【世界で最も稼ぐ女優・男優 ランキング】トップは70億円以上!

この記事は4分で読めます

【世界で最も稼ぐ女優・男優 ランキング】トップは70億円以上!

あわせて読みたい記事:【ランキング】2017年版:世界で最も稼ぐスポーツ選手100人

あわせて読みたい記事:【世界の女性ミュージシャン年収ランキング】トップ10の年収公開

あわせて読みたい記事:【旧車】オークションで高額の落札価格がついた車のランキング12

今年の「世界で最も稼ぐ女優」ランキングでは、主演したミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』が大ヒットを飛ばし、28歳の若さにして年収2600万ドル(約28億8000万円)を稼いだエマ・ストーンが1位に輝きました。
   
ストーンの収入の大部分は、世界で3億6900万ドル(約409億円)の興行収入を生んだ『ラ・ラ・ランド』の出演費だったということ。同作品で、ロサンゼルスのカフェで働きながら女優を目指し奮闘する女性を演じて絶賛を呼んだストーンは、今年のアカデミー賞で主演女優賞を獲得しました。

受賞直後のインタビューでストーンは、役柄と自分の人生との共通点をこう語っています。「私は15歳の時にここに移り住んで、オーディションを受け始めた。次から次へとオーディションを受け続けるのがどんな気持ちは分かっていた」

そんな彼女の努力が、正式に報われた。ストーンの過去12か月間の収入は、額面と前年比増加幅の両方で世界一となりました。

2位は2550万ドル(約28億3000万円)を稼いだジェニファー・アニストンでした。主演の人気ドラマ『フレンズ』が終了してから10年以上経った今も休むことなく銀幕を飾り続けているが、その収入の大半はエミレーツ航空などの広告出演費だったということです。さらに、株主だった化粧品ブランド「リビング・プルーフ」がユニリーバに買収されたことも、収入増加につながったようです。

昨年まで首位だったジェニファー・ローレンスは、3位に転落しました。主演の人気映画『ハンガー・ゲーム』シリーズ終了に伴い、年収は前年からほぼ半減したが、それでも2400万ドル(約26億6000万円)もの額を稼いでいます。ここ1年の収入は、封切りが待たれる『Mother!』と『Red Sparrow』のスリラー映画2本(いずれも原題)からの報酬や、ファッションブランド「ディオール」の広告契約などによるものでした。

今年唯一の新顔は、英女優のエマ・ワトソン(6位)でした。ここ1年の主演作では『The Circle』が不調に終わったものの、ディズニー映画『美女と野獣』の興行収入は今年これまでに公開された全映画作品の中で最高の12億6000万ドル(約1400億円)を記録し、ワトソンの年収は1400万ドル(約15億5000万円)となりました。

ランキング入りした女優たちの年収総額は1億7250万ドル(約191億円)で、昨年の2億500万ドルから16%減少しました。だがこれは、映画に登場する女性キャラクターの少なさに鑑みればすばらしい額です。2016年の調査によると、映画でせりふが与えられている登場人物のうち、女性の割合はわずか28.7%でした。

さらに注目すべきなのは、演じられる役柄が若手よりも限られる年齢40歳超の女優たちが、今年のランキングの半数を占めていることでした。こうした女優らは、演じる役柄を自分自身で作り出しているということです。例えば、42歳で6位に入ったシャーリーズ・セロンは、5年前から企画を温め続けた映画『アトミック・ブロンド』でプロデューサーと主演を務めました。

以下は、今年の「世界で最も稼ぐ女優」ランキングのトップ10。

1位 エマ・ストーン/2600万ドル
2位 ジェニファー・アニストン/2550万ドル
3位 ジェニファー・ローレンス/2400万ドル
4位 メリッサ・マッカーシー/1800万ドル
5位 ミラ・クニス/1550万ドル
6位 エマ・ワトソン/1400万ドル
6位 シャーリーズ・セロン/1400万ドル
8位 ケイト・ブランシェット/1200万ドル
8位 ジュリア・ロバーツ/1200万ドル
10位 エイミー・アダムス/1150万ドル

ランキングの対象となったのは、2016年6月1日~17年6月1日の手数料・税引き前収入です。算出に当たっては、ニールセン、コムスコア、ボックス・オフィス・モジョ、IMDBがまとめた数字に加え、業界関係者へのインタビューの内容を加味した。全世界の女優を対象としたが、今年はアジアからのランク入りはなかったということです。

今年の「世界で最も稼ぐ男優」ランキングは以下の通り。

1位 マーク・ウォルバーグ/6800万ドル
2位 ドウェイン・ジョンソン/6500万ドル
3位 ヴィン・ディーゼル/5450万ドル
4位 アダム・サンドラー/5050万ドル
5位 ジャッキー・チェン/4900万ドル
6位 ロバート・ダウニー・Jr/4800万ドル
7位 トム・クルーズ/4300万ドル
8位 シャー・ルク・カーン/3800万ドル
9位 サルマン・カーン/3700万ドル
10位 アクシャイ・クマール/3550万ドル
11位 クリス・ヘムズワース/3150万ドル
12位 トム・ハンクス/3100万ドル
13位 サミュエル・L・ジャクソン/3050万ドル
14位 ライアン・ゴズリング/2900万ドル
15位 ライアン・レイノルズ/2150万ドル
16位 マット・デイモン/2100万ドル
17位 ジェレミー・レナー/1900万ドル
18位 クリス・エヴァンス/1800万ドル
19位 クリス・プラット/1700万ドル
20位 マーク・ラファロ/1300万ドル

20人の年収総額は7億2000万ドル(約787億円)。対象となった収入は2016年6月1日~17年6月1日のもので、金額の算出に当たってはニールセン、コムスコア、ボックス・オフィス・モジョ、IMDBからのデータに加え、業界関係者へのインタビューの内容を加味した。金額は税引き前で、エージェントやマネジャー、弁護士への支払い分は差し引かれていない。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。