【ワイルドスピード7】劇中車ファーストアタックバギーのスペック

この記事は2分で読めます

【ワイルドスピード7】劇中車ファーストアタックバギーのスペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】劇中車のレティのC2コルベットのスペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】実は1作目と2作目を繋ぐ作品が存在していた

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

世界的な名車、旧車をカスタマイズしストリートレースや様々なミッションをクリアするカーアクション映画の大ヒット作である「ワイルドスピード」シリーズ。初期の登場車種では、日本車が多く登場しJDM人気を後押ししました。その結果、1990年代の日本のスポーツカーの相場が急騰する事態に。加えて、アメ車の旧車もレストモッド仕様でカスタマイズされており1970年代前後のアメリカンスポーツカーの魅力が高まりました。その後、「ワイルドスピード」シリーズは、クルマメインからアクションメインへと方向性を変更していくことになりますが、人気は高まるばかりです。新作の「ワイルドスピード9」も登場車種の活躍が話題となっています。今回、注目するのは「ワイルド・スピード SKY MISSION( – スカイ・ミッション、原題:Furious 7、別題:Furious SevenFast 7Fast & Furious 7)」に登場するクルマです。公開は2015年で「ポール・ウォーカー」の遺作となった作品でした。


「ワイルドスピード7:あらすじ」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード・ICE BREAK】劇中車WRXのスペック

前作でドミニク達と激しいバトルを繰り広げたオーウェン・ショウ(ルーク・エヴァンス)の兄であり、一国の軍隊と変わらないほどの戦闘力を持つシリーズ史上最強の敵、デッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)が、東京でハン(サン・カン)を襲撃。 弟の仇を打つべくドミニク(ヴィン・ディーゼル)たちの前に立ちふさがる。 元・特殊部隊の暗殺者であり、格闘でもあのホブス(ドウェイン・ジョンソン)と互角に渡り合うほどの圧倒的強さをもつイアン。 そんな強大な敵を前に、ドミニクら最速メンバーは最後の戦いに挑む。


「ファーストアタックバギー」:概要

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード7】 劇中車両のAARバラクーダのスペック

映画「ワイルドスピード7 スカイミッション」の峠のワインディングにおいてのバスアクションシーン。そのバスアクションシーンの動画途中で登場するのが「デッカード・ショウ」が運転する「ファーストアタック(軍用バギー)」。悪路での高い走破性やポテンシャルが注目されました。

この「ファーストアタックバギー」についてですが映画用に6台製作されて、3台だけ生き残ったということです。この「ファーストアタックバギー」ですが「ワイルドスピード」の車両監修を行う「デニス・マッカーシー」氏によって2014年に構築。

また、生き残った車両は、映画プロモーションのイベント展示にも使用されていたようです。尚、公道走行はできないカスタムマシンとして開発されています。


「ワイルドスピード7/ファーストアタックバギー」:スペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード10】ジゼル(ガル・ガドット)は生きていた?

この車両スペックですがパワーユニットはLS3型V8エンジンカスタム で排気量は6200cc(最高出力:500馬力)。マグナフロー製エキゾースト。

トランスミッションは、ターボ400ミッション(3速AT)。足回りは、ウィルウッドブレーキ、USホイール16インチ(前8J/後10J)。

インテリアは、ロールバー、スパルコ製ステアリングなど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。