【大沢たかお】愛車のメルセデスG63キングダム六大将軍王騎仕様

この記事は5分で読めます

【大沢たかお】愛車のメルセデスG63キングダム六大将軍王騎仕様

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

あわせて読みたい記事:【ネメシス】ドラマに登場した人物の愛車や旧車バイク車種一覧リスト

あわせて読みたい記事:【竹内力】湘南爆走族に登場する愛車のカワサキZ400FXの仕様

「大沢たかお」さんは、日本を代表する俳優ですが、モデルや歌手であったりもします。また「大沢たかお」さんは、映画の「キングダム」で王騎役のために肉体改造を行うストイックな一面も注目されていました。その「大沢たかお」はプライベートでは、どのような愛車に乗っているのかにも注目します。


「大沢たかおさんのプロフィール」

  • 名前:大沢 たかお
  • 本名:大澤 隆夫
  • 生年月日:1968年3月11日
  • 出生地:東京都武蔵野市
  • 身長:181 cm
  • 血液型:A型
  • 職業:俳優・モデル・歌手
  • 活動期間:1987年 –
  • 配偶者:広瀬香美(1999年 – 2006年)
  • 事務所:core international co.
  • 経歴:1968年、男3人兄弟の末っ子として生まれる[1]。高校生の頃はバンドを組んでおりベースを担当。専修大学在学中の1987年にスカウトをきっかけにモデルとして活動を開始し、『MEN’S NON-NO』を始めとするファッション誌、パリ・コレクションでも活躍。1992年、鶴田真由と共演した日本石油(現・ENEOS)のテレビCM「レーサー100」が話題になり、俳優に転向してからはドラマ『君といた夏』で注目を集め、ドラマ『星の金貨』でブレイク。1995年、映画『ゲレンデがとけるほど恋したい。』で主演。広瀬香美が歌う「ゲレンデがとけるほど恋したい」とともに大ヒットし、日本でスキーブームの再来となった。その後、ドキュメンタリーとドラマとの複合を実験的に行った番組『劇的紀行 深夜特急』での経験が評価され、活躍の場を日本だけでなく世界にも広げた。それまでテレビを中心に活動していたが、2000年以降、活動の拠点を映画へ移し、年に何本もの作品に精力的に出演。2004年、『世界の中心で、愛をさけぶ』に柴咲コウとW主演。興行収入は85億円を記録し大ヒット。2005年、『解夏』で第28回日本アカデミー賞優秀主演男優賞。スティーヴン・セガール主演の映画『イントゥ・ザ・サン』の黒田役でハリウッドデビュー。2007年、『地下鉄(メトロ)に乗って』で第30回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。自身も出演した2008年公開の映画『ラブファイト』では、映画プロデュースに初挑戦した。2009年、『JIN-仁-』で8年ぶりに連続ドラマに出演、翌年2010年に第18回橋田賞を受賞。自身と作品とのダブル受賞となった。また、2011年には続編が放送され、1作目、2作目両作ともその当時ドラマ史上ではまれに見る最高視聴率25%を超える高視聴率をマーク。2019年、映画キングダムに王騎 役で出演し注目される。

「大沢たかおさんの愛車メルセデスベンツ」

あわせて読みたい記事:【佐田真由美】愛車のメルセデスAMGと野村訓市の旧車デュース改

「大沢たかお」さんの愛車は、「メルセデスG63AMG」。ボディカラーはブラック。


「メルセデスベンツG63ゲレンデヴァーゲン」:概要/価格

あわせて読みたい記事:【藤森慎吾】愛車メルセデスベンツG350dゲレンデヴァーゲン公開

「メルセデス・ベンツ Gクラス」は、「ゲレンデヴァーゲン(GELANDEWAGEN)」の名で1979年に発売されて以来、基本的なスタイリングや堅牢なボディはそのままに進化しつづけてきた、クロスカントリーの代表モデル。ラインアップは、5.5L V型8気筒エンジンを搭載した「G550」、V型8気筒ツインターボエンジンを搭載した「G63 AMG」、V型12気筒ツインターボエンジンを搭載した「G65 AMG」、クリーンディーゼル搭載モデル「G350 ブルーテック」。また限定モデルの6輪駆動のドライブトレインを搭載しオフロード性能を高めた特別仕様車「G63 AMG 6×6(シックス バイ シックス)」。最高出力400kw/544馬力、最大トルク760Nmの圧倒的な動力性能を実現する最新のAMG 5.5L V型8気筒直噴ツインターボエンジンを搭載。トランスミッションには素早いシフトチェンジを実現する7速A/T「AMG SPEED SHIFT PLUS」を採用。6つの駆動輪と5つのディファレンシャルロックの採用をはじめ、アクスルやサスペンションの最適化、タイヤ空気圧調整システムを搭載。サスペンションには防弾仕様車で使われている強化コイルスプリングと、ラリーレース用に開発されたガス封入式ダンパーを採用。さらに、乗用車としては世界で初めて「タイヤ空気圧調整システム」を搭載。エクステリアは、カーボンファイバー製のオーバーフェンダーとフロントルーフスポイラーがワイルドでスポーティな印象を強調。特別装備として、18インチ2ピースビードロックホイール&37インチオールトレインタイヤや360°カメラシステム(日本専用装備)などを装備。インテリアは、シートはもちろんダッシュボードやドアパネルにも最高級のdesignoレザーを採用するとともに、フロント、リアにも電動シート調節機能およびシートヒーターとシートベンチレーターを備えた左右独立シート、さらにリアエンターテイメントシステムを採用。「G350 ブルーテック」は右ハンドルのみ、その他は左ハンドルのみの設定。また「G350 ブルーテック」はメルセデス・ベンツ社内参考値、「G63 AMG 6×6」は欧州参考値。


「メルセデス・G63AMG  (W463)」:スペック/価格

  • 新車価格:33,428,000円
  • 中古車価格帯:289~2750万円
  • ボディタイプ:SUV・クロスカントリー・ライトクロカン
  • 全長×全幅×全高:4575×1860×1950mm
  • ホイールベース:2850mm
  • トレッド前/後:1500/1500mm
  • 車両重量:2590kg
  • エンジン型式:279
  • 最高出力:612ps(450kW)/4300~5600rpm
  • 最大トルク:102.0kg・m(1000N・m)/2300~4300rpm
  • エンジン種類:V型12気筒SOHCSツインターボ
  • 総排気量:5977cc
  • 内径×行程:82.6mm×93.0mm
  • 圧縮比:9.0
  • 燃料供給装置:電子制御式燃料噴射
  • 燃料タンク容量:96リットル
  • サスペンション形式(前):コイルスプリング式リジッドアクスル
  • サスペンション形式(後):コイルスプリング式リジッドアクスル
  • ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク
  • ブレーキ形式(後):ベンチレーテッドディスク
  • タイヤサイズ(前):275/50R20
  • タイヤサイズ(後):275/50R20
  • 駆動方式:フルタイム4WD
  • トランスミッション:7AT

「映画:キングダム」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【小島瑠璃子】現在の愛車や原泰久とキングダムへの愛の経緯と過去

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久のベストセラー漫画を山崎賢人主演で実写映画化。紀元前245年、春秋戦国時代の中華西方の秦の国。戦災孤児の少年・信と漂は奴隷の身分から天下の大将軍になることを目標に掲げ、日々の剣術の鍛錬に励んでいた。ある時、漂は王都の大臣・昌文君に召し上げられて王宮へ入ることなり、信と漂はそれぞれ別の道を歩むこととなる。違う場所にいても、誓い合った夢をともにかなえようと信じていた2人だったが、王宮では王の弟・成きょうがクーデター起こし、その混乱の中で漂は命を落とす。やがて信は、漂が王座を追われた若き王・えい政の身代わりになったことを知り、生き延びたえい政に対して怒りを覚えるが、漂の遺志を受けてえい政と行動をともにすることになり……。原作者が脚本にも参加し、大規模な中国ロケと広大なオープンセットでの撮影などで原作世界を再現。山崎が主人公の信を演じ、吉沢亮がえい政と漂を1人2役で演じた。そのほかの共演に長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多、満島真之介、高嶋政宏、要潤、大沢たかお。監督は「アイアムアヒーロー」「いぬやしき」「図書館戦争」などの佐藤信介。


「映画キングダムの王騎/大沢たかおさん」

あわせて読みたい記事:【吉沢亮】歴代の交際相手と最新映画の杉咲花との関係と愛車の旧車

「原泰久」さんの大人気漫画「キングダム」を実写映画化。中国の春秋戦国時代の秦国を舞台に、戦災孤児の少年・信(山崎賢人)が後の始皇帝となるエイ政(吉沢亮)と出会い、「天下の大将軍」という夢を胸に戦場に繰り出す姿を描く。「大沢たかお」さんは、秦の「六大将軍」最後の一人である王騎を演じておられます。王騎は、血が沸き立つ戦場のみを求める得体の知れない人物で、原作でも人気のあるキャラクター。

屈強な肉体を持つ王騎を演じるため「大沢たかお」さんは肉体改造を行い、劇中で迫力のあるアクションを披露して、圧倒的な存在感を放つ。SNS上には「身体がすごすぎる」「想像以上に王騎」「王騎ハマり過ぎ」と絶賛のコメントが寄せられている。本作のプロデューサーを務める「松橋真三」氏によると、「大沢たかお」さんは役づくりのために体重を15キロ増量。衣装合わせのたびに身体が大きくなっていったといい、ある日、「大沢たかお」さんが「次回の衣装合わせまでに2センチ大きくなります」と宣言。実際に次の衣装合わせで身体周りのサイズを2センチ大きくしてきたと明かしています。「大沢たかお」さんは、増量するために肉を中心とした食生活を送っていた。映画の撮影で片手で武器を振り回すシーンがありますが、「大沢たかお」さんが振り回していた武器の重量は30kgオーバーの重さ。主人公・信役の「山﨑健人」さんがロケ地の1つである中国でレストランに行ったとき、先に来店していた「大沢たかお」さんがお店にある赤身の肉を全て食べ切っていたというエピソードもあります。また、共演の「吉沢亮」さんは「大沢さんの体の大きさが尋常じゃなくて、立っているだけでも説得力がすごかった」と撮影を振り返っていたようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。