【ディエゴ・マラドーナ】特別に許可の愛車など車エピソードが凄い

この記事は3分で読めます

【ディエゴ・マラドーナ】特別に許可の愛車など車エピソードが凄い

あわせて読みたい記事:【桐生祥秀】SNSの愛車と優勝トロフィー画像の意味がカッコいい

あわせて読みたい記事:【ブガッティ・チェントディエチ】C・ロナウドが限定10台・価格11億オーバーの愛車

あわせて読みたい記事:【ヴェンヘイレン】愛車コレクションのフェラーリのスペックや価格

2020年11月25日、元アルゼンチン代表サッカー選手&監督だった「ディエゴ・マラドーナ」氏が60歳の若さで亡くなったと言う信じられないニュースが報道されました。死因は、心臓発作。衝撃的な報道とともに世界中が悲しみに包まれました。そのような中、彼のサッカー人生やプライベートにも注目が集まっています。今回は、彼の特別モデルのフェラーリをはじめ、愛車に注目。


「ディエゴ・マラドーナのプロフィール」

「ディエゴ・アルマンド・マラドーナ(スペイン語: Diego Armando Maradona, 1960年10月30日 – 2020年11月25日)」は、アルゼンチン・ブエノスアイレス州ラヌース出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワードまたはミッドフィールダー。ペレ、ヨハン・クライフ、フランツ・ベッケンバウアー、アルフレッド・ディ・ステファノ、ジーコなどと共に20世紀のサッカー史に名を残すスター選手とされています。


「マラドーナのための大会とされた1986ワールドカップ」

あわせて読みたい記事:【ロバート・ダウニーJr】愛車のBMW3.0CS改がカッコイイ

1985年5月、カルロス・ビラルド監督はマラドーナをキャプテンに指名し、その個人能力を活かすチーム作りを行った。マラドーナは右膝に負傷を抱え、チームの成績も芳しいものではなく、当時のチームはメディアから「史上最弱」と酷評されていたが、1986 FIFAワールドカップが始まると一転して華々しい活躍を見せた。グループリーグ初戦韓国戦ではチームの3ゴールすべてをアシスト。イタリア戦ではボレーで同点ゴールを決め、ブルガリア戦でも1アシストを記録した。

準々決勝のイングランド戦試合前には3年前のフォークランド紛争(マルビナス戦争)の因縁もあって両国メディアの舌戦が続いたが、その試合はいわゆる「神の手」ゴールと「5人抜き」ドリブルを記録した試合として知られている。

後半4分、ペナルティエリアに走りこんだマラドーナと浮き玉を処理しようとした相手GKピーター・シルトンと交錯したが、マラドーナは空中のボールを素早く左手ではたき、ボールはそのままゴールインした。

シルトンをはじめイングランドの選手はマラドーナのハンドを主張したが、審判は彼の得点を認めた。その4分後にはセンターライン付近でパスを受けると単独で60m近くドリブルし、5人を抜いて無人のゴールにボールを蹴りこんだ。

前者の得点については「本当は手で触れたのだが、神の思し召しにより許された」という趣旨の発言をしたことから「神の手」ゴールという呼称が広まった。2007年には後者の得点がイギリスのワールドサッカー誌によって史上最優秀得点に選ばれた。

準決勝のベルギー戦でも2得点を挙げ、決勝の西ドイツ戦ではローター・マテウスのマークにあいながらも、ホルヘ・ブルチャガに絶妙なラストパスを供給し、決勝点をアシストした。

大会中チームの総シュート数のうち約半分を放ち、全14得点のうち5得点5アシストを記録。アルゼンチンを2度目のワールドカップ優勝に導いた事から大会最優秀選手に選ばれ、同大会は「マラドーナのための大会」と呼ばれた。


「ディエゴ・マラドーナの愛車コレクション」

あわせて読みたい記事:【テスタロッサケーニッヒ】外観、馬力でフェラーリに訴えられた?

「ディエゴ・マラドーナ」はセリアAのSSCナポリに所属していた時、エンツォフェラーリからF40を購入しようとしていましたが、F40にはドアトリムが無かったりラジオが付いていなかったり、ボディカラーに「赤」しかない事が気に食わずF40を買わずにテスタロッサを購入していたエピソードがあります。

またマラドーナとフェラーリのエピソードは他にも面白いのがいくつかあります。

バルセロナから当時の史上最高額の移籍金でナポリにやってきたマラドーナ。当然、フェラーリF40を購入しようとしていましたが、エアコンやステレオなど快適装置も付いてないしパワステなど電子制御システムなど付いてない。非常にシンプルなインテリア、色は赤しかない、などなどF40には何も付いてないのでマラドーナはフェラーリF40を気に入らず購入する事を辞めます。そして、マラドーナがフェラーリF40の代わりに購入した1987年モデルのフェラーリ・テスタロッサ。

このフェラーリ・テスタロッサもただのテスタロッサではありません。当時エンツォフェラーリは赤いフェラーリしか生産を許していませんでした。ですがマラドーナはどうしても黒いフェラーリが欲しく特別カラーのGlasurit Nero Met 901 / C(黒)のテスタロッサの購入を特別に許可されました。

ちなみに黒いテスタロッサはシルベスタ・スタローンとマイケル・ジャクソン、そしてディエゴ・マラドーナだけしか持っていません。その後、マラドーナはイタリアで乗っていたテスタロッサを母国のアルゼンチンに持って帰ろうとした所、当時の法律では輸入するのが無理だったので1991年にスペイン人オーナーに売却しています。さらにマラドーナが持っていたフェラーリはテスタロッサだけではありません。

あわせて読みたい記事:【フェラーリテスタロッサ】マイケル・ジャクソンのワンオフモデル

1995年にはブラジルのボカ・ジュニアーズに移籍。赤と黒2台のフェラーリF355スパイダーを所有していました。その後マフィアがマラドーナのフェラーリを所有していました。

フェラーリの他にもマラドーナはスウェーデンの大型トラック スカニア113Hやポルシェ924など所有しており、ここ最近ではBMW i8、M4クーペ、ロールスロイス・ファントムの他に水陸両用戦車Overcomer Huntaなど所有していました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。