【ランボルギーニ・アヴェンタドールSVR】新型V12のスペック

この記事は2分で読めます

【ランボルギーニ・アヴェンタドールSVR】新型V12のスペック

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク最速ランキング】2020年ベストバージョン

あわせて読みたい記事:【NEWストラトス】MAT社シリアルno.01のスペック・価格

あわせて読みたい記事:【ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD】スペック・価格とは

排気ガス規制や騒音規制などスーパーカーやハイパーカーと言ったスポーツモデルの自動車にとっては厳しい時代となりハイブリッドシステムを搭載するスポーツカーも多くなっています。そのような中「ランボルギーニ」社から2019年にティーザーが予告されていたトラックオンリーのV12エンジンモデルについての追加情報が明らかになりました。まず、「フェラーリP80/C」や「アストンマーティンヴァルカン」と同じく公道も走れずレースにも参加出来ない変わりに様々な制限から完全に開放されたサーキット専用のV12自然吸気エンジンモデルになるようです。また、この件についてはランボルギーニの最新のV12ハイパーカーのシャイダイナモテストの様子が公開されています。


「パワーユニットと装備」

画像からではありますが、「ランボルギーニ・アヴェンタドール」の6.5リッターV12エンジンがベースになっているようです。また過給器のターボや電気モーターは搭載せずに最高出力が830馬力になる事が分かっています。今回の開発はレーシング部門のSquadra Corseが担当しています。Squadra Corseのハイパーカーは、通常のロードカーの範囲とは異なる多くの特徴を備えています。
この個体では、大きなリアウィング、ルーフ上のエアスクープ、デュアルエアインテークを備えたレーシングフードを備えています。
アルミニウム製のフロントフレームとカーボンファイバーモノコックを備えたハイパーカーは、最高の安全基準を満たすように設計されており、サーキットでの操縦性を向上させる革新的なセルフロックタイプのディファレンシャルを備えています。


「モデル名と生産台数」

あわせて読みたい記事:【SSCトゥアタラ】1750PSで最高速300マイル:スペック

さらにオーリンズ製のサスペンションと大口径タイプのブレンボ製ブレーキ、センターロック式となる鍛造ホイールを装着しているようです。またヘッドライトも付いていないということで車重における軽量化がどれほど施されているか。ちなみに生産台数について「ランボルギーニ・アヴェンタドールSVR」と言う名前になり限定40台のみ生産されると言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。