【ダニエル・クレイグ】愛車の「アストンマーティン」の競売結果は

この記事は2分で読めます

【ダニエル・クレイグ】愛車の「アストンマーティン」の競売結果は

あわせて読みたい記事:【60セカンズ】マスタング・エレノアのレプリカの価格・スペック

あわせて読みたい記事:【ベイビードライバー】 映画に登場のインプレッサWRXが競売に

あわせて読みたい記事:【西部警察】R30型スカイラインRS-3(情報分析):スペック

俳優の「ダニエル・クレイグ」氏は、これまでコードネーム「007」として知られるイギリスのスパイ役を4本の映画で演じてきました。そして今回、「ダニエル・クレイグ」氏はチャリティの一環として、4年前に彼のために作られた「アストンマーティン」の限定モデルをオークション会社「クリスティーズ」のオークションに出品し話題となっていました。

振り返ると「アストンマーティン」が初めて映画「007」シリーズに登場したのは50年以上も前のことです。1964年の『ゴールドフィンガー』で、「ショーン・コネリー」氏の運転するシルバーの「アストンマーティン DB5」が最初のボンドカーとして登場しました。他のクルマが「ボンドカー」として使用された作品もあったものの、「ダニエル・クレイグ」氏が出演した最近の4作には、全て「アストン・マーティン」がスクリーンに登場しています。

そんな「ダニエル・クレイグ」氏のクルマは、「アストンマーティン」社が100周年を記念して100名のセレブのために100台のみ限定生産した2014年型の「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」というモデルです。しかも、シリアルナンバーは「007」となっています。

「彼のキャリアを称賛するオマージュだったのです」と「クリスティーズ エクセプショナル・セール」のディレクター、「ベッキー・マクガイア」氏はインタビューで語っています。また「クレイグ氏の演じたジェームズ・ボンドを、アストンマーティンは高く評価しているのでしょう。もちろん、世界中にいる大勢のファン達もです」ともコメントしています。

この限定モデルのボディ・カラーは「ミッドナイト・ブルー」で、インテリアのレザーには「ダーク・ブルー」が選ばれました。「クリスティーズ」社によれば、これは「ダニエル・クレイグ」氏、本人がデニムやダーク・カラーを好むからだそうです。収益はニューヨークを拠点とした慈善団体「オポチュニティ・ネットワーク」に寄付されるということのようです。恵まれない環境にある学生たちの大学進学や就職の手助けをする団体で、「ダニエル・クレイグ」氏と、彼の妻である女優の「レイチェル・ワイズ」氏はこの団体の役員を務めています。

ちなみに「ダニエル・クレイグ」氏の「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」の予想落札価格は、「40万〜60万ドル(約4,200万〜6,300万円)」とされていましたが、オークションは2018年4月20日、「クリスティーズ」恒例の装飾美術の傑作を集めた「エクセプショナル・セール」に出品され、落札価格:46万8,500ドル(約5,000万円)という結果でした。オークションには「ダニエル・クレイグ」氏がサプライズ登場し、「クリスティーズ」の競売人チームに加わり、落札価格が上がるよう一役買っていたようです。

売り上げは、行政などの援助を十分に受けられていない若者がキャリアを築く援助をしている慈善団体「オポチュニティー・ネットワーク(Opportunity Network)」に全額寄付されることになっています。ちなみに落札者はゲイドンにあるアストンマーティン本社を訪問でき、カスタムを担当したマレク・ライヒマンに面会できる上、ファクトリーツアーへの招待もあるようです。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。