【ノスタルジック2デイズ】生産7台の赤のケンメリGTRが販売に

この記事は2分で読めます

【ノスタルジック2デイズ】生産7台の赤のケンメリGTRが販売に

あわせて読みたい記事:【ノスタルジック2デイズ】 R31ハウスGTS-Rの価格・仕様

あわせて読みたい記事:【国産・限定モデル】 生産台数30台以下の激レア&高額ベスト5

あわせて読みたい記事:【RISING Z(ライジング)】S30Zゼロヨン仕様スペック

旧車イベントの中でも毎年注目される、クラシックカー(旧車)の雑誌「NostalgicHero」 「ハチマルヒーロー」 「NostalgicSPEED」が合同で主催する日本最大級のクラシックモーターショーの「Nostalgic2days(ノスタルジック2デイズ)。このイベントでは、国産クラシックカーを中心にあらゆる旧車ショップ、パーツメーカー、レストアショップが集結し、貴重な車両展示に限定グッズまで楽しめる内容となっています。そして、今回は10周年特別企画として「ジャパンプレミアムゾーン」と題して選ばれた9台の旧車たちが展示されると同時に購入可能となっています。そこで、注目できる1台をご紹介いたします。

注目の1台は、旧車・名車の専門店の「Rocky Auto(ロッキーオート)」社の「日産・スカイライン GT-R(KPGC110)」、通称:「ケンメリGT-R」です。

「ケンメリGT-R」は、先代モデルの「ハコスカGT-R(KPGC10 / PGC10)」同様に「S20」型エンジン(排気量:1,989cc 160ps / 7,000rpm、18.0kgm / 5,600rpm)を搭載し、専用ラジエータグリル、前後オーバーフェンダー、リアスポイラー等を装備する他、「ハコスカGT-R(KPGC10 / PGC10)」では標準でなかったラジオが標準装備とされています。

排出ガス規制の影響もあり、わずか197台が生産され、うち195台が市販されたのみで終了しているという希少モデルでも知られています。

なお197台のうち市販された195台、残りの2台はレースカーの試作車とされています。1972年10月の第19回東京モーターショーに「ハードトップ2000GT-Rレーシング仕様」を出品されていましたが、レースに出場することはありませんでした。

製造台数が197台となった理由には、三国工業から購入した「S20」型エンジン用のソレックスキャブレターが、197台分だけ残っていたためという説が有力です。

ただでさえ生産台数が197台という希少モデルだりながら、さらに日産の資料によればボディカラーが「赤」の「ケンメリGT-R」というのは生産台数7台という超希少なモデルなのです。

車体番号は、KPGC110-000185となっています。走行距離は、15,100kmと45年の歳月を経た個体としては、走行距離も少なくコンディションも抜群な状態です。

フルノーマルの状態を保っている個体で、欠品パーツもありません。

気になる車両価格は、ASK(価格応談)です。


「日産・スカイライン GT-R(KPGC110)」:スペック

  • 年式:1973年(昭和48年)4月
  • 型式:KPGC110
  • 全長:4,460mm
  • 全幅:1,695mm
  • 全高:1,380mm
  • ホイールベース:2,610mm
  • 車両重量:1,145kg
  • エンジン型式:S20
  • エンジン形式:直列6気筒 DOHC 24バルブ
  • 排気量:1,989cc
  • ボア × ストローク:82.0mm × 62.8mm
  • 圧縮比:9.5
  • 最高出力:160ps / 7,000rpm
  • 最大トルク:18.0kgf-m / 5,600rpm
  • 燃料供給装置:ミクニ製ソレックス N40PHHキャブレター ×3
  • トランスミッション:5MT
  • 駆動方式:FR
  • サスペンションシステム:F ストラット / R セミトレーリングアーム
  • ブレーキシステム:F/R ディスク
  • 生産台数:197台

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。