【佐田正樹】愛車XJ400佐田ビルダーズ/福岡連合デメキン仕様

この記事は4分で読めます

【佐田正樹】愛車XJ400佐田ビルダーズ/福岡連合デメキン仕様

あわせて読みたい記事:【藤森慎吾】愛車のバイクのホンダ・ヨンフォア購入理由やスペック

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】吉沢亮(マイキー)のCB250Tバブの仕様・価格

あわせて読みたい記事:【湘南純愛組!】登場車種ー嘉手納南風の紫のケンメリスカイライン

お笑い芸人のバッドボーイズで有名で総長系YouTuberとしても人気がある「SATAbuilder’s(佐田ビルダーズ)」の「佐田正樹(作田晴男)」さん。10代の頃は元暴走族でバイクを族仕様に仕上げて乗り回していたこともありバイクが大好きということです。そして、そのバイク愛が凄いということで注目となっています。今回は、「佐田正樹」さんの愛車の中型自動二輪編として「ヤマハ・XJ400D」に注目です。


「佐田正樹さんのプロフィール」

あわせて読みたい記事:【ヤンキー漫画映像化ランキング】ドラマ化、映画化して欲しい作品がズラリ

  • 名前:佐田 正樹(さた まさき)
  • 生年月日:1978年9月13日
  • 職業:日本のお笑い芸人、俳優、YouTuber。吉本興業所属。バッドボーイズのツッコミ担当。
  • 出身地:福岡県糟屋郡篠栗町出身(2013年11月「篠栗町ふるさと観光大使」に就任)
  • 身長:173cm
  • 体重:67kg
  • 血液型:A型
  • 出身校:福岡第一高等学校卒業
  • 経歴:元・福岡連合二代目総長及び暴走族「幻影」の元総長で、当時の福岡では最大勢力を誇った。かつて福岡少年鑑別所に1か月収容されていた。楽しみはビデオ鑑賞であり、この時に観た『ジュラシック・パーク』に衝撃を受け、現在でも最も好きな映画だという。逮捕されても高校を卒業できた理由は、親が「卒業させてほしい」と要望し、先生が鑑別所にいるということではなく、入院ということにしたためであった。
  • 暴走族を引退してどうしようもない毎日を送っていた佐田が、担任の教師に「将来何がしたいんだ?」と訊かれ、俳優か歌手になりたいと答えると、「お前は歌手ってガラじゃないし、俳優は台詞を覚えるのが難しい[5]から、清人とお笑いやれ」と促され、福岡第一高等学校の同級生で同じく暴走族の「福岡連合」出身の大溝清人と1997年4月に「バッドボーイズ」を結成。小学生から芸人になるまでを描いた自伝著書デメキンに詳しいことが書かれている。

「佐田正樹さんの愛車・XJ400D」:概要

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】山田裕貴(ドラケン)の愛車ゼファーの仕様

「ヤマハ・XJ(エックスジェイ)400」は、エックスジェイという表記を捩ってペケジェーと呼ぶ人もいる中型自動二輪。1980年6月にデビュー。400ccクラスのツインカム4気筒モデルとして先陣を切った1979年4月発売の「カワサキ・Z400FX」のライバル車としてヤマハとしては初となる400ccDOHC4気筒モデルです。搭載された空冷DOHC2バルブ4気筒エンジンには、SUキャブと4-1-2方式の集合マフラーを採用し、45馬力。当時から今日に受け継がれるヤマハの「軽量・スリム・コンパクト」という設計思想に基づいて、セルモーターやジェネレーターがシリンダーブロックの背後に配置されており、エンジンは並列2気筒なみのコンパクトサイズを実現。また、足つき性は良く、サスペンションのセッティングはややソフトながら、相応の安定性を発揮していた。XJ400はスタイルと操縦性にバランスが取れたヤマハらしい洗練されたスタイリング。その後、「XJ400D 」が1981年6月発売。ポイントは、左右2本の4本出しマフラー(正確には4-2-4方式)とマフラー後端のクリフカット形状となっています。乾燥重量は180kg。YICSを装備し、XJ400(I型)よりも中速域の出力特性と燃費が向上。またフロントのディスクローターは穴開きとなりエンジンはブラックアウト、ミラーが角型、セミエア・タイプのフロントフォーク、リアアジャスタブルダンパを装備しています。


「ヤマハ・XJ400D」:スペック/価格

  • 全長/幅/高:2060/760/1130mm [2145/830/1135mm] {2100/725/1235mm}
  • シート高:785mm[760mm]{785mm}
  • 車軸距離:1405mm [1420mm] {1420mm}
  • 車体重量 :180kg(乾) {179kg(乾)}
  • 燃料消費率:52.0km/L [54.0km/L] ※定地走行テスト値
  • 燃料容量:16.0L [13.0L] {19.0L}
  • エンジン:空冷4サイクルDOHC四気筒
  • 総排気量:398cc
  • 最高出力:45ps/10000rpm [42ps/10000rpm] {55ps/11500rpm}
  • 最高トルク:3.5kg-m/8000rpm [3.4kg-m/8000rpm] {3.5kg-m/10000rpm}
  • 変速機:常時噛合式6速リターン
  • タイヤサイズ:前3.00S19-4PR 後110/90-18(61S) [前3.25S-19-4PR 後130/90-16(67S)] {前90/90-18(51H) 後110/90-18(61H) }
  • バッテリー:FB12A-A
  • プラグ:※2つの場合は手前が、3つの場合は中央が標準熱価 D8EA/D7EAまたはX24ES-U{D8EA}
  • オイル容量:全容量2.9L 交換時2.2L フィルター交換時2.5L
  • スプロケ:前16|後45 {前16|後46}
  • チェーン サイズ:530|リンク104{サイズ520|リンク106}
  • 車体価格:452,000円(税別)[465,000円(税別)] {538,000円(税別)}
  • ※スペックはXJ400D
  • ※[]内はXJ400SPECIAL
  • ※{}内はXJ400ZS

「佐田正樹(作田晴男)さんのXJ400佐田ビルダーズ仕様」

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】羽宮一虎の愛車カワサキKH400(ケッチ)

「佐田正樹」さんが、青春時代の思い出として乗っていた「ヤマハ・XJ400D」を愛車として購入。

もちろん、カスタマイズされており、今後もカスタムは進行していくようです。ボディカラーはシルバー。

現在では、カスタムとしてフルBEET仕様(BEET製フロントフェンダー、BEET製サイドカバー、BEET製ポイントカバー、BEET製リアテールカウル)、タンデムバー、川口シート、集合管マフラー、ステンメッシュホース、プラグコード、絞りハンドル、社外グリップ、別体式ブレーキタンク、クリアウインカー、ナポレオンミラー、マーシャル製イエローヘッドライト、タンクエンブレム(社外ゴールド→純正シルバー)、社外リアショック、ゴールドリムホイール仕様…etc。


「佐田正樹さんのXJ400Dデメキン(福岡連合)仕様」

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】場地圭介の愛車スズキGSX250E(ゴキ)

漫画「デメキン」の実写版で登場した「佐田正樹」さんの「ヤマハ・XJ400Dデメキン(福岡連合)仕様」です。実際、「佐田正樹」さんが福岡連合時代に愛車として乗っていたカスタムマシンのレプリカです。

ロケットカウル、ライト、RPM製集合管マフラー、アップハン、青グリップ、ビタローニミラー、オイルクーラー、アンコ抜きシート…etc。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。