【ポルシェ・911GT2RSクラブスポーツ】991最後の限定車

この記事は9分で読めます

【ポルシェ・911GT2RSクラブスポーツ】991最後の限定車

あわせて読みたい記事:【SEMAショー2018】RWBのポルシェ911EV仕様が登場

あわせて読みたい記事:「ポルシェ911GT2 RS MR」ニュルブルクリンク最速記録

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・935】新型モデルのモビーディックの価格・スペック

「ポルシェ」社がロサンゼルス・モーターショーにおいて、「991」型世代の「ポルシェ・911GT2RSクラブスポーツ」を発表しました。これは「ポルシェ・911GT2RS」のレーシングバージョンとなり、エンジンは3.8リッターツインターボを搭載しており、最高出力は700ps、重量は1,380kgと発表されています。

ベースモデルとなる「ポルシェ・911GT2RS」のエンジンも最高出力:700psを発生するので最高出力のスペックは同じということになるものの、ロードバージョンの「ポルシェ・911GT2RS」の車体重量は1,470kgなので、この「ポルシェ・911GT2クラブスポーツ」は比較すると90kgも軽量化されていることになります。「ポルシェ」社は、公開した「ポルシェ・911GT2RSクラブスポーツ」について、「顧客が個人的にサーキットを走って楽しむほか、世界各地でレーシングイベントを開催する」とコメントしており、ワンメイクレースに近いレースをイメージしているようです。※「フォルクスワーゲン・アウディグループ」にとって、レーシングカーの販売は大きなビジネスとなっているようで、「ポルシェ」社としてもこれを拡大したいという思惑があるようです。更に初回の生産は200台に絞られることも公表されています。しかし、その後の生産が行われるかどうかは、このモーターショーにおける反応にかかっているようです。しかも、実際のところ、販売のほとんどは北米において販売されることになるようです。

3.8リッターツインターボ(700ps)エンジンに組み合わされるトランスミッションは7速PDKです。これはリジッドにエンジンとコネクトされるようで、つまりインシュレーターなどが省かれている、ということになります。駆動系やブレーキについても多くがレース用のパーツへと入れ替えられ、フロントブレーキもレース用のモノブロックへとコンバート(ブレーキディスク径はフロントで390ミリ、リアで380ミリ)となっています。燃料タンクもレース用のものへと置き換えられています。また「PSM(ポルシェ・スタビリティ・マネージメント)」やABSは残されており、これらは個別に調整が可能、とのことです。


「インテリアデザイン」:エアコンも装備

そして、インテリアデザインは内装パネルは剥がされ、最小限のカバーがカーボンファイバーにて与えられるのみのスパルタンな仕様です。さらにはロールケージ装備、操作系もレーシングカーに準じたもの「ポルシェ・911GT3R」と同じパーツへと変更されています。

レース用バケットシートはレカロ製、そして6点式ハーネスももちろん装備し、「ポルシェ・911GT3R」でも2018年モデルから「標準装備」となったエアコンも残されています。※ポルシェはレーシングカーにおいても「快適性」を重視しているのです。


「徹底した軽量化・販売価格」

そしてレーシングマシンとして徹底的な軽量化が施されているということですが、クイックリリースにて着脱可能なフロントフード(カーボン製)や、同じくカーボン製のエスケープハッチ、リアフードを装備しています。またリアアンダーはデザインは特殊で「ポルシェ・911GT3R」とは異なりリアエンジンのままなので大きなディフューザーは装着できなかったため、リアアンダーを延長することで対応しているのかもしれません。

フロントでは、「ポルシェ・911GT2RS」において「ポルシェ」社がロードカーにおいて初採用したNACAダクトをさらに拡大し、フロントフード中央にはラジエターからの熱を抜くためのダクトが大きく開口しています。リアにおいては迫力の巨大なカーボン製のリアウイングが装着されています。限定モデルの「911GT2RS Clubsport」の価格は、約5,200万円とされています。

「Porsche 911GT2RS Clubsport」に関するプレスリリース内容は以下の通りとなっています。


「Porsche 911 GT2 RS Clubsport with 700 hp」

Stuttgart. Near standard and yet spectacular – the new Porsche 911 GT2 RS Clubsport celebrated its world premiere at the Los Angeles Auto Show. The 515 kW (700 hp) racing version of the road-legal 911 GT2 RS* sports car is limited to 200 units and can be run at clubsport events as well as selected motorsport meets. “For the upcoming years, our customers will not only race the GT2 RS Clubsport on track days but also at international motor racing events. We are currently holding very productive talks with the race organiser SRO,” says Dr Frank-Steffen Walliser, Vice President Motorsport and GT Cars.

The technology of the race car from Weissach is based on the high-performance 911 GT2 RS sports car, just like in the 935, which Porsche unveiled nine weeks ago. Both share the same engine as their road-legal relative: a state-of-the-art 3.8-litre flat-six twin-turbo motor. Power from the rear engine is transferred via a rigidly mounted seven-speed Porsche dual clutch gearbox (PDK) to the 310-millimetre-wide rear wheels. Like in all other racing versions of the 911, the driver changes gears via ergonomically positioned shift paddles on the steering wheel. The positioning of the engine behind the rear axle ensures excellent traction and braking performances. Six-piston aluminium monobloc racing callipers on the front axle in combination with internally ventilated and grooved steel brake discs with a 390-millimeter diameter provide excellent deceleration values at the front axle. The rear axle is fitted with four-piston callipers and 380-millimeter discs.

Like the road-legal 911 GT2 RS, the 1,390-kilogram Clubsport version is equipped with PSM (Porsche Stability Management) including traction control as well as an anti-lock braking system (ABS). Thanks to a so-called map switch positioned on the centre console, these assistance systems can be adjusted separately or switched off completely, depending on the driving situation.

The carbon steering wheel and the colour display behind it have been taken from the 2019 Porsche 911 GT3 R model. A massive safety cage combined with a racing bucket seat and a six-point safety harness ensure maximum safety. Air conditioning provides optimal cooling of the interior.

The new Porsche 911 GT2 RS Clubsport can be ordered now from 405,000 Euro plus country-specific VAT. Customers will receive their vehicles from May 2019 at exclusive delivery events.

Technical description Porsche 911 GT2 RS Clubsport (Type 991, Gen. 2)

Concept:
• Single-seater near-standard non-road-homologated race car
• Basis: Porsche 911 GT2 RS (991.2)

Weight/dimensions:
• Weight: ca. 1,390 kg
• Length: 4,743 mm
• Width: 1,978 mm
• Total height: 1,359 mm
• Wheelbase: 2,457 mm

Engine:
• Water-cooled 6-cylinder aluminium twin-turbo rear-mounted boxer engine and rigid suspension; 3,800 cc; stroke 77.5 mm; bore 102 mm; ca. 515 kW (700 hp)
• 4-valve technology with camshaft adjustment and valve-lift switchoverVario-Cam Plus
• Electronic engine management (Continental SDI 9)
• DMSB-approved 100-cell metal catalytic converter
• Rear silencer with twin tailpipes mounted centrally

Transmission:
• 7-speed PDK gearbox with rigid suspension and short throw
• Dual mass flywheel
• Internal pressurised oil lubrication with active oil cooling
• Limited slip differential optimised for racing

Bodywork:
• Weight-optimised bodyshell in aluminium-steel composite design
• CFRP motorsport rear wing
• Enlarged air inlets with integrated LED headlights in 4-point design
• CFRP roof with removable escape hatch complying with FIA Art. 275a
• Lightweight CFRP front hood with quick release catches
• Removable CFRP rear hood with quick release catches
• 115-litre FT3 safety fuel cell, refuelling through the front hood
• Welded-in safety cage
• Recaro racing bucket seat with longitudinal seat adjustment and padding system in accordance with FIA Standard 8862/2009
• 6-point safety harness
• Air jack system (three jacks)
• Fire extinguishing system with electronic release unit

Suspension:
Front axle:
• McPherson suspension strut; adjustable height, camber and track, optimised stiffness with high-performance spherical bearings, centre-locking wheel nuts; 3-way racing dampers, reinforced tie-rod; electro-mechanical power steering with variable steering ratio; blade anti-roll bar

Rear axle:
• McPherson multi-link rear axle; adjustable height, camber and track, optimised stiffness with high-performance spherical bearings, centre-locking wheel nuts; 3-way racing dampers, reinforced tie-rod, blade anti-roll bar

Brakes:
Brake system:
• Two separate brake circuits for front and rear axles; adjustable via brake balance bar system

Front axle:
• Six-piston aluminium monobloc racing brake callipers with anti-knock-back piston springs; steel brake discs, internally ventilated with 390 mm diameter, racing brake pads, optimised brake cooling ducts

Rear axle:
• Four-piston aluminium monobloc racing brake callipers with anti-knock-back piston springs; steel brake discs, internally ventilated with 380 mm diameter, racing brake pads, optimised brake cooling ducts

Electrical system:
• Instrument cluster consisting of COSWORTH ICD with integrated data logger, sport Chrono watch and boost gauge in a vintage finish
• Removable Porsche steering wheel with shift paddles
• PSM (Porsche Stability Management) with ABS, Traction Control and Electronic Stability Control (able to be completely switched off)
• Centre console with map switch to adjust the ABS, ESC, TC and switch between preset tyre circumferences
• Porsche Track Precision Race App
• Integrated lap trigger
• Lightweight lithium-ion (Li-Fe-Po-) battery, 60 Ah, leakproof, mounted in passenger footwell
• Emergency cut-off switch in cockpit and outside left of the windscreen
• Tyre pressure monitoring system (TPMS)
• Air conditioning

Rims/Tyres:
Front axle:
• One-piece light-alloy forged wheels; 10.5J x 18 offset 28 with centre-locking nut; Michelin transport tyres 27/65-R18

Rear axle:
• One-piece light-alloy forged wheels; 12.5J x 18 offset 46 with centre-locking nut; Michelin transport tyres 31/71-R18

Colour:
White water-based paint

Vehicle price:
405,000 Euro plus country-specific VAT. Delivery from May 2019

*911 GT2 RS: combined fuel consumption 11.8 l/100 km; CO2 emissions 269 g/km

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。