【小島瑠璃子】現在の愛車や原泰久とキングダムへの愛の経緯と過去

この記事は3分で読めます

【小島瑠璃子】現在の愛車や原泰久とキングダムへの愛の経緯と過去

あわせて読みたい記事:【山本美月】結婚を発表した彼女の旧車への思いと真夜中のスーパーカーAE86のスペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】池田美優みちょぱオススメのシリーズとキャラ

あわせて読みたい記事:【橋本甜歌(てんちむ)の愛車】FD3S型RX-7イニシャルD高橋啓介仕様

車好きで知られる「小島瑠璃子」さん。最近は、大人気漫画『キングダム』の作者である「原泰久」氏との熱愛報道が話題となっていますが、どのような経緯で恋愛となったのでしょうか。まずは、車好きで知られる「小島瑠璃子」さんがどのような愛車に乗っているのか見てみましょう。以前のTV番組では、「トヨタ:オリジン」というモデルを乗りたいと話していたようです。「トヨタ:オリジン」ほ、初代「クラウン」をオマージュしたようなクラシックなデザインのエクステリアを持つモデルです。上品で優雅な車なため所有するには、ある程度の年齢や雰囲気が求められる感じです。

それゆえに愛車は別のモデルにしたようです。この点については、2020年4月22日に放送された「浜ちゃんが!」(日本テレビ系)で、自身の給料に関して「だいぶもらえるようになりました。10年かかった」と、最近はかなり稼いでいるようなムードの発言したうえで「車も買った」とのことでした。そして愛車は「プジョー」だと明かしています。その中でもSUVモデルの「プジョー DS 7 クロスバック」というモデル。そのスペックや価格とは。


「プジョー DS 7 クロスバック」:概要

「プジョー DS 7 クロスバック」の外観や内装、そして価格は次のようなものです。

エクステリアでは、より立体的にデザインされたDSウィンググリル、そこから左右に伸びるLEDヘッドライトユニットが大胆かつ繊細な表情を形作っている。フロントフェンダーは大径20インチホイールを包む力強い面を構成し、その盛り上がりはボディサイドに彫刻的な陰影をつけつつウェストラインに。リアランプは斜め格子模様をモチーフに3Dエフェクトを与える独創的デザインとなっている。

インテリアでは、パリらしいこだわりの誂えと最新テクノロジーの融合によるフランスならではの新しいラグジュアリーの表現を目指した。高級機械式腕時計の文字盤加工として用いられたギョシェ彫り模様を、センターコンソールのトグルスイッチ枠などに採用。また、ナッパレザー仕様では、シートだけでなく、ダッシュボードやドアトリム部に小さな真珠が並んだような繊細なステッチを施し、エレガンスを表現している。

パワートレインは最高出力177psを発生する2.0リットル4気筒クリーンディーゼルと、新開発の1.6リットル4気筒ガソリンターボを用意する。ガソリンターボはDS3の高性能バージョン「パフォーマンス」に搭載した208psバージョンを進化させ、最高出力は225psを発生。エギゾーストバルブにも可変タイミング機構を採り入れるとともにフリクションの低減と過給圧安定のため排気ウェイストゲートバルブを電動化した。ベーシックグレード「ソーシック」にはディーゼルエンジンを、上級グレード「グランシック」はディーゼル、ガソリンエンジン双方を設定している。

カラーは全8色を用意。価格は469万円から562万円。

売れっ子タレントの「小島瑠璃子」さんなら贅沢とは言えないモデルの愛車です。


「小島瑠璃子」さんと「原泰久」さんの現在

あわせて読みたい記事:【ONE PIECE】ワンピース実写版でワイルドスピード俳優がハマり役画像公開

では、次に「小島瑠璃子」さんが大ファンだと公言し注目を集めている「キングダム」の作者である原泰久氏の熱愛報道。「小島瑠璃子」さんは7月下旬に原氏の自宅がある住む福岡県を訪れ、買い物や映画鑑賞を楽しんだ上に、縁結びの御利益があるといわれる志賀海神社を参拝するなど、仲睦まじい様子が見られています。また2人が手をつないで歩く様子やエスカレーターで「小島瑠璃子」さんが後ろから原氏をハグする写真も注目されています。


「小島瑠璃子さんがキングダムの原泰久氏を選んだ理由」

あわせて読みたい記事:【ブガッティ・チェントディエチ】C・ロナウドが限定10台・価格11億オーバーの愛車

なぜ、彼女の言動が注目されているのでしょう。実は以前に下記のようなことを話していたことが明らかになっています。

「こじるり(小島瑠璃子さん)はインスタライブを行って、理想の男性について語っています。ビジュアル系が好きだから白くて細い人がいいとか、母親を大切にする人がいいとか、よくあるガールズトークだったわけですが、お金の話題になったときに『一緒にいてお金のことを考えないでいられる人がいい。私の年収に引かない人がいい』と話した」ということのようです。

報道されている「小島瑠璃子」さんの相手である大人気漫画『キングダム』の作者である「原泰久」氏は、彼女にとっては大ファンであり、お金も年収も不足はないのかもしれません。『キングダム』の作者である「原泰久」氏の年収は4億円オーバーは確実とされているからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。