【ロールスロイス ファントム】 8代目ニューモデルの詳細・価格

この記事は2分で読めます

【ロールスロイス ファントム】 8代目ニューモデルの詳細・価格

あわせて読みたい記事:【ロールスロイス】 Sweptail(スゥエプテール)を発表!

あわせて読みたい記事:【ロールスロイス シルバーシャドウⅡ】1979年式ドリフト仕様

あわせて読みたい記事:【スクランブル(OVERDRIVE)】あらすじ・登場車種リスト

イギリスの「ロールスロイスモーターカーズ」が7月27日に、イギリスにおいて、新型の「ロールスロイス ファントム」を発表しました。

「ロールスロイス ファントム」は、「ロールスロイスモーターカーズ」の最上級サルーンモデルです。

「BMW」グループの傘下での「ロールスロイスモーターカーズ」が送り出した初代の「ロールスロイス ファントム」は、2016年に生産を終了していました。新型の「ファントム」は、2世代目モデルとなります。

また、「BMW」グループに入る以前の「ロールスロイスモーターカーズ」は1925年、初代「ファントム」を発表しており、ここから数えると、新型は8世代目となるモデルです。

新型「ファントム」では、新世代のアルミ構造を採用するのが大きな特徴です。新開発のアルミスペースフレーム構造は、軽量で、剛性を約30%引き上げた設計となっています。この新しいアルミスペースフレーム構造が、将来の「ロールスロイス」の車のすべてに導入される予定ということです。

「ロールスロイス」の卓越した乗り心地を表現する「マジックカーペットライド」は、新しい軽量構造と最新のセルフレベリングエアサスペンションによって、さらに向上しています。

サスペンションは、電子制御ショックアブソーバーの調整システムを連続的に変化させるため、毎秒数百万回の計算を行う設計です。

また、フロントガラスにはステレオカメラシステムを装備しています。カメラからの情報に車体と車輪の加速度、ステアリング入力などのデータを組み合わせ、100km/hまでの領域で積極的にサスペンションを調整します。路面や走行状況に応じて、最高の乗り心地を実現します。

排気量:6.75リットルのV型12気筒ガソリンエンジンは、先代の自然吸気から、ツインターボに変更されています。

最大出力は571hpを発生するパワーユニットです。トランスミッションはZF製の8速が採用されています。

最大トルク:91.8kgmという豊かなトルクは、1,700rpmの低回転域から引き出されるセッティングです。


「ロールスロイス ファントム」:スペック・価格

  • フルモデルチェンジし、8代目となるロールスロイスの最上級サルーン
  • ブランド初の量産クロスオーバーSUVとして開発されている「Cullinan」と共有予定の新開発アルミニウム製プラットフォームを採用し、前型から30%剛性を向上

スペック

  • 全長×全幅×全高:5,762×2,018×1,646(mm)
    前型から全長-77mm、全幅+29mm、全高+8mm
  • ホイールベース:3,552(mm)(前型+19mm)
    200mm延長したロングホイールベースモデルを設定予定
  • エンジン形式:V型12気筒 6.75L ツインターボエンジン
    ピストン、クランクシャフト、補機類を新設計
  • 最高出力:563ps/5,000rpm
  • 最大トルク:91.8kgm/1,800rpm
  • トランスミッション:8速AT
    GPSシステムと組み合わせ、走行にあわせ最適に変速
  • 0-100km/h加速:5.3秒
  • 最高速度:250km/h
  • 車重:2,625kg(前型+75kg。装備により増加、車体単体では軽量化)
  • サスペンション:F ダブルウィッシュボーン、R マルチリンク
  • ホイール:22インチ
  • 48Vシステムで動作する、アクティブスタビライザー、4輪操舵システムを採用

その他スペック

  • 照射距離600mを誇るレーザー式ヘッドライトを装備
  • 後ろドアに伝統の後ろヒンジ式を採用
  • 厚さ6mmの二重ガラスウィンドウ、130kgの遮音材を使用し、100km/h走行時のノイズを10%低減
  • ヘッドアップ式ディスプレイを標準装備
  • ガラス張りダッシュボードを採用

「ロールスロイス ファントム」:価格

  • 価格:約5,200万円(円換算)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。