【サスキア・アルサル】エストニア代表スピードスケートの愛車や歴代彼氏

この記事は3分で読めます



【サスキア・アルサル】エストニア代表スピードスケートの愛車や歴代彼氏

あわせて読みたい記事:【吉田知那美】オリンピック代表の愛車のトヨタRAV4や歴代彼氏

あわせて読みたい記事:【髙梨沙羅】愛車メルセデスベンツAMG・G63のスペックと価格

あわせて読みたい記事:【東京オリンピック2020】美人女子アスリート10人の注目画像

北京冬季オリンピック2022においてエストニアの代表であり、スピードスケート界でも注目されている「サスキア・アルサル」。アスリートとして注目されているだけでなく、美貌とスタイルから美女アスリートとしても話題になっています。今回は、「サスキア・アルサル」さんの愛車や歴代彼氏に注目です。


「サスキア・アルサルさんのプロフィール」

  • 名前:サスキア・アルサル Saskia Alusalu
  • 生年月日:1994年4月14日
  • 身長:176cm
  • 体重:64kg
  • 職業:スポーツ選手(オリンピック代表)
  • 出身地:エストニア・ヨゲヴァ Eesti Vabariik
  • エストニアはバルト海とフィンランド湾に接する北欧の国です。1,500 以上の島々からなり、その多様な地形には、岩場の多いビーチ、原生林、多くの湖などがあります。旧ソビエト連邦の一部で、城、教会、丘の上の要塞などが点在しています。首都タリンは、保存状態のよい旧市街や美術館の他、展望台がある 314 m のタリンテレビ塔で知られています。
  • 首都:タリン
  • 通貨:ユーロ
  • 大統領:ケルスティ・カリユライド

「サスキア・アルサルさんの歴代彼氏」

あわせて読みたい記事:【下田紗弥加】D1GP参戦S15シルビアと愛車FD3Sや歴代彼氏

世界的に有名なアスリートであり、その美貌やスタイルから交際についての注目度が高い「サスキア・アルサル」さん。


「サスキア・アルサルさんとアルトゥル・ワスさん」

あわせて読みたい記事:【カミラ・ジョルジ】歴代彼氏や愛車、最新成績とインスタ水着画像

「サスキア・アルサル」さんの歴代彼氏として有名なのが、ポーランドのスケート選手である「アルトゥル・ワス」選手です。現在は、「アルトゥル・ワス」選手のインスタの写真を見ると「サスキア・アルサル」さんとは現在の彼女と思われる別の女性が登場しています。「サスキア・アルサル」さんと「アルトゥル・ワス」選手がキスした写真2016年の6月23日に投稿されており、2人のInstagramで同じ写真があるために元カノの可能性が高いようです。


「サスキア・アルサルさんの愛車」

あわせて読みたい記事:【ダリア・ビロディド】愛車エクリプスや歴代彼氏とスイーツチョコ

「サスキア・アルサル」さんの愛車は、韓国メーカーの「KIA(起亜自動車)」。モデル名は、「キア・オプティマSW」。ボディカラーはホワイト。


「キア・オプティマ」:概要

あわせて読みたい記事:【アリカ・シュミット】愛車メルセデスAMGや歴代彼氏、自己ベスト

  • 4代目モデル。
  • 型式:JF型。
  • 販売期間:2015年-2019年
  • 2015年4月に開催されたソウルモーターショー2015で世界初公開。エレガントな「MX(Modern Ex(=X)treme)」シリーズとスポーティな「SX(Sporty Ex(=X)treme)」シリーズの2種が展示され、今夏発売予定とアナウンスされた。2015年7月15日、韓国にて新型「K5」として発表・発売開始。エクステリアは先鋭的だった先代のキープコンセプトとしながらも、各部を徹底的に昇華させている。エンジンはベースであるLF型ヒュンダイソナタ同様に全体的なダウンサイジングが図られ、従来の2.0Lガソリン(2.0 CVVL)、2.0L・GDiターボ(θII)に加え、新たに1.6L・GDiターボ(γ1.6 GDi)、法人・障害者向け2.0L・LPG(NEW 2.0 LPi)、1.7Lディーゼル(U2 1.7)を加えた計5種となる。尚、ディーゼルは同年9月から販売する新車に義務付けられる「ユーロ6基準」を満たす。軽量化や安全性能に関しても大幅に強化され、超高張力鋼板(AHSS)の使用比率を先代の21%から51%へと大幅に引き上げたことで、軽量化と剛性向上の両立を図った。運転席のニー部分を含んだ7つのエアバッグに加え、シャーシー統合制御装置(VSM)、後方駐車補助装置、坂道発進補助装置(HAC)、急ブレーキ警報装置(ESS)を全車に標準装備とし、一部グレードには前の車との間隔を維持して追突を防ぐ「アドバンスド・スマート・クルーズ・コントロール(ASCC)」と「緊急ブレーキ補助システム(AEB)」も設定されている。また、国産車で初めてとなるスマートフォン無線充電装置に加え、インフォテイメント装置の「UVO 2.0」とJBLサウンドシステムも設定された。尚、上述の「MX」と「SX」は一部グレードにおいては同額で購入時に選択が可能となっている。ハイブリッドモデルに関しては、従来型を継続販売していたが、2015年12月3日にJF型ベースへとフルモデルチェンジされた。2018年1月、「THE NEW K5」としてマイナーチェンジ。前後レンズ類、バンパーを一新した。従来の「MX」・「SX」の2シリーズ構成を廃止し、1本化した。パワーユニットは2.0L・GDiターボを廃止し、4種へ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。