【R33スカイラインGT-R】ヴェイルサイド仕様・価格スペック

この記事は4分で読めます

【R33スカイラインGT-R】ヴェイルサイド仕様・価格スペック

あわせて読みたい記事:【A80型スープラ】映画ワイルドスピード劇中車のスペック・価格

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格

あわせて読みたい記事:【BHオークション】HKS T-002 BCR33改のスペック

今や世界中とりわけアメリカで高い人気を誇っている「日産・スカイラインGT-R」シリーズ。日本でも限定モデルを始め高値で取引されていますが、その中には正当なチューニングマシンも含まれています。今回は注目度の高いチューニングマシンが中古車サイトで販売されているようです。それが「Vistec R Imports」において「ヴェイルサイド(Veilside)」仕様にカスタムされた「日産・スカイラインGT-R R33(Nissan Skyline GT-R R33)」なのです。


「日産・スカイラインGT-R(R33型)」:概要

あわせて読みたい記事:【トミーカイラ R33型GT-R】生産34台の希少モデルが存在

「ハコスカ」以来の「GT-R」の復活、グループAでの活躍など数多くのエピソードから伝説的な存在となった先代モデルの「R32型・GT-R」のDNAを引き継ぐ重責を担ってデビューした「R33型・GT-R」は、1993年8月に「R33型:スカイライン」が発表された直後の第30回東京モーターショーでプロトタイプが発表された後、1995年の第13回東京オートサロンで発表するという当時の市販車としては初めての挑戦から始まりました。特筆すべきは、「究極のドライビングプレジャー」というコンセプト通りのもので、本格的にニュルブルクリンクでのテストドライブが重視されました。そして実際に「BCNR33:GT-R」のプロトタイプモデル(シャシーNo.000055、ニュルブルクリンクのタイムトライアルに使用するためアルミ製ロールバーが装着)が「7分59秒887」のタイムを記録し先代モデルの「BNR32型」に対してのタイム差は21秒も更新しました。このことから「マイナス21秒ロマン」のキャッチコピーを掲げ、「GT-R」としては初の単体でのテレビCMを展開していました。


「スカイライン GT-R(BCNR33型)」:スペック

  • 年式:1995-1998年
  • 型式:BCNR33
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,675mm × 1,780mm × 1,360mm
  • ホイールベース:2,720mm
  • トレッド(F/R):1,480mm / 1,490mm
  • 車両重量:1,530kg
  • エンジン型式:RB26DETT
  • エンジン形式:直列6気筒直 DOHC 24バルブ IC ツインターボ
  • 排気量:2,568cc
  • ボア × ストローク:86.0mm × 73.7mm
  • 圧縮比:8.5
  • 最高出力:206kW(280ps) / 6,800rpm
  • 最大トルク:368N・m(37.5kgm) / 4,400rpm
  • サスペンションシステム(F/R):マルチリンク
  • ブレーキシステム(F/R):ポットベンチレーテッドディスク
  • タイヤサイズ(F/R):245-45-ZR17
  • 中古車相場:200万円~550万円

 


「特別仕様・限定モデル」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード3】劇中車両のR33GT-Rのスペック・価格

  • 「LMリミテッド」:1996年5月、ルマン参戦記念として、専用色「チャンピオンブルー」でペイントされた「LMリミテッド」が期間限定の特別仕様車として販売されました。仕様としては角度調整機能付きセンターカーボンウィング、フードトップモールが装備されている点です。
  • 「スカイラインGT-Rオーテックバージョン 40th ANNIVERSARY」:1998年には、「スカイライン生誕40周年」を記念して、「4ドアのGT-R=オーテックバージョン40th ANNIVERSARY」が登場しています。2ドアGT-Rのブリスターフェンダーを再現するため、あえてリアドアとリアフェンダーのプレス型を作り直すなど、一見4ドアGTSのボディをベースにGT-R仕様に改造したような外見(ただしリアは4ドアのテールランプのまま)をしています。当時で498万5,000円という価格でした。型式は「BCNR33改」となり、2ドアボディに後部2枚のドアを追加した2ドア改4ドアGT-Rとなっています。生産台数は442台です。
  • 「NISMO 400R」:NISMOが作った「RB-X」型エンジンを搭載し400馬力仕様となっているコンプリートカー「400R」が44台限定、1200万円で販売されました。
  • 「NISMO GT-R LM」:ル・マン24時間レース参戦用ホモロゲーションモデルで1台のみ製作されたマシンです。
    あわせて読みたい記事:【ニスモ GT-R LM】ルマン公認のため唯一製作されたR33

「日産・R33型スカイラインGT-Rヴェイルサイド仕様」:スペック・価格

あわせて読みたい記事:【トミーカイラ R33型GT-R】生産34台の希少モデルが存在

今回「Vistec R Imports」で販売されている個体は1995年式。それゆえにアメリカ独自の25年ルール規制にはかかっていません。しかも状態はコンクールコンディション。この「ヴェイルサイド」で有名なのが映画「ワイルド・スピードX3”TOKYO DRIFT”」においてハンが愛用していた「マツダRX-7(FD)フォーチュン」でしょう。
あわせて読みたい記事:【マツダ・RX-7フォーチュン】ワイルドスピード仕様のスペック


エクステリアについては、ガンメタル系のボディカラーにはっきり純正と異なるワイドボディキットを装着、更にはフロントフードにもダクトが設けられ、ハンドルももちろん右ハン仕様でオーダーメイド付きとなっています。リヤバンパーもヴェイルサイドオリジナルで、フィン形状付きの過激なデザインとなっています。そして大きく張り出したワイドフェンダーに加え、足回りも専用サスペンションによりローダウンし、ド派手でワイド感漂うサイドスカート、固定式リヤウィング、スター形状の大口径アルミホイールを装着しています。

インテリアにおいてはシフトノブやフロントシートもヴェイルサイドオリジナルに移植されています。ちなみにパフォーマンス面においては、ウォーターポンプやカムシャフト、エンジンスタッド、カムギア、タイミングベルト、Wisecoピストン等の多くのアップグレードが施され、更にエンジンにおいてはHKS2540ターボチャージャーキットを搭載し、N1クランクシャフト、ATIプーリー、GReddy 100mmインタークーラー、ブリッツラジエーター、ブリッツブローオフバルブ/オイルクーラー、ARCエアインテーク、オーリンズアジャスタブルサスペンション、ブレンボ製ブレーキシステム、Nismo製クラッチもフル装備。

実はこの車両ですが、東京オートサロン1996にてMVP賞を受賞した大注目のモデルということで、当時大注目された一台でもあります。ヴェイルサイドカスタムの「日産・スカイラインGT-R (R33)」の気になる価格帯ですが、現行R35のエントリーモデル以上となる約1,220万円にて販売されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。