【ポール・ウォーカー】 コブラFAMエディションCSX1010

この記事は2分で読めます

【ポール・ウォーカー】 コブラFAMエディションCSX1010

あわせて読みたい記事:【フォードVSフェラーリ】劇中車両コブラ427のスペック・価格

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード3】主人公ポールとヴィンが出演していない理由

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード・シリーズ】劇中車両の人気車種総合ランキング

今回の「メカム・オークション」に登場するのが、「ポール・ウォーカー」が所有していたとされる「シェルビー427コブラ CSX1010」ということが明らかになり話題となっています。「ポール・ウォーカー」といえば、大ヒットカーアクション映画「ワイルドスピード」シリーズのブライアン役で多くの日本車でカースタントを繰り広げるだけでなく、実際にプライベートでも「日産・スカイラインGT-R」などの日本車を所有し日本車フリークであることでも有名でした。その「ポール・ウォーカー」がアメリカンマッスルカーも所有していたとは驚きです。


「ポール・ウォーカーのコブラFAMエディション」

あわせて読みたい記事:【Mecumオークション】ポール・ウォーカーのボス429スペック

この「シェルビー・コブラ」には「FAM=Ferrari’s Ass is Mine」というペットネームが与えられており、これは1964年6月4日に「キャロル・シェルビー」が会見にてコメントした言葉だそうで、つまりは「ル・マン24時間レースにて、フェラーリを捉える準備は整っている」ということなのだと思われます。ちなみにこの「シェルビー・コブラ」は、シェルビーのワークスカラーたるヴァイキング・ブルーではなくフェラーリの「ロッソ・コルサ」にペイントされており、インテリアもフェラーリっぽい「タンレザー」に。

なお、このクルマは1990年代後半に14台のみCSX1000スペックのコブラが生産された「コンティニュエーションシリーズ(継続生産モデル)。そのうちの2台のみが「FAMエディション」仕様を持ち、この個体はそのうちの一台です。搭載されるエンジンは427 FE 468 V8、出力は550馬力。トランスミッションはTremec製TKO600(5速)マニュアルだと紹介されています。

そのほかの装備・機能としては4輪独立サスペンション、ラック&ピニオン形式のステアリング、15インチホイール、ステンレス製ロールバー等。ボディはハンドビルト(職人叩き出し)のアルミ製。


「コブラ/Ferrari’s Ass is Mine」

あわせて読みたい記事:【コブラ427】キャロル・シェルビー所有のCSX3178の価格

言うまでもなく「コブラ」は自動車史に名を残す一台ではありますが、「ポール・ウォーカー」の所有であったこと、そして「キャロル・シェルビー」の「Ferrari’s Ass is Mine」という意気込みがこもった一台ということもあり、コブラ史上でもかなり高い部類の落札価格を記録することになりそうです。

カリフォルニアのグレンデールで開催されるMECUMオークションで3月19日から入札が開始されます。元々シェルビーコブラはクラシックカーの中でも希少性が高い車で珍しいフェラーリカラーなので高額で取引されそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。