【特攻の拓のバイク】加藤の愛車ホンダCB400SFスーパーフォア

この記事は4分で読めます

【特攻の拓のバイク】加藤の愛車ホンダCB400SFスーパーフォア

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】音速の四天王の人物と愛車スペックと中古車価格

あわせて読みたい記事:【ホットロード】バイク車種と春山(登坂広臣)のヨンフォアとCBR

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

ヤンキー漫画の金字塔とも言われる「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」。この漫画でバイク好きになったり、旧車や名車、改造パーツやメーカーなど、あらゆるバイク知識に興味も持つようになった方も多いのではないでしょうか。また、仲間の絆についても考えさせられる漫画です。その「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」から登場するキャラクターと愛車に注目してみたいと思います。今回は、「加藤(かとう)」の愛車「ホンダ・CB400SF」に注目です。


「疾風伝説・特攻の拓」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【AKIRA】愛車のZ2/カワサキ750RS鬼塚英吉GTO仕様

主人公は、県内で中の上の私立横浜港ヶ丘高校に通う1年生の浅川拓。彼は、学校では典型的ないじめられっ子のポジションを確立していました。その為、学校はただの辛い場所だと日々思っていました。ところが3学期のある日、後の拓の人生を変える転機が訪れます。それは、転校生の鳴神秀人との出会いでした。そこからその後、内部抗争が絶えない不良のふきだまりの私立聖蘭高校、通称「乱校」の1年D組に転校することとなる。話の流れで「爆音小僧」のメンバーとなります。最初の愛車は1980年代のバイクレーサーでありキングケニーとしてロードレース界で有名だったケニー・ロバーツからケニー・ロバーツ号こと「ヤマハ・FZR250R」でした。その愛車は乗り換えていき、ミラクルのバイクテクニックとケンカや友情で高校生活が大きく変わるという流れ。


「加藤(かとう)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】鮎川真里(マー坊)のCB400FOURヨンフォア

小説版にのみ登場する「加藤」。「市立純心学園高校(ジュンガク)」1年3組だったが、当時隣のクラスだった大珠に喧嘩を売り、病院送りにされ自主退学。その後、「鮎川真里(マー坊)」に「灰色の亡霊(グレイ・ゴースト)」と間違われシメられる。猩々似の容貌とゴツい筋肉質の体躯を持つ男。
愛車は、ボディカラーがガングレイメタリックの「ホンダ・CB400SF」。


「ホンダ・CB400SF」:概要

あわせて読みたい記事:【HARUKAバズーカ】サイバージャパンダンサーズの愛車カワサキZとホンダCB

1992年に登場したのが「ホンダCB400SF(スーパーフォア)」。東京モーターショーで注目を集めた「ホンダCB1000SF」の弟分であり、400ccながら堂々とした存在感のダイナミックでスポーティなスタイリングは、400スポーツクラスに新風を巻き起こしました。エンジンは「ホンダ・CB-1」用の直4エンジンがベースで、スペック的には特に突出してはいなかったが、スタイリング、動力性能、ハンドリング、実用性、扱いやすさなど、あらゆる面での圧倒的な完成度からSFは爆発的にヒット。クラスを代表するモデルとなったSFの完成度は、登場から四半世紀という長い年月の中でさらに熟成を重ね、極限まで磨き上げられている。ハイパーVTEC、PGM-FIなども取り入れ、ハーフカウル仕様のSB(スーパーボルドール)も追加。あらゆるライダーの要求に応えられる「最高のヨンヒャク」として、不動のロングセラーの座に君臨している。

「ホンダCB400SF」の魅力のひとつが、4気筒の集合マフラーらしい、太くて張りのあるサウンド。エンジンは1万3500回転でリミッターが作動するまで一気に吹け上がり、レスポンスも自然だ。1気筒当たりの作動バルブ数を回転数に応じて2本/4本に切り替える『ハイパーVテックRevo』は、高速道路のクルージングでは2バルブで穏やかに反応し、追い越し時は4バルブで鋭く車速を増す。ハンドリングも素晴らしく、どんなペースでもタイヤの接地感がしっかり感じられ、素直に旋回してフルバンク中の安定性も抜群。トータルバランスの良さは世界でもトップレベル。


「ホンダCB400 SUPER FOUR」:スペック/価格

  • モデル名:HONDA CB400 SUPER FOUR[2021 model
  • 全長:2080
  • 全幅:745
  • 全高:1080
  • 軸距:1410
  • シート高:755
  • (各mm)
  • 車重:201kg
  • エンジン:水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ
  • 排気量:399cc
  • 最高出力:56ps/11000rpm
  • 最大トルク:4.0kg-m/9500rpm
  • 変速機:6段リターン
  • 燃料タンク容量:18L
  • タイヤサイズ:F=120/60ZR17 R=160/60ZR17
  • 価格&色:黒=88万4000円/赤、青=92万8400円

「ホンダ・CB400SF」:モデル経緯

あわせて読みたい記事:【山田裕貴】愛車のゼファー400ドラケン東京リベンジャーズ仕様

1991年の東京モーターショーで「PROJECT BIG-1」コンセプトをもとにしたスタイルで登場して話題を呼んだホンダCB1000SF、そのスタイルを一足早く取り入れ、1992年春に市販車として登場したのが初代CB400SF。その後バージョンR/Sなどを追加。1999年に初のモデルチェンジでハイパーVTECエンジンを搭載。現行モデルの基礎が固まったのがPGM-FIを採用した2007年のモデルチェンジ。以後も2014年のLEDヘッドライト採用、2017年の最高出力アップなど進化を続けている。


「1992年モデル:CB400 SUPER FOUR」

初代モデルは、ホンダCB1000SF譲りの堂々たるスタイルと、扱いやすさとスポーティさを高いレベルで兼ね備え一躍人気モデル。


「1995年モデル:CB400 SUPER FOUR バージョンR」

人気に応えて追加されたスポーティ仕様。ビキニカウルを装着、エンジンや吸排気系、サスやフレームも改良して大きく性能アップ。


「1996年:CB400 SUPER FOUR バージョンS」

バージョンRのメカニズムに、スタンダードモデルの外装を組み合わせたモデル。MC後にはブレンボ製ブレーキも採用。


「1998年モデル:CB400 SUPER FOUR 50周年記念車」

バージョンSをベースにしたホンダ創業50周年の記念モデル(限定500台)。白地に赤いストライプのスペシャルカラーが特徴。


「1999年モデル:CB400 SUPER FOUR」

初のモデルチェンジ。基本的なスタイルはそのまま新設計のフレームで軽快さをアップ、エンジンにも初めてハイパーVTECが採用された。


「2003年モデル:CB400 SUPER FOUR」

2002年のマイナーチェンジを経て、再び各部にさらなる改良。ハイパーVTEC SPEC3の採用などで扱いやすさが高まった。


「2007年モデル:CB400 SUPER FOUR」

2度目のモデルチェンジ。排ガス規制対応のためにPGM-FIが採用された。さらにハイパーVTECも、より緻密な制御の“Revo”へと進化。


「2014年モデル:CB400 SUPER FOUR」

基本メカニズムを踏襲し、LEDヘッドライトを新採用。ポジション設定もアップライトに見直され、ホイールやメーターも新型。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。