【ニュルブルクリンク最速ランキング】2018年ベストバージョン

この記事は5分で読めます

【ニュルブルクリンク最速ランキング】2018年ベストバージョン

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・919ハイブリッドEVO】 ニュルで最速タイム更新

あわせて読みたい記事:【アヴェンタドールSVJ】 ニュルブルクリンクで最速タイム更新

あわせて読みたい記事:【Alieno Arcanum】5,221psのEVマシン登場

世界の名だたる自動車メーカーがニューモデルを開発したり、カスタムマシンをテストするために使用されるサーキットの一つに有名な「ニュルブルクリンクサーキット」があります。その中において最速のラップタイムを記録することは、記録に残るだけでなくマシンのポテンシャルを明らかにし多くの車ファンを魅了する目的もあります。そこで今回は「ニュルブルクリンク最速ランキング」ということでラップタイムの2018年ベストバージョンをリストアップしてみました。ここ最近はスーパースポーツカーが超ド級の性能を備えて登場することが多いだけでなく、スーパースポーツモデルに匹敵するSUVモデルもランクインしています。実にエンジン関連のパワーアップというよりも、駆動系システムのリアアクスルステアリングの威力が大きく関係しているようです。今年ベスト10入りした4台は揃って後輪操舵を持っていることは注目に値します。ちなみに次のモデルは除外しています。

「番外編(純粋な市販車ではないのでランキングから除外)」

  • 〇 マクラーレンP1 LM 6:43,2(2017年)

【ニュルブルクリンク最速ランキング】

「BEST:1位 – 10位」

  • 1:「ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ」= 6:44.97(2018年)
  • 2:「ポルシェ 911GT2 RS (価格:3,656万円)」= 6:47,3(2017年)
  • 3:「ラディカル SR8LM(価格:1,780万円)」= 6:48.00(2009年)
  • 4:「Next EV NIO EP9」=6:45.90(2018年)
  • 5:「ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ(価格:3,418万円)」= 6:52,01(2017年)
  • 6:「ラディカル SR8」= 6:56.08(2005年)
  • 7:「ポルシェ911GT3 RS」」=6:56.4
  • 8:「ポルシェ 918スパイダー(価格:7,700万円)」= 6:56.08(2013年)
  • 9:「ランボルギーニ・アヴェンタドールSV(価格:5,179万円)」= 6:59.73(2015年)
  • 10:「ダッジ・ヴァイパーACR」= 7:01,30(2017年)

「BEST:11位 – 20位」

  • 11:「日産 GT-Rニスモ(価格:1,500万円)」= 7:08.68(2015年)
  • 12:「メルセデス AMG GT R」= 7:10,92(2017年)
  • 13:「グンペルト・アポロ・スピード(価格:3,800万円)」= 7:11.57(2009年)
  • 14:「ポルシェ911GT3(価格:2,115万円)」= 7:12,3(2017年)
  • 15:「ダッジ・ヴァイパー SRT-10 ACR(価格:1,500万円)」= 7:12.13(2010年)
  • 16:「シボレー・コルベット Z06」= 7:13,9(2017年)
  • 17:「レクサス LFA ニュルパッケージ(価格:4,450万円)」= 7:14.64(2012年)
  • 18:「ドンカーブート D8 RS(価格:1,000万円)」= 7:14.89(2005年)
  • 19:「シボレー・カマロ ZL1 1LE」= 7:16,04(2017年)
  • 20:「ポルシェ 911GT2RS(価格:2,800万円)」= 7:18.00(2010年)

「BEST:21位 – 30位」

  • 21:「ラディカル SR3ターボ(価格:1,350万円)」= 7:19.00(2003年)
  • 22:「日産 GT-R」= 7:19.10(2013年)
  • 23:「シボレー・コルベット ZR1(価格:1,490万円)」= 7:19.63(2012年)
  • 24:「ジャガーXE SV プロジェクト8」= 7:21.23(2017)
  • 25:「フェラーリ 488GTB」= 7:21,63(2016年)
  • 26:「ダッジ・ヴァイパーACR」= 7:22.01(2009年)
  • 27:「シボレー・コルベット ZO6(価格:1,265万円)」= 7:22,68(2011年)
  • 28:「グンペルト・アポロ・スポーツ」= 7:24.00(2007年)
  • 29:「日産 GT-R」= 7:24.22(2011年)
  • 30:「マセラティ MC12」= 7:24.27(2004年)

「BEST:31位 – 40位」

  • 31:「パガーニ・ゾンダ・クラブスポーツ」= 7:24.44(2005年)
  • 32:「ランボルギーニ・アヴェンタドール LP700-4(価格:4,317万円)」= 7:25.00(2011年)
  • 33:「フェラーリ エンツォ」= 7:25.21(2002年)
  • 34:「KTM X-BOW R」= 7:25.72(2012年)
  • 35:「メルセデス SLS AMGブラックシリーズ」= 7:26.40(2014年)
  • 36:「日産 GT-R」= 7:26.70(2008年)
  • 37:「ポルシェ 911GT3RS 4.0」= 7:27.00(2011年)
  • 38:「BMW M4 GTS(価格:1,950万円)」= 7:27.88(2016年)
  • 39:「フェラーリ 458イタリア(価格:2,920万円)」= 7:28.00(2009年)
  • 40:「マクラーレン MP4-12C(価格:2,869万円)」= 7:28.00(2010年)

「BEST:41位 – 50位」

  • 41:「ランボルギーニ・ウラカン LP610-4(価格:2,970万円)」= 7:28,00(2015年)
  • 42:「ポルシェ カレラGT」= 7:28.71(2003年)
  • 43:「シボレー・カマロ ZL-1」= 7:29,6(2016年)
  • 44:「メルセデス SLS AMG GT」= 7:30.00(2012年)
  • 45:「ポルシェ 911GT2」= 7:31.00(2012年)
  • 46:「アルファロメオ・ジュリア・クアドリフォリオ」= 7:32,00(2016年)
  • 47:「ポルシェ 911ターボS」= 7:32.00(2010年)
  • 48:「フォード・シェルビーGT350R」= 7:32.19(2015年)
  • 49:「パガーニ・ゾンダF」= 7:33.00(2005年)
  • 50:「ポルシェ 911GT3 RS」= 7:33.00(2010年)

「BEST:51位 – 60位 」

  • 51:「ケーニグセグ CCX」= 7:33.55(2006年)
  • 52:「ポルシェ 911(991.2)カレラS」= 7:33,67(2015年)
  • 53:「ケーニグセグ CCR」= 7:34.00(2004年)
  • 54:「アウディ R8GT(価格:2,742万円)」= 7:34.00(2010年)
  • 55:「日産 GT-R V-spec」= 7:34.46(2009年)
  • 56:「ルーフ RT12」= 7:35.00(2005年)
  • 57:「シボレー・カマロ Z28」= 7:37,47(2014年)
  • 58:「ポルシェ 911カレラS」= 7:37,90(2011年)
  • 59:「ポルシェ・パナメーラ・ターボ」= 7:38,00(2016年)
  • 60:「ポルシェ 911ターボ」= 7:38,00(2006年)

「BEST:61位 – 73位 」

  • 61:「レクサス LF-A」= 7:38,00(2010年)
  • 62:「BMW M4 CS」= 7:38,00(2017年)
  • 63:「ランボルギーニ・ガヤルド LP570-4スーパーレッジェーラ」= 7:38,00(2010年)
  • 64:「フェラーリ 430スクーデリア」= 7:39,00(2007年)
  • 65:「ランボルギーニ・ムルシエラゴ LP640」= 7:40,00(2006年)
  • 66:「マクラーレン・メルセデス SLR」= 7:40,00(2003年)
  • 67:「ポルシェ 911 GT3」= 7:40,00(2009年)
  • 68:「ポルシェ 911GT3 RS」= 7:43.00(2003)
  • 69:「ホンダ・シビック・タイプR」= 7:43.80(2017)
  • 70:「パガーニ・ゾンダ C12S」= 7:44.00(2009)
  • 71:「アウディ・R8 V10 5.2FSI」= 7:44.00(2009)
  • 72:「メルセデス・CLK 63ブラックシリーズ」= 7:45.00(2007)
  • 73:「シボレー・カマロ ZL-1」= 7:47,27(2011年)

「まとめ」

  • (出典:mortorcars.jp)

ニュルブルクリンク最速ランキング2017年は、いかがだったでしょうか。アメリカンマッスルカーの「シボレー・カマロ ZL1」やセダンモデルの「アルファロメオ・ジュリア・クアドリフォリオ」の健闘には驚きと共に技術の進歩が際立っていることを実感します。今後どのように自動車メーカーのスーパースポーツやカスタムマシンが開発されてニュルブルクリンクサーキットのラップタイムの記録が塗り替えられていくのか楽しみです。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。