【メルセデスベンツ・300SL】石原裕次郎の遺産・愛車のスペック・価値

この記事は3分で読めます

【メルセデスベンツ・300SL】石原裕次郎の遺産・愛車のスペック・価値

あわせて読みたい記事:【西部警察 ガゼールオープン】 石原裕次郎の愛車のスペックとは

あわせて読みたい記事:【ロールスロイス・志村けん仕様】 ファントムをファンが乗り継ぐ

あわせて読みたい記事:【JDM/族車/旧車/街道レーサー】人気と評価から世界の博物館に展示される日本カスタム

石原裕次郎の墓は神奈川県横浜市の總持寺にある。昨年、そこで営まれた三十三回忌の際、まき子夫人(87)は「弔い上げとします」と告げた。それゆえ今年の命日、7月17日に法要はなく、時折、ファンが墓前で手を合わせる光景が見られるのみであった。

しかし、裕次郎が亡くなって34年目の「静かな命日」に、石原プロは大きな節目を迎えることとなった。本誌(「週刊新潮」)7月23日号で他にさきがけて報じた石原プロの「解散」。それを周知するためのあいさつ状が、マスコミなど関係各所に送付されたのだ。差出人は石原プロおよびまき子夫人である。

〈二〇二一年一月十六日(一九六三年一月十六日石原裕次郎起業)を持ちまして 株式会社石原プロモーションの商号を故石原裕次郎氏仏前に返還することに全員一致で決定致しました〉

とした上で、まき子夫人はこう記している。

〈石原裕次郎が亡くなる際に『俺が死んだら即会社をたたみなさい』これが遺言でした しかし俳優さん スタッフの皆さんがいつも生き生きとされていて会社に対する愛情の強さがひしひしと感じられ この人達ならば会社を お任せするべきと思い 遺言を言い出す事が出来なくなっておりました〉

が、ここへきて所属俳優の渡哲也舘ひろし神田正輝らに相談したところ、賛同が得られたため、〈遺言を実行〉したという。あいさつ状には、

〈この様な重大な事柄を突然記者会見も無しに発表致しますことをお許しくださいませ〉

とも綴られている。

石原プロ関係者によると、

「まき子さんが会見を開かないのは、やはり邦彦さんを養子にした事実をこれまで隠していたことが後ろめたいからでしょう。会見を開けば記者にそこを聞かれることになりますし」

“邦彦さん”とは、週刊新潮が報じた石原邦彦氏のこと。まき子夫人の弟の息子、つまり甥っ子で、以前は別の苗字だったが、近年、まき子夫人と養子縁組をしたため石原姓に。2018年には突如として石原プロの関連会社「石原音楽出版」の取締役に就任している。まき子夫人との「養子縁組」の事実を知っていたのは、ごく限られた関係者のみだった。

石原プロの役員らから“クニちゃん”と呼ばれている邦彦氏は現在50代で独身。まき子夫人が住む東京・成城の豪邸の敷地内にある別邸で実の父親、母親と共に暮らしている。まき子夫人の身の回りの世話をすることもあるが、養子になった後も、経営する世田谷区内の書店の店頭に立つ日々を送っているようだ。

「邦彦さんは本当に真面目で控えめな方。まき子さんの養子になって石原姓を名乗るというのは並のことではないですから、彼には少々荷が重いのではないかと心配しているくらいです」

石原家のことを知る芸能関係者はそう語る。

「悪い評判は聞こえてきませんが、ちょっと気になるのは酒について。周囲が体への影響を心配する飲み方をしていたようなのですが、数年前、まき子さんは『(邦彦さんが)酒をやめてくれてよかった』と周りに漏らした。跡を継ぐ決意を示すための断酒だったのかもしれません」

まき子夫人は、今回送付したあいさつ状で、今後、一般社団法人「ISHIHARA」が裕次郎の遺品等の保管、維持管理等を行うことも明らかにした。今月3日に設立された同法人の代表理事に就任したのは邦彦氏。裕次郎の遺産を受け継ぐべく、着々と準備が進んでいるのが分かる。

「まき子さんの頭には、裕次郎さんが亡くなった後、相続で苦労したことがあるのでしょう。あの時、銀行から何十億円も借金しましたからね。もっとも、その借金は小樽にある石原裕次郎記念館の収益で、数年で返済することができました」(前出の石原プロ関係者)

1991年のオープン当初は大勢の客で賑わった記念館は2017年に閉館。その際、裕次郎が愛したヨット「コンテッサIII」やロールスロイスなど、遺品の一部は小樽市などに寄贈された。

「衣服などの他の遺品は、記念館閉館にあたって成城の自宅の敷地内に建てた倉庫に保管してあります。ドラマ『西部警察』の撮影で使用した車両なども成城の自宅の駐車場で管理しているはずです」(同)

将来、邦彦氏が受け継ぐそれらの裕次郎の遺品の中で、最も象徴的な意味を持つのが、「ベンツ300SLガルウイング」。裕次郎が乗っていた当時、日本には2台しかなく、しかもメーカーに頼んで、丸いヘッドライトを縦長にカスタムした「裕次郎仕様」のビンテージカーだ。ちなみに当時、もう1台を所有していたのは力道山だった。

「バブル期にはマニアの間で10億円の値がついたこともある」(同)

というこの車。自動車ジャーナリストの国沢光宏氏によると、

「裕次郎さんが実際に乗った300SLということになればプレミアがついて、現在でも数億円の値がつく可能性があります」

ゆくゆくは邦彦氏のものとなるのは、こうした遺品だけではない。例えば、現在、自らも暮らす成城の豪邸の敷地面積は約1724平方メートル(約517坪)。成城にある不動産業者に聞くと、

「あの家の敷地は成城でも圧倒的に広い。土地の値段は広ければ広いほど下がる傾向があります。あの土地なら1坪あたり200万円くらいでしょうか。大手が買い取って50坪程度の土地に分割して売った場合、1坪あたり250万円になるかもしれない」

1坪200万円として全体で約10億3千万円。1坪250万円なら約12億9千万円という途方もない金額になる。その上、現在所有している不動産はこれだけではなく、

「晩年、裕次郎さんが療養したハワイのカハラ地区にある別荘は、今もまき子さんの所有になっています。また、ハワイにはこの別荘の他にマンションも所有しているはずです。国内だと、山梨県の山中湖付近に別荘を持っています」(石原家の関係者)

税理士の浦野広明氏の話。

「海外の不動産資産であっても、相続人の住所が日本であれば、日本で相続税を納付することになります。不動産や車などの遺品、資産の全てを評価する必要がありますが、納税総額が数億円に上る場合、資産の一部を売却して現金を作らなければならなくなる可能性もあるでしょう」

とはいえ、裕次郎の記憶が染みついた「ガルウイング」を売るわけにはいくまい。そこで注目されるのが、石原プロに残るカネ。8年前の時点で約25億円の内部留保があったことは「週刊新潮」7月23日号でお伝えした通りである。

「まき子夫人は邦彦さんが相続の際に苦労しないよう、この内部留保を確保してお金を残してあげたいと考えているはずです」(先の石原プロ関係者)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。