【反町隆史】 松嶋菜々子との愛車メルセデスベンツAMG・G63

この記事は4分で読めます



【反町隆史】 松嶋菜々子との愛車メルセデスベンツAMG・G63

あわせて読みたい記事:【芸人ヒロシ】愛車トヨタ・ランドクルーザー300のスペックと価格

あわせて読みたい記事:【ヒロミ】愛車の旧車R32日産スカイラインGT-Rカスタム仕様

あわせて読みたい記事:【乃木坂46】27thシングルにメンバーの愛車として登場の車種一覧

モデル、アーティスト、俳優と幅広く活躍されている「反町隆史」さん。ドラマ「相棒」も有名ですが、「松嶋菜々子」さんとのおしどり夫婦としても有名です。その「反町隆史」さんの愛車やこれまでの活躍を振り返ります。


「反町隆史さんのプロフィール」

  • 名前:反町隆史 そりまち たかし
  • 本名:野口 隆史(のぐち たかし)
  • 生年月日:1973年12月19日
  • 出生地:日本・埼玉県浦和市(現・さいたま市南区)
  • 身長:181 cm
  • 血液型:AB型
  • 職業:俳優
  • 活動期間:1988年 – 1990年、1994年 –
  • 配偶者:松嶋菜々子(2001年 – )
  • 事務所:研音
  • 経歴:浦和市立大谷場小学校(現・さいたま市立大谷場小学校)、浦和市立大谷場中学校(現・さいたま市立大谷場中学校)、浦和情報文化専門学校(現・浦和専門学校)高等課程情報ビジネス科中退。専門学校高等課程在学中からモデルなどを経験。デビュー当初はジャニーズ事務所に所属しており、平家派のメンバーとして[2]光GENJIのバックダンサーを務めていた。中学3年生であった当時は本名の野口隆史で芸能活動をしていた。16歳の時にはモデル事務所に所属し、ファッションモデルとして活動、パリ・コレクションにも出演。以降、プライベートで、ボクシングジムに通い体作りに取り組んだり、詞を書きとめ続ける創作活動に取り組む。1994年春に所属事務所を研音に移籍してからは俳優として活躍。この時に現在の芸名に改名する。由来は龍反町で、社長が「龍のような男になれ」という願いを込めて名付けたという。1994年7月にテレビドラマ『毎度ゴメンなさぁい』で俳優デビュー。以降、テレビドラマを中心に活躍する傍ら、1997年から歌手としても音源リリースやライブ活動などを積極的に敢行。1997年から1998年にかけて『バージンロード』、『ビーチボーイズ』、『GTO』といった話題作に立て続けに出演し、高視聴率を獲得。特に『GTO』は、最高視聴率35.7%を記録し、大ヒットとなった。ドラマ『GTO』で共演した松嶋とは、『GTO』撮影終了から約1年後の1999年11月に交際がスタートし、2001年2月21日ZEPP TOKYOでのライブ(国内最後のライブとなっている)を終えた後に結婚。2月22日に、反町自身の公式サイトでファンに報告し、フジテレビのv3スタジオで、反町、松嶋2人揃って会見を開いた。2人の人気は当時絶頂であり、ビッグカップル誕生と騒がれた。2004年5月31日に長女、2007年11月30日に次女が誕生。自身がプライベートと仕事を区別し、さらには公私混同を避けているため、子供は一切公表していない。2011年5月、居住している渋谷区内のマンションで、飼犬のドーベルマンが、同じフロアに住んでいた佐藤悦子氏にかみつき、11日間のけがを負わせる。反町夫妻が慰謝料と治療費を支払うことで示談が成立したが、佐藤が現場を通る度に気分が悪くなるなどしたため、翌月同マンションから転居。契約上、中途転居者は賃料2カ月分350万円を解約違約金として管理会社に支払うよう規定されていたが、転居の経緯を踏まえて管理会社は被害者に違約金を請求せず、反町夫妻側に失った賃料収入も含めた約5220万円の損害賠償支払を求め提訴、2013年5月14日、一審の東京地方裁判所は、解約費用と弁護士費用相当の385万円を払うよう反町夫妻に求める判決を下す。反町夫妻、管理会社側の双方が控訴したが、同年10月10日、二審の東京高等裁判所は、一審の判決を変更、室内で飼える小動物以外の飼育を禁止しているマンションの規則に反し「屋外の散歩が必要な大型犬を飼っていた夫妻の責任は大きい」として、新たに9カ月分の賃料を損害額と認定、賠償額を1725万円に増やす判決を下した。2015年10月、『相棒』シリーズに杉下右京の4代目相棒役として起用され、season14より出演している。2021年11月24日放送の「相棒season20」7話において、初代相棒の寺脇康文を抜いて4代目相棒としての出演話数が過去最多となった。また同日に、2022年3月に放送される「相棒season20」最終回スペシャルをもって相棒を卒業することが発表された。

「メルセデスAMG G63」:概要

あわせて読みたい記事:【マギー】 愛車のベンツ・Cカブリオレと歴代彼氏とスッピン画像

メルセデス・ベンツブランドの傘下で「究極のエクスクルーシブ性」を追求する「メルセデス・マイバッハ」とならび「究極のハイパフォーマンス」を追求するブランドとして、「メルセデスAMG」ブランドを立ち上げた。唯一無二のオフローダーとして、その頂点に君臨し続けるGクラスに、モータースポーツの世界で培った技術を余すところなく投入した、妥協のないトップパフォーマンスモデルメルセデスAMG「Gクラス」。ラインアップは、4L V8直噴ツインターボエンジン「G63」を設定。トランスミッションは、新型「9G‐TRONICトランスミッション」を採用。177型エンジンを搭載し最高出力430kW(585馬力)、最大トルク850Nmを発揮する。砂型鋳造されたクローズドデッキのアルミニウムクランクケースに鍛造アルミニウム製ピストンを組み合わせることで、軽量かつ高強度なエンジンを実現。また、圧倒的なパフォーマンスに対応するAMG強化ブレーキ、コーナリング時やブレーキング時には、硬いスプリングレートに瞬時に切り替えることで、高い安定性と思いのままの俊敏なハンドリングを実現する「AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」を採用している。特別仕様車には、「G63 ストロンガーザンタイムエディション」を設定(限定250台)。サイドミラー、サイドストリップ、ブレーキキャリパー等にシルバーシャドウのアクセントを施し、シックなエクステリアを演出。さらに、ボディ同色のスペアホイールカバーや、マッドブラックとハイシーンを組み合わせたバイカラー22インチクロススポークアルミホイールを特別装備。今回、「G63」をベースとした特別仕様車「G63 マヌファクトゥーアエディション」を設定。エクステリアには、マットブラックペイント22インチAMGクロススポークアルミホイール(鍛造)を特別装備。また、サイドミラー、サイドストリップ、フロント/リアスカート、スペアタイヤリング等にブラックのアクセントを、更にヘッドライト、フロントウインカー、リアコンビネーションランプにブラックスモークを施したAMGナイトパッケージを特別装備した。インテリアは、チタニウムグレーとブラックのツートーンカラーをあしらった極めて滑らかな肌触りのAMGエクスクルーシブナッパレザーシートをはじめ室内のいたるところにナッパレザーを施し、ラグジュアリーな空間を演出。また、インテリアトリムやステアリングにおいても、特別仕様として、ブラックアッシュウッドインテリアトリム、AMGパフォーマンスステアリング(ナッパレザー/DINAMICA)を採用。ボディカラーは、「マグノダークオリーブグリーン(マットペイント)」を用意。「G63」には左右ハンドル、「G63 ストロンガーザンタイムエディション」、「G63 マヌファクトゥーアエディション」は左ハンドルの設定。


「メルセデスAMG G63」:スペック/価格

  • ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4873×1984×1966mm
  • ホイールベース:2890mm
  • 車重:2560kg
  • 駆動方式:4WD
  • エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ
  • トランスミッション:9段AT
  • 最高出力:585ps(430kW)/6000 rpm
  • 最大トルク:850Nm(86.7kgm)/2500-3500 rpm
  • タイヤ:(前)275/50R20 113W/(後)275/50R20 113W(ピレリ・スコーピオンゼロ アシンメトリコ)
  • 燃費:13.1リッター/100km(約7.6km/リッター、欧州複合モード)
  • 価格:2035万円

「反町隆史さんの愛車メルセデスベンツAMG・G63」

あわせて読みたい記事:【佐田真由美】愛車のメルセデスAMGと野村訓市の旧車デュース改

「反町隆史」さんの愛車「メルセデスベンツAMG・G63」。ボディカラーはブラック。価格は2000万円オーバー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。