【R30スカイラインRSターボ】グループAニスモ仕様のスペック

この記事は3分で読めます

【R30スカイラインRSターボ】グループAニスモ仕様のスペック

あわせて読みたい記事:【三菱:スタリオンGSR】グループAレース仕様の戦績・スペック

あわせて読みたい記事:【ランキング】1980年代:人気の国産名車・旧車ーBEST10

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

「史上最強スカイライン」といわれた「R30型:スカイライン 2000ターボRS」は、「S20型エンジン」以来となる、DOHC4バルブ、ギアドライブを備えた「FJ20E型エンジン」を搭載。そこにターボチャージャーを組み込み、1980年代のパワーウォーズを牽引する一台として注目されました。その「スカイライン」は、日本のモータースポーツシーンで外すことができないマシンともいえます。1985年のインターTECには、この「史上最強スカイライン」といわれた「スカイライン 2000RSターボ」が参戦。実に「ハコスカGT-R(KPGC10 / PGC10)」以来のツーリングカーレースに戻ってきたのでした。しかし、日本国内においては速さを見せつけた「スカイラインRSターボ」でしたが、海外勢のグループAマシンには厳しい状況に立たされていました。1985年のインターTECでは「ボルボ240ターボ」、「BMW635CSi」、「三菱:スタリオン」に次ぐ5位に入賞というものでした。


「RSターボのグループA仕様はニスモが開発」

1985年の全日本ツーリングカー選手権に参戦した「スカイライン 2000RSターボ」のグループA仕様は、事実上の日産ワークスであるニスモが開発したマシンでした。

搭載されるエンジンは「FJ20ET」であり直列4気筒DOHC16バルブターボでした。総排気量は1,990ccでボア×ストロークは89.0mm×80.0mm。ノーマルでは最高出力190ps/6400rpm、最大トルク23.0kgm/4800rpmでしたが、グループA規定内のチューニングにより最高出力250ps/7400rpm、最大トルク26.0kgm/4400rpmのポテンシャルとなっていました。

足回りについてはサスペンションはグループAということで、ノーマルと同様にフロント/ストラット、リア/セミトレーリングアームとなっていましたが、ショックアブソーバー(フロントはストラットアッセンブリー)とスプリングはニスモでグループA用として設定したものとなり、減衰力調整機能も付くショックアブソーバー。サスペンションアームのブッシュはすべてピローボール化されていました。ブレーキはロッキード製のベンチレーテッドディスクブレーキが装備されました。

ホイールは当時のグループA規定ではスカイラインの排気量からは10インチまで使用できました。しかし、オーバーフェンダーが装着できないという規定のため、フェンダーからはみ出ないために、フロント8J、リア8.5Jというホイールリム径が使用されました。ホイール径も17インチまで使用が可能でしたが、フェンダーとの干渉を避けるためにフロント15インチ、リア16インチとしていました。


「DR30型:スカイラインRSターボC」:スペック

  • 年式:1984年
  • 型式:KDR30型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,620mm × 1,675mm × 1,385mm
  • ホイールベース:2,615mm
  • トレッド(F/R):1,420mm / 1,410mm
  • エンジン型式:FJ20ET
  • エンジン形式:直列4気筒 DOHC ICターボ
  • 排気量:1,990cc
  • 最高出力:205PS / 6.400rpm
  • 最大トルク:25.0kgm / 4.400rpm
  • 駆動方式:FR
  • トランスミッション:5MT
  • サスペンション(F/R):ストラット / セミトレーリングアーム
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク / ディスク
  • タイヤサイズ(F/R):205-60-R15

「当時のレース・パーツや価格」

ニスモが開発するということで、プライベートチームがパーツ購入できるという当時は、車両代は別で約500万円~600万円となっていました。この価格帯で当時のトップカテゴリーであるグループA仕様ができたのです。それゆえに1985年のインターTECでは出走38台のうち6台が「スカイライン 2000RSターボ」という状況でした。予選では関根基司/関実組が「ボルボ240ターボ」、「三菱:スタリオン」に次ぐ5位というポジション。決勝では、「ハルトゲBMW635CSi」に抜かれるものの、一台の「三菱:スタリオン」が脱落したことにより5位に入賞という結果でした。

「DR30型:スカイライン 2000RSターボ」はグループAにおいては輝かしいレース結果を残すことは難しい状況でしたが、「ハコスカGT-R」以来のTSレースへの復帰、そして後に続く「HR31型:スカイラインGTS-R」や「BNR32型:スカイラインGT-R」への懸け橋となったモデルといえます。ちなみに「スカイラインRSターボ・スーパーシルエットフォーミュラ仕様」は、市販車がベースモデルではなく完全なパイプフレームのレーシングマシンであり、エンジンは「LZ20B」というレース専用エンジンが搭載されていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。