【リバティウォーク】 R34スーパーシルエット東京オートサロン

この記事は2分で読めます

【リバティウォーク】 R34スーパーシルエット東京オートサロン

あわせて読みたい記事:【シルエットフォーミュラ】火を噴く日産ターボ軍団グループ5仕様

あわせて読みたい記事:【リバティウォーク】ミウラの族車仕様を公開「東京オートサロン」

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格

世界的なカスタムカーイベントとなった「東京オートサロン」。今年も「東京オートサロン2020」が開幕し、多くの注目を集めるカスタムマシンが登場。今回は、エアロパーツで世界的に有名な「リバティーウォーク」社に注目。公開されたのは、「リバティーウォーク」社が1980年代をテーマとした「LB★スーパーシルエットWORKSスカイライン」です。


「エクステリアのベース」

あわせて読みたい記事:【ランキング】1980年代:人気の国産名車・旧車ーBEST10

ベースモデルとなっているのは、「日産・スカイラインGT(R34型)」。R34型スカイラインのエクステリアは、歴代のスカイラインシリーズを随所に取り入れたデザインと思いますが、中でもフロントフェイスは1980年代のR30型スカイラインの「鉄仮面」を現代にリメイクしたようなデザイン。サイドやリアピラーもスカイラインシリーズを残したデザイン。

これを「リバティウォーク」社は、1980年代に一世風靡したモータースポーツ、「シルエットフォーミュラ(Gr.5)」の「スカイライン・スーパーシルエット」としてを再現。カラーリングも当時仕様。変更といえば大きな違いは「TOMICA(トミカ)」の文字はLBWKへ、ダンロップ(DUNLOP)ロゴはアドバン(ADVAN)ロゴとなっています。ホイールはゴールドのメッシュからブラックのボルク製。フロントスポイラー、リアウイング、フロントフェンダー上のフィン、ボンネット上のダクトなども現代風にアレンジして再現されています。


「デザインベースはシルエットフォーミュラ」

あわせて読みたい記事:【セリカLBターボ グループ5】伝説のシュニッツァー仕様の軌跡

デザインベースとなったのは「ニッサン KDR30 スカイラインスーパーシルエット ’82」。

「リバティーウォーク」社は新シリーズとして「スーパーシルエット(フェラーリ458、ランボルギーニ・ウラカン、日産R35GT-Rが発表済み)」を展開していますが、これらはいずれも1976-1981年に実際に競われたレースのカテゴリ「シルエットフォーミュラ」をイメージしたものということです。そして、「シルエットフォーミュラ」には日産スカイライン/シルビア、トヨタ・セリカ、ランチア・ストラトス、マツダ・サバンナRX-7、BMW M1、ポルシェ935といったクルマたちが参戦していました。驚くべきは、ボディ形状はそれぞれ市販車を残したエクステリアデザインですが、中身はパイプフレーム構造で組み上げられた専用のレーシングカー。しかも、専用レースエンジンで最高出力は500PS〜600PSオーバーというモンスターマシンでした。有名なのは、減速時にマフラーからアフターファイアが吹き出す姿。当時のターボエンジンは、ターボラグが大きく過給のフィーリングが急激でかなりクルマの挙動が暴れる特性になっていたということです。また、名前の由来は、「ボディ(シルエット)は市販車だけど中身はフォーミュラカー」というところからこの「シルエットフォーミュラ」という命名がなされた、と言われます。


「パワーユニットも旧型に変更」

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

R34スカイラインは、RB型エンジンが搭載されていますが、「リバティウォーク」社は旧型エンジンとなる「L28型エンジン」へと換装しています。

直列6気筒OHCの構造はそのままにボアアップで3.1リッター仕様。ソレックス製キャブレター、点火系はMSDによって強化。L型エンジンの定番のチューニングが施されているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。