【中川翔子】 愛車にメルセデスベンツのゲレンデヴァーゲンを購入

この記事は3分で読めます

【中川翔子】 愛車にメルセデスベンツのゲレンデヴァーゲンを購入

あわせて読みたい記事:【新垣結衣】ガッキーの意外な愛車と歴代交際相手や三浦春馬の関係

あわせて読みたい記事:【ダレノガレ明美】メーカーカスタムの愛車と歴代彼氏やスッピン画像

あわせて読みたい記事:【ゆきぽよ/木村有希】彼氏や愛車、実は努力家のすっぴん画像も綺麗

タレントの「中川翔子」さんが9日、公式YouTubeチャンネル「中川翔子の『ヲ』」を更新。さまざまなタイプのベンツに試乗する動画を公開し、「好感度爆上がり!」「ゲレンデ似合う」と反響を呼んでいるようです。


「中川翔子さんのゲレンデヴァーゲン」

あわせて読みたい記事:【藤森慎吾】愛車メルセデスベンツG350dゲレンデヴァーゲン公開

メルセデス・ベンツ「Gクラス」は、ゲレンデヴァーゲン(GELANDEWAGEN)の名で1979年に発売されて以来、基本的なスタイリングや堅牢なボディはそのままに進化しつづけてきた、クロスカントリーの代表モデル。ラインアップは、4L V8直噴ツインターボエンジン搭載、最高出力422馬力(310kW)を発揮する「G550」、3L 直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「656」を搭載、最高出力は286馬力(210kW)を発揮する「G350d」を設定。トランスミッションは、「9G‐TRONICトランスミッション」を採用。今回、「G350d」をベースとした特別仕様車「G350d マヌファクトゥーアエディション」を設定。エクステリアには、サイドミラー、フロント/リアスカート、ホイールアーチ、フロントグリル、ルーフトップ、前後スリーポインテッドスター、スペアタイヤリング等随所にブラックのアクセントを、更にヘッドライト、フロントウインカー、リアコンビネーションランプにブラックスモークを施している。インテリアには、上質で滑らかな肌触りのナッパレザーにシートと接する部分の蒸れを防ぐシートベンチレーター(前席)、リラクゼーション機能(前席)等の快適装備を採用。インテリアトリムにおいても、カタログモデルには設定のないブラックアッシュウッドインテリアトリムを採用。さらに、ダンパーを電子制御することで連続可変制御が可能なアダプティブダンピングシステムを採用することで、路面を問わず快適な乗り心地を実現している。ボディカラーは、通常モデルには設定の無い「ダイヤモンドホワイト(M)」と「ジュピターレッド(S)」の全2色を用意。「G350d」、「G350d マヌファクトゥーアエディション」は右ハンドル、「G550」は左ハンドルの設定。


「メルセデス・ベンツG350d」:スペックと価格

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4660×1930×1975mm
ホイールベース:2890mm
車重:2500kg
駆動方式:4WD
エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:9段AT
最高出力:286PS(210kW)/3400-4600rpm
最大トルク:600N・m(61.2kgf・m)/1200-3200rpm
タイヤ:(前)275/50R20 113V M+S/(後)275/50R20 113V M+S(ピレリ・スコーピオンゼロ オールシーズン)
燃費:9.9km/リッター(WLTCモード)
価格:1192万円


「中川翔子さんとメルセデスベンツ」

あわせて読みたい記事:【松田翔太】愛車は旧車ダッジチャージャーやマクラーレンなど注目

「ついにベンツ購入!?ゲレンデから最新の電気自動車まで、色んなベンツに乗ってみた!」と題した動画をアップ。1年前に免許を取った「中川翔子」さん。

六本木にある「Mercedes me Tokyo」を訪れてベンツに試乗しています。

そして、店員さんから「中川翔子」さんにお願いも。なんと久しぶりのネタ「バッカルコーン」を試乗の条件に披露していることも注目なのです。

試乗する場面になると車両価格gs1700万円の「G-Class(通称ゲレンデヴァーゲン)」をはじめ、車体価格707万円のコンパクトSUVに乗り込むと「かわいい! こっちかもな! 未来っぽい……」と絶賛。また2300万円のGT Cに驚きをあらわにし、「黄色めっちゃ可愛くないですか? ピカチュウっぽい!」と表現しています。表現がさすがは、アニメオタクの「中川翔子」さんという感じですね。1080万円の最新電気自動車に加え、G350dに試乗していざ出発しようとするも、まさかの事態に……。ファンから「ベンツいいなぁ」「素直なリアクションに好感度爆上がり!」「エンジン音かっこいい!」「ゲレンデ似合う」「こちらまで幸せな気分になりました」などの声が上がっていたようです。
実際に「中川翔子」さんが、どのメルセデスベンツのモデルを選ぶのかは今後に期待が高まるところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。