【911ルマン・クラシック】ポルシェのレストア&カスタムマシン

この記事は2分で読めます

【911ルマン・クラシック】ポルシェのレストア&カスタムマシン

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・959SC】カネパ(Canepa)仕様のスペック

あわせて読みたい記事:【ポルシェ911】世界の名車としてのモデルヒストリーを振り返る

あわせて読みたい記事:【ポルシェ】史上最高の「ポルシェ 911」シリーズ:ベスト10

「ポルシェ」を専門にレストアやカスタムを行う「ポール・ステファンズ」が、「911ル・マン・クラシック」を発表しました。実車はル・マンで開催されるクラシックカーのみのレースにおいて披露されるそうです。そして、その後に受注を集め、限定10台にて販売を行う、とのことです。グレード設定としては、「クラブスポーツ」「ライトウエイト」「ツーリング」スペックが用意され、仕様にもよりますが、その価格は3,300万円くらいが価格帯となっているようです。ただしベースとなる車両がもちろん必要ですが、これは「ポール・ステファンズ」が用意するようです。実際に受注された後、製造から納車は2020年頃を予定しているということです。同社は「less-is-more」をポリシーとして掲げ、ドンガラボディの状態で何もついていないの「ポルシェ・911」のボディを用意してこのル・マン・クラシック・クラブスポーツを製造し、ベースとなるボディにサンルーフがついている場合はそれを埋め、バンパーやエンジンフードにはコンポジット素材を使用し、ボンネットにはアルミニウムを使用するということです。

  • 911-lemans (3)

搭載されるエンジンは、3.4リッター空冷フラットシックスで最高出力:300psを発生し、0-100km/h加速:4.4秒というポテンシャルを発揮します。エンジンおよびドライブトレーンに関しては独自のカスタムが施され、「GT3RSのインジェクションシステム」「オリジナルECU」「RSスペック・カムシャフト」「バランス済み軽量クランクシャフト」「軽量コンロッド」「軽量フライホイール」「ゲトラグG50ギアボックス」「LSD」を装備します。ホイールはブラック、ウインドウモールもブラック、エンジンフードのルーバーもブラック、マフラーエンドもブラック、と現代風な部分もあります。このカスタムマシンは、ヘッドライトリング以外にはクロームパーツがないのがエクステリアデザインの特徴です。車体重量は「ライトウエイト」スペックだと970kgに収められ、「クラブスポーツ」を選択した場合は1075kg、とされています。

  • 911-lemans (2)

インテリアにも相当な手間がかけられ、内装はフルレザー仕様、そしてレザーにはハンドステッチ入りとなっているようです。定員は「2名」で、本来後部座席のある場所には「ラゲッジボックス」が備え付けられる、とのことです。ル・マン・クラシック・ラゲッジセットつきのようです。「ライトウエイト」仕様インテリアでは「軽量カーペット」「防音装備なし」「アクリル製リヤウインドウ」「パワーウインドウなし」「セントラル・ドアロックなし」「軽量シート(リクライニングなし)」「グローブボックスなし」「助手席サンバイザーなし」とかなりスパルタンな仕様となっています。

  • 911-lemans (4)

ペダルやフットレストはアルミ製のようですが、こちらも「ブラック」と今風で、エクステリアデザイン同様にインテリアデザインもクロームパーツがないというスパルタンさが特徴です。メータパネルやステアリングホイールのセンターマーク、カーペットはグリーンとなっており、ボディ上のストライプとマッチさせたデザインカラーです。シートもグリーンとブラックのチェックが採用され、こちらもやはりボディカラーとのコーディネートが考えられたものと思われます。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。