【シェルビー GT500】SEMAショーの打倒フェラーリモデル

この記事は3分で読めます

【シェルビー GT500】SEMAショーの打倒フェラーリモデル

あわせて読みたい記事:【シェルビー GT500】60セカンズの「エレノア」のスペック

あわせて読みたい記事:【フォード マスタングGT390】ブリッドの劇中車が発見される

あわせて読みたい記事:【ジョン・ウィック:チャプター2】登場するマスタングのスペック

「SEMAショー」は、さまざまなカスタマイズマシンが登場するために多くのクルマ好きが注目するアメリカのカーイベントの一つです。今回、「シェルビー GT500」のカスタマイズマシンが出展されることで注目されています。1967年型「シェルビー GT500」といえば、ビッグブロック・エンジンを搭載したこのマシンは当時、最も速く最もパワフルなクルマの1台でした。しかし現代の基準に照らし合わせてみると、ルックスやサウンドは素晴らしいものの、今やそのポテンシャルは、0-400m加速ならばまだしもコーナリング性能や、ブレーキング性能など比較できないポテンシャルといえるのかもしれません。「SEMA ショー」に登場する「Revology」社は、「シェルビー GT500」に現代的なカスタマイズし10月31日からラスベガスで開催される今年の「SEMAショー」で公開するよていです。昨年の同ショーに出展された「シェルビー GT350」と同様、「Revology」社の「シェルビー GT500」は、「フォード」社および「シェルビー」社の両社からバックアップを受けているので、メーカー公認のレストアということになります。だが、単にオリジナルに忠実に復元されたクラシックカーとは違うのです。インテリアからパワートレイン、サスペンションに至るまで、全てが現代の部品でアップデートされているのです。

なんとレストアには、「フォード」社から認証を受けた新品の「マスタング」用スチール製ボディを使用し、これにスクープを備えるファイバーグラス製ボンネットを組み合わせ、クラシックなシェルビーには欠かせないバッジとストライプを装着しています。またテールライトとパーキング・ライトはLEDで、ヘッドライトはハロゲンが標準だが、625ドル(約7万円)を払えばLEDユニットにアップグレードできるということです。もちろん、フロント・グリルにはドライビング・ランプを装備しています。4輪とも17インチの10スポーク・シェルビー・ホイールには、ブリヂストン製「ポテンザ」245/5ZR17タイヤを装着しています。

インテリアはシート、内装、カーペットなど全て新品とし、ナッパレザー張りのバケット・シート、ウッドリムのステアリング・ホイール、メーター・クラスターはシェルビーの復刻品が取り付けられています。さらに、エアコン、キーレス・エントリー、パワー・ドアロック、Bluetooth対応サウンド・システムはすべて標準装備。パワー・ウィンドウはウィンドウ・クランク・ハンドルが電動で回転する仕様です。

パワーユニットは、現行のフォード「マスタング GT」と同じフォード製5.0リッターV型8気筒「コヨーテ」エンジンを搭載し、最高出力450hpと最大トルク55.3kgmを発揮するマッスルマシンとしています。オプションのスーパーチャージャーを装着すれば、最高出力600hp、最大トルク65.7kgmに高めることも可能ということです。トランスミッションはトレメック製「T-56」6速マニュアルが標準だが、オートマチックも選ぶことができ、「Revology」社によれば、このクルマのパワー・ウェイト・レシオは「フェラーリ458イタリア」と同等だということです。

標準仕様の足回りは、フロントが不等長コントロールアーム、リアはパナールロッド付き3リンク式に、「RideTech」製の調整式ショックアブソーバーとスプリングの組み合わせですが、「Revology」社はさらに高性能な3ウェイ式ショックアブソーバーや、プロツーリング仕様サスペンションも提供しています。ちなみに前者の価格は3,250ドル(約37万円)、後者は「電話でお問い合わせを」となっているということです。駆動系には減速比3.89のフォード製9インチ 31スプライン リア・アクスルシャフトに、EATON TRUETRAC製LSDを装備しており、ブレーキは4輪すべてにスロット入りローターを装着し、フロントが6ピストンの固定キャリパー、リアは4ピストンの固定キャリパーとなっているということです。

価格はというと、標準の450hpエンジン+6速MT仕様で、18万5,000ドル(約2,100万円)からとなっています。スーパーチャージャー付きモデルが、22万ドル(約2,500万円)、AT仕様になるとプラス5,000ドル(約57万円)を追加料金としています。全てのオプションを装備すると、30万ドル(約3,400万円)近くになるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。