【ランボルギーニ・SC18アルストン】ワンオフモデルのスペック

この記事は2分で読めます

【ランボルギーニ・SC18アルストン】ワンオフモデルのスペック

あわせて読みたい記事:【ランボルギーニ】ミュージアムに展示される映画に登場したモデル

あわせて読みたい記事:「ポルシェ911GT2 RS MR」ニュルブルクリンク最速記録

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク最速ランキング】2018年ベストバージョン

これまでに「ランボルギーニ」社は、3台のクーペと9台のロードスターが販売された「ランボルギーニ・ヴェネーノ」や、たった1台のみが製造された「ランボルギーニ・エゴイスタ」と「ランボルギーニ・アヴェンタドールJ」のように、これまでいくつもの少数限定モデルやワンオフ・モデルを発表してきました。これらは全てロードカー部門による珠玉のモデルたちでしたが、2018年11月16日に同社のレース部門であるスクアドラ・コルセが顧客からの注文によって初めて製作したというワンオフ・モデルが公開されました。「ランボルギーニ・SC18 アルストン」と名付けられた同車は、基本的には「ランボルギーニ・アヴェンタドール」の高性能モデル「SVJ」がベースモデルとなっているようです。さらに、そのポテンシャルも向上しています。同モデルはサーキットで最高の性能が発揮できるように設計されていながら、公道走行も可能であるということです。


「エクステリアデザイン」:ランボルギーニの名車からインストール

「グリージョ・デイトナ(グレー)」でペイントされたカーボンファイバー製のボディワークはベース車より軽量化され、シャシーにも軽量な素材が使われているということですが、車両重量の具体的な数字は明らかにされていません。スクアドラ・コルセは顧客やランボルギーニのデザイン・スタジオと連携し、「ランボルギーニ・ウラカン」のレース仕様車からエアロダイナミクスに関する様々な要素をインストールしたようです。ダクトが開けられたフロント・フードは「ランボルギーニ・ウラカン GT3 EVO」から、リア・フェンダーやルーフ上のスクープとフィンは「ランボルギーニ・ウラカン スーパートロフェオ EVO」からデザインをインストールしたということです。3本の支柱で設置されたウイングは「ランボルギーニ・ヴェネーノ」から、リア・エンドのカーブと細長いテールライトは「ランボルギーニ・チェンテナリオ」からデザインが取り込まれているようです。「ネロ・アデ(ブラック)」のアルカンターラに赤でクロスステッチが施された車内には、2人分のカーボンファイバー製バケットシートが備わる。


「パワーユニット」:V12型NAエンジン

パワーユニットは「アヴェンタドール SVJ」からそのまま引き継がれ、6.5リッターV型12気筒自然吸気エンジンが最高出力770hpと最大トルク720Nmを発生します。「ISR」と呼ばれる2ペダルの7速トランスミッションが組み合わされています。また、12箇所のベントを備えたエンジン・カバーによって冷却効果が高められ、専用にデザインされたエキゾーストは独特のサウンドを発生するとのことです。スクリーン印刷でボディ・パネルに施された赤のアクセント。そして、フロント20インチ、リア21インチのセンターロック式ホイールが装着されており、ボディに施されている赤のアクセントと調和するようにデザインされています。タイヤは特別に開発された専用のピレリ「P ZERO CORSA」を装着れています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。