【特攻の拓のバイク】緋咲薫の愛車カワサキZ400FX麓沙亜鵺仕様

この記事は5分で読めます

【特攻の拓のバイク】緋咲薫の愛車カワサキZ400FX麓沙亜鵺仕様

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車XJ400佐田ビルダーズ/福岡連合デメキン仕様

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】音速の四天王の人物と愛車スペックと中古車価格

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

ヤンキー漫画の金字塔とも言われる「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」。この漫画でバイク好きになったり、旧車や名車、改造パーツやメーカーなど、あらゆるバイク知識に興味も持つようになった方も多いのではないでしょうか。また、仲間の絆についても考えさせられる漫画です。その「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」から登場するキャラクターと愛車に注目してみたいと思います。今回は、横浜の暴走族「外道」の「緋咲 薫(ひざき かおる)」の愛車「カワサキ・Z400FX(エフエックス)」に注目です。


「疾風伝説・特攻の拓」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【ヤンキー漫画映像化ランキング】ドラマ化、映画化して欲しい作品がズラリ

主人公は、県内で中の上の私立横浜港ヶ丘高校に通う1年生の浅川拓。彼は、学校では典型的ないじめられっ子のポジションを確立していました。その為、学校はただの辛い場所だと日々思っていました。ところが3学期のある日、後の拓の人生を変える転機が訪れます。それは、転校生の鳴神秀人との出会いでした。そこからその後、内部抗争が絶えない不良のふきだまりの私立聖蘭高校、通称「乱校」の1年D組に転校することとなる。話の流れで「爆音小僧」のメンバーとなります。最初の愛車は1980年代のバイクレーサーでありキングケニーとしてロードレース界で有名だったケニー・ロバーツからケニー・ロバーツ号こと「ヤマハ・FZR250R」でした。その愛車は乗り換えていき、ミラクルのバイクテクニックとケンカや友情で高校生活が大きく変わるという流れ。


「緋咲 薫(ひざき かおる)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】鳴神秀人の愛車カワサキZ400FX外道仕様

「麓沙亜鵺」の十一代目頭。「外道」の秀人の天敵の存在。「鳴神秀人」に砕かれた左拳には「鉄のプレートとボルト」が入っており、強力なパンチを放つ人物。「天羽時貞」とは同じ中学で、当時、当初は敵対していたが、「天羽時貞」に命を救われたことや、ロックンロールを趣味に持つこととあいまって、友人になっています。なお、当時からの「天羽時貞」の彼女の「優理」とも交流がある。愛用のたばこはジョーカー。「天羽時貞」の魂であるギターを自分ではなく「浅川拓」が受け取ったこと、そして彼が事故死したことに激情を抱き、悔しさを心に乗せたまま、「浅川拓」とタイマンを張ったことがあります。その後は「来栖」との絡みの際に「浅川拓」の事を「バカなりに、熱いバカ」と表現し、「八尋」に捕らえられた「浅川拓」を結果的に救出するなど、「緋咲薫」なりに「浅川拓」に一目置くようになった。自分の顔に血がつくと逆上する性格で、その”上等文句”は「汚ねえな…!」というもの。愛車はカワサキの名車、チェリーピンクのカラーがポイントの「カワサキ・Z400FX」。


「麓沙亜鵺(ロクサーヌ) 」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】 吉岡義郎の愛車GT380サンパチ外道仕様

横須賀の暴走族で作中では、十一代目となる。実は新興の族で、頭の代替わりが激しく、チームそのものが11年目というわけではないことも特徴。元々は走り屋の族だったが、九代目の頭が喧嘩族の「獏羅天」と親交を持ったことがきっかけで武闘派の族へと変貌しています。そして当時、「横浜・外道」と大抗争事件を起こし、現在まで続く因縁の間柄となっています。更に、友好関係にあった「獏羅天」も、十一代目頭の「緋咲薫」が風神雷神相手に諍いを起こしてから(実際にはこの時は二人とも破門された後)は良好とは言えない間柄になっている。チームのルールとして、薬厳禁、また独特な喧嘩方法として「フルーツバスケット」という空手の百人組手のようなものがある。背中の看板は「狂悪飛童」「聖道化師達」。主な敵対族は「外道」。主な集合場所は、林のロータリー。


「カワサキ・Z400FX」:概要

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】 滝沢ジュンジのホンダCBX400Fの仕様

1979年4月15日に発売されたのが4気筒エンジンを搭載した名車「カワサキ・Z400FX」。同時開発された輸出仕様の「カワサキ・Z500」と共通のボディはワンクラス上の車格なっています。走行性能をスポイルしかねない大きさや重ささえ、「カワサキ・Z1000MKⅡ」や「Z750FX」の「角Z」デザインを取り入れて男のカワサキデザインとなっています。クラス初のDOHC4気筒エンジンは、当時当たり前の手法であった輸出仕様のボアダウン仕様ではなく、Z1とZ2の関係のように400専用のボア、ストロークで新規開発されたエンジンでした。クラス唯一のDOHC4気筒車である「Z400FX」は、発売翌年の1980年と、1981年に2年連続でクラストップの登録台数を記録する大ヒットモデルです。1982年、後継モデルの「Z400GP」が登場したものの、その後に「Z400FX」の最終仕様が復刻販売。


「カワサキ・Z400FX」:モデル遍歴/価格

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】姫小路良のGS400Eリーゼントスペシャル

E1型(1979年4月発売/新車当時価格38万5000円):グラフィックのない単色のファイアクラッカーレッドと3本のラインが入ったエボニーとシルバーの3色で登場。

ライン入りカラーのエボニーとシルバーは人気薄で6月10日にタンクを縁取る細いラインの入った新グラフィックのエボニーと交代、継続色のファイアクラッカーレッドと2色のラインアップとなった。


E2型(1979年12月発売/新車当時価格38万5000円):リアホイールのリム幅を1.85から2.15へ変更し、燃料コック形状を改良。ヘッドライト下にエンブレムを装備。車体色はE1型後期と同様にピンストライプが入った「ファイアクラッカーレッド」(赤色)と「ミッドナイトブルー」(紺色)の2色。


E3型(1980年10月発売)/新車当時価格40万5000円):ヘルメットホルダーを新採用し、スイングアームピボット部の支持方式を変更。フレームナンバーの打刻方向も変更。車体色は、等幅の太いストライプを配した「エボニー」(黒色)と「ムーンダストシルバー」(銀色)の2色。


E4型(1981年8月発売/新車当時価格43万5000円):フロントフォークはセミエア、リアサスペンションも減衰力が調節できるものに、エンジンはトランジスタ点火、そしてマフラーのエンド部分に絞込みのないメガホンタイプに変更、ポジションやディメンション、ライト、ハンドルにも手が加えられている。E1型からE3型まではオプション扱いであったグラブバーが標準装備され、ホイールはチューブレスタイヤに対応。またステップの取り付け部分が、それまでの溶接からプレート式に変更。車体色は、グラデーションする幅広の赤いラインの入った「ルミナスガンブルー」(青緑色)と「ムーンダストシルバー」(銀色)の2色。

 


E4A型(1981年12月発売/新車当時価格47万円):カワサキ販売店で500台限定で販売された特別仕様車。シリンダー、フロントフォーク・ボトムケース、ホイル、リヤサス・スプリングなど通常は黒塗装の部品を赤塗装に変更、ライトリム、タンクキャップ、リヤサス・アジャスターなど通常はメッキ仕上げの部品を黒塗装に変更し、車体色には専用のグラフィックを採用。限定車であることを示す「FX-LIMITED」の文字がテールカウルに配される為「リミテッド」とも呼ばれるが、本来は「GP(グランプリ)スペシャル」が販売名。


E4B型(1982年12月発売/新車当時価格43万5000円):E4A型の特別仕様色を通常仕様にし、車体色はE4B型専用のグラフィックを採用したモデル。フレーム番号が「KZ400E-04****」となっている。

「カワサキ・Z400FXの中古車価格」:220万円〜450万円


「カワサキ・Z400FX」:スペック

  • 全長/幅/高:2100/795/1155mm
  • シート高:805mm
  • 車軸距離:1390mm
  • 車体重量:192kg(乾)
  • 燃料消費率:30.0km/L ※定地走行テスト値
  • 燃料容量:15.0L
  • エンジン:空冷4サイクルDOHC4気筒
  • 総排気量:399cc
  • 最高出力:43ps/9500rpm
  • 最高トルク:3.5kg-m/7500rpm
  • 変速機:常時噛合式6速リターン
  • タイヤサイズ:前3.25-19-4PR 後3.75-18-4PR
  • バッテリー:YB12A-A
  • プラグ:D8EA
  • 推奨オイル:カワサキ純正オイルまたはMA適合品SAE10W-40
  • オイル容量:全容量3.0L
  • スプロケ:前16|後40
  • チェーン サイズ:530|リンク104
  • 車体価格:385,000円(税別)

「緋咲 薫(ひざき かおる)のカワサキZ400FX」:スペック

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車カワサキZ750FXフェックス佐田ビルダーズ仕様

「疾風伝説 特攻の拓」に登場する「横浜・外道」の「緋咲 薫(ひざき かおる)」の愛車は名車「カワサキ・Z400FX」。ボディは、チェリーピンク。セパレートハンドル、集合管マフラー、ヨーロピアンウインカー、直キャブ仕様…etc。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。