【007ゴールドフィンガー】劇中車アストンマーティンDB5発見

この記事は2分で読めます

【007ゴールドフィンガー】劇中車アストンマーティンDB5発見

あわせて読みたい記事:【ブリット】 映画でジャンプに使用されたマスタングが発見される

あわせて読みたい記事:【ランボルギーニ】ミュージアムに展示される映画に登場したモデル

あわせて読みたい記事:【トップガン】登場バイク・車「GPZ」や「ポルシェ」のスペック

映画「007」シリーズの中で1964年公開の映画「007 ゴールドフィンガー」において、当時のジェームズ・ボンドである「ショーン・コネリー」氏がドライブした「アストンマーティン・DB5」が、これまで行方不明となっていたが、なんと発見されたとの報道があり注目されています。しばらくの間、行方不明となり失われていたということになりますが、この発見されたされる「アストンマーティン・DB5(シャシーナンバーDP/216/1)」は、映画の撮影終了後にカーコレクターである「リチャード・ロージー」氏が購入(12,000ドル)しています。その後、「リチャード・ロージー」氏はカーコレクターの「アンソニー・パグリーズ三世」に「250,000ドル」で売却しています。「アンソニー・パグリーズ三世」は、この「アストンマーティン・DB5(シャシーナンバーDP/216/1)」購入後、空港の格納庫内に保管していたものの、1997年6月、不幸にも盗難に遭うことになり行方不明となったというわけです。
その際には様々な調査がなされたものの、警報が一切作動せず、この盗難は綿密に計画されたものだとされ、結局「アストンマーティン・DB5(シャシーナンバーDP/216/1)」は、行方不明となりました。保管も非常に厳重で車軸にチェーンを巻き、トラックで周囲をガードしていたのに盗難されたというのです。その後は、様々なウワサが流れ、もっとも信じられていたのは「フロリダの海に沈められた」というものでした。しかし、つい最近になって「盗難後、ずっと中東に保管されていた」というのが今回報道されている内容となっています。

なお、この情報の発信元は「Art Recovery International」社で、名前からすると芸術品の復元を行っているのかもしれません。経緯としては「マスタング・ブリット」同様にレストアを依頼され、シャシーナンバーを照合したら「盗難品で、かつ”あの”ゴールドフィンガーDB5だと判明した」ということになりそうですが、今のところ事実関係等は公表されておらず、真相究明にはしばしの時間がかかりそうだということです。

実は、「007 ゴールドフィンガー」用に用意された「アストンマーティン・DB5」は合計で4台ということです。撮影用2台、プロモーション用2台となっており、今回話題となっているのはメインとして撮影に使用されたもので、もう一台の撮影用は2010年にオークションにて4億5,000万円の値をつけて落札されています。このオークションで4億5,000万円の値をつけた個体は、現在でも存在しておりコレクターの「ハリー・イエッギー」氏が購入したものです。残る宣伝用の2台は撮影に使用されることはなく、一台は個人コレクターが2006年に2億3,000万円で購入し、もう一台はオランダはハーグにある博物館に所蔵され、いずれも現存が確認されています。

劇中に登場した「アストンマーティン・DB5」について、設定だと「防弾ガラス」「可変ナンバー(通常はBMT216A)」「カーナビゲーション(発振器追跡器)」、「防弾プレート」、有名な「イジェクションシート」等が装備されています。なお「007 スカイフォール」には、「007 ゴールドフィンガー」と同じ仕様の「アストンマーティン・DB5」が劇中に登場したことで話題になりました。

  • Skyfall

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。