【シュパン・ポルシェ962CR】悲運な生産6台のスペックと価格

この記事は3分で読めます

【シュパン・ポルシェ962CR】悲運な生産6台のスペックと価格

あわせて読みたい記事:【ポルシェ】史上最高の「ポルシェ 911」シリーズ:ベスト10

あわせて読みたい記事:【ランボルギーニディアブロGT】限定80台の最強モデルが競売に

あわせて読みたい記事:【テスタロッサケーニッヒ】外観、馬力でフェラーリに訴えられた?

希少なモデルの中でもとりわけ少ない生産台数といえる、わずか6台ほどの生産しかされていないといわれる「シュパン・ポルシェ(Schuppan Porsche)・962CR」が、「ビンゴスポーツ」社にて販売中とのことです。これまでも「ビンゴスポーツ」社は、「ランボルギーニ・ミウラ・イオタSVR」、「フェラーリ・348LM」といった非常に稀少なモデルを販売しているものの、「シュパン・ポルシェ(Schuppan Porsche)・962CR」は、悲運なヒストリーゆえに市場に出回ることは、まずないといわれているモデルなのです。「ビンゴスポーツ」社に記載の説明を要約すると下記の通りです。

  • 1994年式モデル:「ポルシェ シュパン 962CR」
    ・グループCカーベースのロードカー
    ・フルカーボンボディ
    ・世界6台生産
    ・ゴールド/イエローの内外装色

「シュパン・ポルシェ(正式名称はポルシェ シュパン962C)」は、「ル・マン24時間耐久レース」で活躍した「ポルシェ・956/962C」を公道仕様へとコンバートしたモデルです。この「シュパン・ポルシェ(Schuppan Porsche)・962CR」が登場していた当時は、バブル時期となります。そして、日本企業が「ポルシェ」のワークス撤退に伴い活動の場を日本へと移していた元「ポルシェ」のワークスドライバーである、「バーン・シュパン氏(ポルシェ・956を駆って実際にル・マンを制したことがある)」が、「公道仕様の962Cを作って欲しい」という無茶なオーダーを行ったのがそのはじまりといわれています。

しかし、そのコンセプトがスタートすると直後にバブルが崩壊してしまい、そのオーダーは流れ、その後「アート・コーポレーション」がこれを引き継いで販売するも、あまりの価格の高さに販売台数はわずか(世界で)6台にとどまった、という悲運なヒストリーをもっているモデルなのです。

そして、今回販売されている「シュパン・ポルシェ(Schuppan Porsche)・962CR」は1997年登録のモデルです。経歴としては (ビンゴスポーツに来る)前のオーナーの手に渡ったのは2007年で、その時のボディカラーはシルバーでした。これを外装イエロー、内装ゴールドという、中東の王族を思わせるゴージャスな仕様へとレストアと同時に変更されたようです。新車時の価格ば約2億円で、当時日本ではもちろん、世界でも「もっとも高価」なスポーツカーとされていました。

エクステリアデザインのイメージは、伝説の名車「ポルシェ・959」のデザインを踏襲しており、それはフロント、リアともにその面影を感じることができます。ボディサイズは、全幅:1,990mmと幅の広い車ですが、もとがレーシングカーであるために「重心を中心に」集めていて、そのため室内は極めて狭いサイズとなっています。

ドライブトレインは、エンジンは3.3リッター空冷水平対向6気筒 SOHC ターボで最高出力は、600psとなっています。レース用ポルシェ5速ミッションを組み込み、デフはLSDを装備しています。そのポテンシャルは最高時速:370km/hとされています。

エクステリアのカウルは(レーシングカーなので)本来取り外し式ですが、この車両はメンテナンス性を考慮してヒンジを装着し「開閉式」に変更されています。3点式油圧ジャッキ、キルスイッチも装備しており、まさにレーシングカーそのものといった感じの仕様となっています。

サスペンションはダブルウィッシュボーンが採用されています。サスペンションはインボード式でスタビライザーは調整式となり、もちろんセッティングは公道向けに仕様変更されています。

インテリアデザインは、豪華そのもので、厚みのあるクッションとレザー(70-80年代のイタリア車っぽい)で覆われ、シートベルトもレザー同色のゴールドとなっています。また、もともとエアコンレスですが、後付けにてエアコン、そしてカーナビ、ETC、リヤビューカメラといった快適装備も取り付けられています。サイドシルは分厚く、ドアを開けていったんこのカーボン製サイドシルをステップしてシートに乗り込むような形状となっています。もともとシングルシーターのレーシングカーを2シーターに変更しているので、かなり無理な配置となっており、エアコン操作部も助手席上に張り出すことになっています。

なおシフトレバーはシートの右にあるゴールドのシャフトとシルバーのノブを持つものでペダル類はオルガン式、そして「クラッチ操作もレーシングカー同様のシビアさを持つ」ようです。「ビンゴスポーツ」社によると、ロードカーとしてのセッティングを持ち、もちろん公道走行用として登録が可能ではあるものの「相当なスキル」が必要だとされています。

ホイールは18インチセンターロック、タイヤはフロント255/35ZR18、リアは345/35ZR18を装着しています。脱着には専用のツールが必要、とのことです。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。