【雨宮ロータスヨーロッパ20B】3ロータリー搭載のマシンスペック

この記事は2分で読めます

【雨宮ロータスヨーロッパ20B】3ロータリー搭載のマシンスペック

あわせて読みたい記事:【スカイラインジャパン】RB30トップシークレット仕様スペック

あわせて読みたい記事:【リバティウォーク】 R34スーパーシルエット東京オートサロン

あわせて読みたい記事:【マツダ・RX-7フォーチュン】ワイルドスピード仕様のスペック

「東京オートサロン2020」において多くのカスタムマシンが展示されて注目を集めましたが、ロータリーファンにとって注目の一台が「RE雨宮」の3ローターを搭載した名車「ロータス・ヨーロッパ」です。このカスタムマシンは、「RE雨宮」が2013年の「東京オートサロン」に出展車両として開発し、チューニングカー部門・最優秀賞に輝いたマシンです。モデル名は「雨宮ロータスヨーロッパ20B」です。その後、さらなるカスタマイズが施されているようです。


「ロータス・ヨーロッパ」:ヒストリー

名車と言われる「ロータス・ヨーロッパ」は、1966年から約10年間に渡って生産されたイギリスのミッドシップスポーツです。シャシー、フレームは、逆Y字型のバックボーンフレームでFRPの軽量ボディを被せた構造です。さらに驚くべきは、軽量な車体であること。車重は610kg(初期型)というコンパクトボディ。搭載されるパワーユニットとなるエンジンは、最終的に最高出力126psの1.6L直4DOHCまで進化しました。


「雨宮ロータスヨーロッパ20B」:スペック

あわせて読みたい記事:【リバティウォーク】ミウラの族車仕様を公開「東京オートサロン」

エクステリアは、「RE雨宮」の「マツダ:RX-7」用エアロパーツを加工流用しながら構築したもの。ヘッドライトはAC987キットと同一のポルシェ純正を採用しています。ボディカラーはソリッドのレッドからシルバーへと一新。リヤウイングは「RE雨宮」と親交が深い「パワークラフト」によるワンオクパーツで、ウエットカーボンをマット塗装してドライカーボンのような雰囲気で仕上げている。「ホイールもゴールドからブラックに塗り替えて大人っぽくしてみた」とはパワークラフト伊東代表はコメントしています。

ルーフにはフレッシュエアを引き込むためのベンチレーターを装備。内側のパネルまで丁寧にカーボンで成型されています。これらのパーツも「パワークラフト」によるワンオフ。

ドアパネル後端にはインレットダクトを設定。裏側もしっかりと通路が製作されており、エンジンにフレッシュエアを効率良く導けるようにしている。ちなみにルーフパネルには「トヨタ:ヴィッツ」の純正ボンネットが使用されているということです。


「インテリア:カーボン仕様」

インテリアは、カーボンパネル&全面バックスキンで上品に仕上げられています。センターパネルのモニターはバックビュー用として機能。シートはブリッド製のフルバケを導入。ステアリングラックやペダル類は「マツダ:ロードスター」用を流用。


「パワーユニット:3ローターエンジン」

「雨宮ロータスヨーロッパ20B」は、オリジナルの「ロータス・ヨーロッパ」の直列4気筒エンジンからモデル名通り、ロータリーユニット。しかも13B型の2ローターエンジンではなく、圧倒的なトルク感&レスポンスを求め、13B-MSP用ローターを組み込んだハイコンプ20Bとし、内部パートはほぼスーパーGT最終年のスペックに近いものとなっているようです。

搭載位置はもちろんリヤミッドに搭載。そして、その後部に「スバル:レガシィ」用のミッション&デフをドッキングしています。ミッション内フロントデフには3.9ファイナルが組み込まれ、ギヤ比は最適化済みという。エキゾースト環境はストリート前提のスペックとなる。特にエンドマフラーには拘り満載で、大型のステンレス楕円サイレンサーを2連で装備した上、エンド部にはデザイン性を重視した純チタンテールを合体。オイルクーラーは「マツダ:RX-7」を流用。

サスペンションシステムは元々がフロント:ダブルウィッシュボーンのリヤ:チャップマンストラットですが、旋回性能を根本から高めるために前後とも「マツダ:ロードスター」のダブルウィッシュボーンへと変更しています。ダンパーにはクァンタム製のSPLモデルを装着しています。

ブレーキシステムはフロントがエンドレス製の4ポットキャリパー雨宮スペック+2ピーススリットローターで、リヤには「マツダ:RX-8」の純正キャリパー+スリットローターの組み合わせとなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。