【サン・カン】ワイルドスピードからオビ=ワン・ケノービ出演で注目

この記事は4分で読めます

【サン・カン】ワイルドスピードからオビ=ワン・ケノービ出演で注目

あわせて読みたい記事:【ハリウッド映画で最も多くの車を破壊した俳優】名作出演者が揃う

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードシリーズ】ベストヒット映画興行収入ランキング

あわせて読みたい記事:【新垣結衣】恋人にしたい有名人ランキングで殿堂入りの理由と秘訣

「ディズニープラス」で配信が予定されている「ルーカスフィルム」の最新ドラマシリーズ「スターウォーズ/オビ=ワン・ケノービ」のキャストが発表され注目となっています。主人公の「ユアン・マクレガー」をはじめ、様々な大物キャストの1人に名を連ねたのが「ワイルド・スピード」シリーズで人気のキャラクターが含まれているからです。


海外ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」のキャスト

あわせて読みたい記事:【S30Z FuguZ】 ワイルドスピードの「サン・カン」仕様

「オビ=ワン・ケノービ」では、「ユアン・マグレガー」が伝説的なジェダイ・マスターを演じる設定。この「ルーカスフィルム」の最新ドラマシリーズである「オビ=ワン・ケノービ(原題)」の撮影は2021年4月より開始予定。物語の舞台は、「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」の10年後というもの。最大の敗北を味わった「オビ=ワン」は、シスの暗黒卿ダース・ベイダーになったジェダイの弟子、「アナキン・スカイウオーカー」の転落と腐敗に向き合うことになる。このたび、その注目の本作のキャストが一挙に公開になりました。以前から発表されていたように、アナキン・スカイウォーカー/ダース・ベイダー役として「ヘイデン・クリステンセン」が復帰。また、「モーゼス・イングラム(ドラマ『クイーンズ・ギャンビット』)」、「ジョエル・エドガートン(映画『ある少年の告白』)」、「ボニー・ピエス(映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』)」、「クメイル・ナンジアニ(映画『エターナルズ(原題)』)」、「インディラ・ヴァルマ(映画『ゴリラのアイヴァン』)」、「ルパート・フレンド(映画『プライドと偏見』)」、「オシェア・ジャクソン・Jr(映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』)」、「サン・カン(映画『ワイルド・スピード ジェットブレイク』)」、「シモーヌ・ケッセル(映画『モーターギャング』)」、「ベニー・サフディ(映画『アンカット・ダイヤモンド』)」の出演が決定なっています。


「ワイルドスピードからスターウォーズへ」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ジェットブレイクでハン復活の理由明らかに

今回、新たに発表されたキャストが演じるキャラクターは明かされていないが、「ジョエル・エドガートン」と「ボニー・ピエス」は「スター・ウォーズ」のオリジナル3部作の主人公であるルーク・スカイウォーカーの育ての親であるオーウェン叔父さんとベル叔母さんを演じたことから、おそらく2人は同役で続投するのではないかと言われているようです。そして、今回発表されたキャストの中には、「サン・カン」の名が挙がっており注目されています。それは、「サン・カン」が映画「ワイルド・スピード」で人気が高いキャラクター、ハンを演じている俳優だからです。彼は、2021年に公開予定の映画「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」で久々のカムバックを果たすことからも、注目を集めています。


「サン・カンをスターウォーズで採用する理由とは」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ハン復活でサン・カン不死身伝説が築かれる

この「サン・カン」が「オビ=ワン・ケノービ」に出演することに対して海外では様々な反応があるようです。アメリカの「Screen Rant」では、今回の「サン・カン」のキャスティングを深読みし、面白い説をあげていたようです。それは、「サン・カン」の「ワイルド・スピード」での役名が「ハン」であることから、もしかして「スター・ウォーズ」のハン・ソロと何か関係があるのではないかというものです。もちろんこの説に関してはジョークであることを前置きしていますが、2人の名前にはどちらも「ハン」とつくことから、こんな説を思いついたというのは、とてもユニークです。「オビ=ワン・ケノービ」の監督はドラマ「マンダロリアン」で高く評価された「デボラ・チョウ」、脚本は「キング・アーサー」の「ジョビー・ハロルド」となっています。2020年4月より撮影開始され、今後ディズニープラスで配信予定ということです。同じく「スター・ウォーズ」のスピンオフドラマシリーズには、映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のキャシアン・アンドーを主人公にした作品も予定されているということです。また「サン・カン」の出演する「ワイルドスピード/ジェットブレイク」の情報については下記の通りです。


「ハンの復帰についてヴィン・ディーゼルがコメント」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードTokyoDrift】登場車種カスタム内容一覧

映画「ワイルド・スピード」シリーズで主人公のドム役を務める「ヴィン・ディーゼル」が、2021年に公開予定の「ワイルド・スピード9/ジェットブレイク」についてアメリカのEWのインタビューで最新作について語っています。ちなみに映画「ワイルド・スピード9/ジェットブレイク」には、命を落としたと思われていたキャラクター、ハンがカムバックすることになっています。ハンは映画「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」で事故死し、「ワイルド・スピード SKY MISSION」では葬儀も執り行なわれています。ところが、殺害の実行犯の1人だったデッカード・ショウはファミリーに迎え入れられ、そればかりではなく、彼をメインにしたスピンオフ作品まで制作されることになりました。この一連の流れに疑問を抱いたファンは「ハンに正義を」という意味を持つハッシュタグ「#JusticeForHan」を制作し、ハンの名誉のために尽力してきたのでした。そんな動きもあってか、公式はその運動に呼応して、「Justice is Coming(正義は下される)」というコメント共に最新作にハンを復帰させたという経緯があります。

この一連の流れについて「ヴィン・ディーゼル」は、アメリカのEWのインタビューでハンのカムバックについて「ハンはシリーズに欠かせないキャラクター。覚えているかもしれないが、彼(ハン)はある意味で、ドム・トレットの数年の不在の原因を作っていた。メキシコで一緒に仕事をしていたのも彼、ドムの居場所を知っていたのも彼、そして、ドムが『TOKYO DRIFT』で戻ってきた時にはその橋渡し役にもなっている。だから、ハンというキャラクターには何か特別で魔法のようなものがあるんだ」とコメントしています。さらに、「映画を見ればそれを感じてもらえると思うが、その(ハン復活)本質には、家族に背を向けるなということだけでなく、家族をあきらめるな、ということがある。ストーリーを明かさずに言えば、最新作のテーマは「家族をあきらめるな」ということ」と、ハンのカムバックに含まれた感動すら覚える思いを明かしています。


「ワイルドスピード/ジェットブレイク」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード】スピンオフスーパーコンボシリーズ2を製作

世界的大ヒットとなっている「ワイルドスピード」シリーズの最新作にしてシリーズ9作目の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』のあらすじとは?

舞台は前作『ワイルド・スピード アイスブレイク』の5年後という設定。ドミニクは以前交際していたエレナとの間にできた息子ブライアンの良き父となるために、レティと共に平和な毎日を過ごしていた。ところがある日、何者かによってブライアンが誘拐される…。誘拐犯を追った先で見つけたのは、ドミニクの実弟ジェイコブ。彼はなんと、過去の敵であったサイファーの部下となっていた。自身の兄を越えるため、ドミニクの仲間に攻撃し始めるジェイコブ。自分の本当の家族との再会に動揺を隠せないドミニク。しかしドミニクは、苦楽を共にしてきたファミリーが危険にさらされることに憤慨し、実弟との戦闘に踏み切る!というあらすじとなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。