONLY. The clones we built had ZERO mods except for a muffler.

  • Veilside CII Body kit
    Veilside carbob fiber rear wing
    RE Amemiya “sleek light” kit

  • Veilside Andrew Racing “F”:  Sizes = 18″ x 8.5″ & 18″ x 9.5″
    Tires: Toyo T1 Proxes 235 and 255/40/18
    Brakes: Powerstop cross-drilled rotors, Goodridge stainless lines
    Suspension: APex T-Max

    INTERIOR

  • Recaro SPG racing seat (driver’s side only)
    Sparco harnesses
    Veilside Combat Steering wheel & shift knob
    C’s short-throw shifter
    APex AVCR, tachometer and shift light
    APex oil temp and exhaust temp gauges
    GReddy turbo timer
    NR white-faced gauge covers
    Apexi boost gauge
    Apexi temperature gauge
    Apexi oil pressure gaugevolt gauge
    Sparco shift knob
    Dashmasters carbon fiber dash overlay kit.

  • Although the movie depicts a crazy audio system, those shots were taken from another car. This RX7 had the factory sound system as the owner was more about keeping the car lightweight.

  • A magazine article claimed 493hp (500ps) back in 2002. Since most magazines lie to sell magazines, we have to look at real world data with similar mods. Based on these specs though, the more likely numbers are about 330 RWHP at 15psi.

    280 Horsepower (as rated by the factory), est. 330 RWHP w/these mods
    0-60 = 4.5 seconds (estimated, this car was never hooked up to data collection tools)
    ¼ mile = est. 13.1 – 13.5 seconds at 94-99 mph (also supported by timeslips and videos of similar cars from that time)
    Top speed = 170 mph

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。