【FD3S型改:TDC-057】 タモンデザイン仕様・スペック

この記事は3分で読めます

【FD3S型改:TDC-057】 タモンデザイン仕様・スペック

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格

あわせて読みたい記事:【HKS・ZERO-R】BNR32コンプリートのスペック・価格

あわせて読みたい記事:【令和に残す平成の名車たち】1989年ー2019年・平成元年編

「マツダ・RX-7(FD3S型)」:概要

ロータリーエンジンを搭載するピュアスポーツクーペモデルとしてデビューしていた「RX-7」は、シーケンシャルツインターボ付きの2ローターエンジンを搭載し、グレードの「タイプRS」と「タイプR」用が280馬力仕様、「タイプRB」のMT用が265馬力仕様、「タイプ」RBのAT用が255馬力仕様という設定でした。サスペンションは前後ダブルウイッシュボーンを採用し、「RS」用はビルシュタイン製を装着、「R」用は大径ハードサスペンション、「RB」用はスタンダード仕様とダンパーの種類が異なっていました。また、「RS」は5速とファイナルギヤの変速比&減速比を他のMTモデルとは違うものを採用し、より走りにふったセッティングとなっていたのが特徴です。このモデルは空力関係もかなり見直されていて、「RS」、「R」と「RB」の「Sパッケージ」に採用されるリヤウイングは翼端板付きでメインフラップを4段階に調整可能な仕様が装着されていました。フロントの冷却用開口部も拡大され、さらにエアクリーナーに空気を導入するためのみの専用ダクトや、ブレーキ冷却ダクトも追加されています。限定車「スピリットR」シリーズでは、2シーター5速マニュアル仕様の「タイプA」、4シーター5速マニュアル仕様の「タイプB」、4シーター4速オートマチック仕様の「タイプC」の3仕様が用意されており、3仕様ともに「BBS」製17インチホイール、レッド塗装ブレーキキャリパー、専用のソフト塗装インテリアパネルなど共通の内外装を採用した上で、それぞれ専用装備を備えています。安全装備として全車にデュアルエアバッグ、EBD付き4W-ABSを標準で装着していました。


「マツダ・RX-7 スピリットR タイプA」:スペック

  • 型式:GF-FD3S
  • 全長×全幅×全高:4,285×1,760×1,230mm
  • ホイールベース:2,425mm
  • トレッド(F/R):1,460/1,460mm
  • 車両重量:1,270kg
  • エンジン型式:13B-REW
  • エンジン形式:水冷直列2ローターICツインターボ
  • 総排気量:1,308cc
  • 圧縮比:9,0
  • 最高出力:280ps(206kW)/6,500rpm
  • 最高トルク:32.0kg・m(314N・m)/5,000rpm
  • トランスミッション:5MT
  • 駆動方式:FR
  • サスペンションシステム(F/R):ダブルウィッシュボーン
  • ブレーキシステム(F/R):ベンチレーテッドディスク
  • タイヤ(F/R):235/45ZR17 / 255/40ZR17

「FD3S型改:TDC-057スパイダー・タモンデザイン」

あわせて読みたい記事:【マツダ・RX-7フォーチュン】ワイルドスピード仕様のスペック

ベースモデルの「FD3S型:RX-7」のルーフを750mmダウン&ボディは片側35mmワイド化とした「タモンデザイン」のカスタムマシン「TDC-057スパイダー」。

ボディデザインは専用設計された流線的なヘッドライトを軸に構築されたシャープなものとなっており、自然なラインで複雑な立体構造を施したサイドビュー、そして片側35mmワイド化されたフェンダーおよびバンパー一体型のディフューザーがピュアスポーツらしいカスタマイズとなっています。

またスパイダー化されたルーフについては、7.5cmのルーフカットと同時にAピラーとフロントウインドウをチョップドし、究極のワイド&ロースタイルを実現しているということです。

フロントセクションのヘッドライトは全くの新規でモノコックから製作されたワンオフパーツです。仕上げにはチタンコーティングを施し、クルマの雰囲気に合わせた高級感をプラスしています。

ボンネットは、Vマウント化されたインタークーラーから導風板まで一体のデザインとしています。大胆なエグリが迫力ある一体感を生み出す。さらに、純正ボンネットよりも低くデザインされており、全体のロー&ワイド感をさらに際立たせています。

リヤセクションには、「Y34型:グロリア」のテールランプを移植することであえて「FD3S型:RX-7」の面影を払拭し、よりシャープなイメージを追求しています。さらにテールライトはLED化などの加工を施しています。

インテリアはダッシュボードやセンターコンソールなどをカーボンで作り込み、シートをアルカンターラで張り替えています。シートはあくまでも都会に似合うスーパースポーツをイメージしているためあえて純正を選択しているが、ポジションが低く下げられているということです。

さらにデザイン重視でも走れなければ意味がないという理由から、ボディ各部にルーフカットによって低下したボディ剛性を取り戻す補強を行い、パワーユニットとなるエンジンのロータリーエンジンは、13Bサイドポート+T51Rタービンの組み合わせで最高出力:450ps超のハイパワーを発揮する仕様となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。