【ドバイの謎】超高級放置車両は購入可能か、オーナー達はどんな人

この記事は3分で読めます

【ドバイの謎】超高級放置車両は購入可能か、オーナー達はどんな人

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードシリーズ】劇中車両の高額車両ランキングの公開

あわせて読みたい記事:【前澤友作】総額9.5億円の愛車ゾンダZOZO、ブガッティの価格

あわせて読みたい記事:【松田翔太】愛車は旧車ダッジチャージャーやマクラーレンなど注目

世界中のセレブが集中するとされる「ドバイ」。あらゆるものが規格外の金額で取り引きされ、国中に溢れていると言われておりクルマもその一つ。超希少車や超高級車が多く、それは、警察車両も含まれています。そして、度々報道されて多くの人を驚かせているにが放置車両です。「路上などに捨てられた、もしくは放置されているスーパーカーたち」などと題してよく動画や画像を見ることが出来ます。こういった現象が見られる中東(主にドバイ)では、中には「F1マシンが放置されている」例もあるようです。他にも「フェラーリ・エンツォ」、「ブガッティ・ヴェイロン」、「ジャガーXJ220」、「ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ」、「ポルシェ918スパイダー」といった希少な車から、「日産GT-R」といった人気のクルマ、さらには「トヨタF1マシン」までが「放置車両」として報じられており、今回その謎に迫る動画をドーナツメディアが公開しており話題となっているようです。


「希少車やスーパーカーや超高級車が放置されるのはドバイの都市構造が理由」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】シリーズ中で27億円も投じられたワンシーン

「ドバイ」のイメージというと「お金が溢れている」という印象ですが、実は「ドバイ」という土地について考えると、「ドバイ」からは石油が殆ど出ず、「ドバイ」の収益は「貿易」「金融」「商業」に頼っています。それでも、その周辺には「アブダビ」のようにガスや石油が豊富に出る国があり、そのような国の投資を得て「ドバイ」は活動し収益を得ている、ということになっています。それは、投資を得るからにはリターンを返す必要があり、そのために「ドバイ」は各種税金を低く設定したり、各種関税を撤廃することで外資系企業や富裕層を招致したり、ブルジュ・ハリファ、屋内人工スキー場のような規格外の施設を作ることで観光客をも呼び寄せているわけです。そのようにして「ドバイ」に人とお金が集まることになります。そして「ドバイ」を訪れた観光客が落としたお金、「ドバイ」での経済活動によって生み出されたお金によって「ドバイ」は潤い、投資者に対して「リターン」を返すことが可能となるという構造なのです。また「ドバイ」の人口のうち、「ドバイ以外から来た人」の割合は97%とずば抜けて高く、人種の坩堝といわれる「ニューヨーク」の37%とは比較にならない数字なっています。


「放置車両のオーナーたちとは一体どんな人」

あわせて読みたい記事:【スカイラインGT-R左ハンドル仕様】R32/R34の輸出仕様の価格

「ドバイ」の都市構造から「お金のある人」「お金を求めている人」にとって魅力的ということになりますが、「ドバイ」は消費活動を促進させてお金を回すという考え方を持っているので、家や高級品、クルマを購入するための「ローン」がかなり借りやすいのだそうです。そのために「ドバイ」に集まった人々はもともとそういったモノが好きな人が多いと考えられるため、「借りて買う」ということを繰り返していくようです。しかし、そのような行動には大きなリスクが伴っています。つまり有事の際にどうするのかということ。たとえばかつてのリーマンショックや今回のコロナウイルスのパンデミックのように、世界経済が減速した時に大きく影響を受けるのが「ドバイ」の経済構造です。「貿易」「金融」「商業」いずれも大きなダメージを受け、ここは「農業」「工業」はたまた「石油」といった、物理的ななにかを生み出している国とは大きく異るところです。さらに「ドバイ」の経済がそれら外的な不況にあおられると、「ドバイ」の外部から来た97%の人々は仕事を失ってしまい、そうなれば「借りまくっていた」お金を返せなくなることになってしまいます。他の国だと、お金を返せなくなれば担保を差し出して支払いをチャラにしたり、なんらかの減免措置を取ることができる場合もあるものの、「ドバイ」では「支払いが遅れる=(購入したものを)売り主から盗んだ」のと同じ扱いになり、なんと即刑務所送りとなるのだそうです。これは厳しいイスラムの戒律(シャリア法」によって定められる鉄則であり、何人たりとも逃れることは不可ということです。そしてこの法に縛られるのは、「ドバイ」の全ての人、つまり「ドバイ」にいる限りは外国人であっても同じことで、これは何人たりとも「公の場所で飲酒してはならない」「公の場所で異性と親しくしてはならない」のと同じだと考えられます。中東では「盗みは重罪」とされています。これは、「ローンの支払いが遅れる=買ったモノを盗んだ」ということになって即刻刑務所送りになり、ここで登場するのが「国外逃亡」という選択肢というものです。

スーパーカーや高級車を捨てて国外に逃げ、二度と戻ってこなければ刑務所送りを免れることができ、そのために「新車状態の高級車」や「カギがついたままのスーパーカー」が放置されることになるようです。これもまさに「外国からの居住者が97%を占める」ドバイならではの背景による現象だと言えそうです。そして放置された車両は警察が回収することになるものの、法律によって「すぐに」移動させることができず(これも他人の財産を尊重するという考え方なのかも)、ときには数ヶ月放置することになり、これが「砂ぼこりを被ったスーパーカーが路上や砂漠に放置されている」理由なのだそうです。


「ドバイの超高級放置車両は購入出来るのか」

あわせて読みたい記事:【ウラカンパトカー】イタリア警察の救急出動が平均速度250キロ

これまでのことを考えると、是非とも欲しいと思える、もったいないと思える「ドバイ」に放置されている、超高級放置車両。では、これらの超高級放置車両を購入することは出来るのでしょうか。答えはOKですが、「難しい」という但し書きがつくようです。なぜかと言うと、これら放置車両は、支払いに困ったがオーナー捨てたものであるため、まだ残債が残っている車両なのです。そして、残債を払い切るまで所有権は銀行や信販会社にあり、よってこれをクリーンにしない限りは所有権を移転できず、名義変更も輸出もできないということになります。一部は(他の国でも見られるように)警察用車両に転用されることになるそうですが、これが「ドバイのパトカーにはスーパーカーや高級車が多い」理由でもあるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。