【日産:240RS】S110シルビアにFJ24・スペックと価格

この記事は3分で読めます

【日産:240RS】S110シルビアにFJ24・スペックと価格

あわせて読みたい記事:【日産:シルビア(S110)】 SR20DET公認カスタム仕様

あわせて読みたい記事:【R30型スカイライン】パワーウォーズを牽引した史上最強のRS

あわせて読みたい記事:【ランキング】1980年代:人気の国産名車・旧車ーBEST10

1979年(昭和54年)に登場の3代目モデルの「シルビア(S110型)」は、姉妹車として誕生した「ガゼール」も含め、スポーツ&スペシャリティを志向したクルマですが、同時にスーパーシルエットレースや「WRC(World Rally Championship:世界ラリー選手権)」など、モータースポーツに縁の深いモデルでもありました。

この「日産:240RS」は、WRCへの参戦をにらんで、当時のグループB規定に基づく競技用車両として「S110型:シルビア」をベースに開発され、グループBの最低生産台数である200台あまりが生産されました。当時は日産自動車が「ラリーの日産」と呼ばれていた時代、同社の歴代マシンは、サファリラリーに代表される長距離耐久ラリーを得意としていたのでした。実際にそこで活躍したのが「510型:ブルーバードSSS」、「S30型:フェアレディ240Z」、「PA10型:バイオレット」などで、抜群の耐久性で好成績を挙げ1970年代のラリーシーンを彩っていました。その後、1980年代に入るとFIAの車両規定が市販車をベースとしたグループ4からグループBに変更されることになり、12カ月間に200台だけベースとなるホモロゲーションモデルを生産するという規定でした。

その規定に合わせて開発されたのが「日産:240RS」だったのです。生産台数の内訳としては、主に左ハンドルのモデルが販売されていますが、極少数右ハンドル車が存在しました。一説では、総生産台数の内、左ハンドル車が150台、右ハンドル車が50台生産され、この中の30台ほどがWRCや各国の国内ラリー選手権に使用されたとされているということです。 ベースとなったのは「S110型:シルビア」で、エクステリアデザインとしてのポイントは、張り出したオーバーフェンダー、前後バンパーやボンネット、トランク、リアスポイラーをFRP製とすることで軽量化されているところです。


「スペシャルパワーユニット:FJ24エンジン」

パワーユニットとなるエンジンは名機と呼ばれる「FJ24」型エンジンで、市販モデルで「R30型:スカイライン / S110型シルビア」などに搭載されていた「FJ20」型エンジンとは全くの別で共通パーツは皆無です。ちなみに「240RS」のホモロゲーションモデルおよびカスタマースペック車(ロードモデル)に使われたのは、ボア×ストローク:92.0mm×88.0mmで排気量:2,340cc、圧縮比:11.0で最高出力:240PS / 7,200rpm、最大トルク:24.0kgm / 6,000rpmの「FJ24」型エンジンとされています。キャブレターはミクニ製ソレックス44Φキャブレターを2基装着しています。

加えて、「240RS」のワークスカーには最高出力:280PS / 8,000rpm、最大トルク:26.5kgm / 6,400rpmを発生する「FJ24改」エンジンを搭載するエボリューションモデルが存在しており、燃料供給システムはいずれもキャブレター仕様でした。また「240RS」登場の前年、ベースモデルとなった「S110型:シルビア」に「LZ20B型(215PS)」エンジンを搭載したグループ4仕様車が、1982年の第30回サファリ・ラリーに出場し、総合3位を獲得しています。さらに、「LZ20B」型の排気量アップバージョンとなる「LZ24B」型エンジンが開発され、同じくグループ4仕様の「S110型:シルビア」に搭載され、数戦の海外ラリーに参戦しています。これらは翌年に発表を控えた「240RS」のテストベッド的な車両だったといわれています。

トランスミッションは、オリジナルで装着されているのはクロスレシオの5速MT。ファクトリー仕様ではシンクロレスのドグクラッチミッションが採用されていました。ミッションは1速が左下にあり、競技中に常用する2-3速間のチェンジを素早く決められる「ローバック」タイプのクロスレシオ仕様となっています。

サスペンションシステムは、フロントはストラット、リアが4リンクリジッドとなっています。ここはサファリラリーで無敵を誇った「PA10型:バイオレット」の頑丈な足を継承しているようです。ただし、サスペンションの可動部に使われるゴムブッシュはピロボールに置き換えられて、より正確な動きを可能としています。


「モータースポーツでの活躍」

WRCでは、1983年のニュージーランドラリーでの2位が最高位で、得意のサファリでの優勝は出来ませんでした。


「中古価格」

生産台数が200台と登場当時で、すでに貴重なモデルであった「日産:240RS」は、日本国内においての右ハンドル仕様ともなれば、現存数は10台以下ともいわれるモデルです。市場における流通数は皆無であり800万円~ASK(価格応談)という状況のようです。


「1983 NISSAN 240RS(BS110)WORKS」:スペック

  • 年式:1983年
  • 型式:BS110型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,330mm × 1,800mm × 1,310mm
  • ホイールベース:2,400mm
  • トレッド(F/R):1,410mm / 1,395mm
  • 車両重量:970kg
  • エンジン型式:FJ24
  • エンジン形式:直列4気筒 DOHC 16バルブ
  • 排気量:2,340cc
  • 最高出力:280PS / 8,000rpm
  • 最大トルク:26.5kgm / 6.400rpm
  • 駆動方式:FR
  • トランスミッション:5MT
  • サスペンション(F/R):マクファーソンストラット / 4リンクリジット
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク / ベンチレーテッドディスク
  • タイヤサイズ(F/R):200-525-14 / 220-525-14
  • 生産台数:200台
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。