【ワイルドスピード】劇中車両:ブライアンのエクリプスのスペック

この記事は4分で読めます

【ワイルドスピード】劇中車両:ブライアンのエクリプスのスペック

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】 制作初期設定でのメイン車種一覧と登場人物

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

映画史に残る大ヒットのカーアクション映画「ワイルドスピード」シリーズ。振り返って見るとキャストも使用される劇中車両も素晴らしい。特に車は、世界的な名車、旧車、スーパーカー、しかもカスタマイズされたマシンがカーアクションを繰り広げます。初期の「ワイルドスピード」では日本の国産スポーツカーが多く登場しスポコンカスタムを流行させました。そのことに大きく貢献した人物は、ブライアン・オコナー役の「ポール・ウォーカー」でしょう。彼が第1作目でストリートレースに参戦したマシンは多くのファンに影響を与えています。ドムの「FD3S:RX-7」とゼロヨンでバトルした際に登場する「ブライアン」の「三菱:エクリプス」。その劇中車両に注目です。


「ワイルドスピード」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】劇中車両マキシムSEヴィンス仕様:スペック

『ワイルド・スピード』(原題: The Fast and the Furious)は、2001年公開のアメリカ映画で、あらすじとしては下記のようになります。L.A.では深夜、若者たちが大金を賭けたストリート・カー・レースに熱狂していた。ドミニクは仲間たちから一目置かれる天才ドライバー。彼はレースを挑んでくる無謀な連中を相手に1度のレースで1万ドルを稼ぎ出す。そんなある夜、ブライアンという新顔がやって来る。彼もまたドミニクに負けない驚異のドライビングテクニックを披露、ギャラリーの注目を集める。しかし、誰も彼が警察官だとは想像もしなかった。ブライアンは実は、最近多発している高級品を積んだトラックがハイスピード状態のままジャックされるという事件を追って、潜入捜査を行っていたのだった。


「三菱:エクリプス(2代目)」:概要

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード×2】 D53A型エクリプスGTS・スペック

1994年6月に1995年モデルイヤーとしてアメリカで2代目がデビュー。ギャラン(6代目)の基本コンポーネントを流用しており、シャシも同一のため部品の従来型との互換性も高かったため、カスタムベースとして人気となった。搭載エンジンは先代に引き続いて4G63を搭載しているが、世代が新しくなっており出力も230psへ向上している。足回りは新設計となり、より洗練されたサスペンション設計となり、フロントにはダブルAアームサスペンションを使用し、リアはマルチリンクシステムを搭載した。グレード展開は前輪駆動+クライスラー製420Aエンジンを搭載したRS、前輪駆動+4G63NAエンジンのGS、前輪駆動+4G63ターボのGS-Tおよび四輪駆動+4G63ターボのGSXがラインナップ。インテリアについて、ダッシュボードは先代と異なりベースとなったギャランに近いおとなしいデザイン。


「ワイルドスピード劇中車両:エクリプス・ブライアン仕様」:スペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】劇中車ドムのRX-7(FD3S):スペック

「ワイルドスピード」のストリートレースで登場するブライアンの「三菱:エクリプス改」。

レースシーンでは、エンジントラブルを起こしてしまうもののレースを終える。その後、警察に追われるドムを救出。劇中では爆破されてスクラップに。そのようなインパクトを残した「三菱:エクリプス」。劇中車両はどのようなカスタマイズが施されていたのか注目。

エクステリア:「Kawasakiグリーン」でオールペイント。エアロは、RoboCar full body kitを装着。フロントにカーボンスプリット、ルーフにカスタムスコープ、リアにAPR GT2スポイラー。

エンジン・足回り:420Aエンジン、75hp NOSシステム、HotShotヘッド、Injen coldエアインテーク、Bored-outスロットルボディ、ハイイグニッションコード、Stock5速ギアボックス、AEMクロスドリルドブレーキローター、タナベSSスプリング、…etc。

インテリア:フルカスタム…etc。

 


Mitsubishi 2.0: DOHC 420a Engine (Rebuilt)
NATURALLY ASPIRATED/NO TURBO
75hp Nitrous Oxide System (never fully installed, only for show)
HotShot header
Injen cold air intake
Bored-out throttle body
Upgraded spark plug wires

Note: What you’ve been reading on the internet and in Eddie Paul’s book is wrong. This car was NOT a 4G63 motor, it was NOT turbocharged and it did NOT make 220hp.

RoboCar full body kit
Custom fabbed lower front splitter (carbon – not used in the movie)
APR GT2- style rear wing
Custom roof-scoop (not functional)
Carbon fiber race-style mirrors
1997 headlights
Kawasaki green paint

Axis Model Se7en Wheel, 18″ (as used in the movie)
ADR M-Classic 19″ wheels (not used in the movie)
AEM cross drilled front brake rotors
Stock 5-speed gearbox
Tanabe SS springs
Energy Suspension bushings

Custom black and gray suede upholstery
Custom made A-Pillar gauge mount pod
Custom made passenger dash 3-gauge holder
VDO tachometer
VDO fuel gauge
VDO temperature gauge
VDO volt gauge
MonkeyBars custom made roll cage (not used in the movie)
Auto Indulgence neon green lights
Sparco pedal covers
Sparco shift knob

Alpine CVA 1005 head unit TV/DVD
Sony Mids and Tweeters
Two Sony amps
Two Sony 8″ woofers in a custom panel where the back seats used to be

140 Horsepower (at the crank) without nitrous
0-60 in 8.9 seconds (on 19 inch street tires)
¼ mile in 16.4 seconds at 84 mph
Top speed = 130 mph

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。