【RISING Z(ライジング)】S30Zゼロヨン仕様スペック

この記事は2分で読めます

【RISING Z(ライジング)】S30Zゼロヨン仕様スペック

あわせて読みたい記事:【フェアレディZ32】世界記録のボンネビル最高速仕様のスペック

あわせて読みたい記事:【1980年代スポーツモデル】 インパクトを残した名車5モデル

あわせて読みたい記事:【トヨタ スープラ】V12トップシークレット仕様スペック・価格

日本国内のみならず、アメリカにおいても大ヒットセールスを記録した初代「日産・フェアレディZ(S30型)」は、様々なモータースポーツで活躍し、ストリートゼロヨンや最高速などにおいてもチューニングベースとして好まれてきたモデルです。しかも、現在においてもチューニングの追求の熱はおさまるところを知りません。今回、紹介する個体は、0-400mレース(ゼロヨン)において数々の実績を残している「RISING Z(ライジング)」社の「S30Z改ゼロヨン仕様」に注目してみました。


コンセプトして「ストックボディのL型エンジン搭載モデル最速を目標にオールハンドメイド」で仕上げられているようです。この実現に向けてボディからシャシーの細部に至るまで限界までの軽量化をし、クラス最軽量となっています。2017年5月にシェイクダウンをし、12月に最速レコード更新しています。そのドラッグレースにおけるタイムは「10.343秒」となっており、現在最速レコード車両となっています。では、どのような仕様となっているのでしょうか。

パワーユニットは、L28改3.1L仕様とし、最高出力:365ps / 9,500rpm、最大トルク:38.0kgmとなっています。エンジンのチューニング内容は明らかにされていないものの、エキゾーストマニホールドやマフラーなどRISINGオリジナルの仕様となっています。そして、このパワーと伝えるドライブトレインはジェリーコーエアー5速ミッション、OZ製トリプルプレートクラッチ、デフはR200となっており、足回りはサスペンションシステムシステム、ブレーキシステム共にスターロード製のオリジナルが組み込まれています。ちなみに10.343秒のタイムを記録したセッティングで最高速:204km/hとなっており、完全なゼロヨン仕様となっています。


「RISING S30Z」:スペック

  • 年式:S.50年式
  • エンジン型式:L28
  • 排気量:3,100ccボアアップ仕様
  • 最高出力:365ps / 9,500rpm
  • 最大トルク:38.0kgm
  • エンジンチューニング内容:RISING製オリジナルエンジン
  • マフラー:オリジナル膨張管
  • エキマニ:オリジナル膨張管
  • ミッション:ジェリコーエアー5速
  • クラッチ:OSトリプルプレート
  • ボディカラー:レッド
  • インテリア:ドライカーボンバケットシート、ドライカーボンステアリング&パドルシフト、モーテックダッシュモニター、室内部品オールドライカーボン
  • サスペンションキット:スターロード製オリジナル(ショック:スターロード製オリジナル・スプリング:スターロード製オリジナル)
  • ブレーキシステム:スターロード製オリジナル
  • デフ:R200
  • ホイール:ウェルドプロスター(F:3.5J / R:7J)
  • タイヤ:F:グッドイヤーイーグル / R:フュージャー(F:250−4−15 / R:260−9−15)
  • 最高速:204km/h
  • ドラッグレース:10.343秒

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。