【フェラーリテスタロッサ】マイケル・ジャクソンのワンオフモデル

この記事は2分で読めます

【フェラーリテスタロッサ】マイケル・ジャクソンのワンオフモデル

あわせて読みたい記事:【フェラーリ275GTBプロトタイプ】生産2台のモデルが競売に

あわせて読みたい記事:【トヨタ2000GTボンドカー】2台存在したオープン仕様の軌跡

あわせて読みたい記事:【スーパーZ(S130Z)】 西部警察:大門専用車両のスペック

1987年に放映された、故「マイケル・ジャクソン」氏が出演する「PEPSI(ペプシ)」社のコマーシャルのためだけに「ワンオフで」製造された「フェラーリ・テスタロッサ・コンバーチブル」が中古において販売中とのことです。なお、通常に販売された「フェラーリ・テスタロッサ」はすべて「クーペ(クローズド)」で、オープンモデルは存在していません。しかも、この個体は以後、その他のCMや映画に登場することはなく、まさに故「マイケル・ジャクソン」氏が出演するCMのためだけに製作されたスペシャルマシンということになります。また、最近明らかになった事実によると、「フェラーリ」社が製造した「テスタロッサのオープンモデル」が一台だけ(今回のものとは別に)存在しているとのことです。その個体となるフェラーリ・テスタロッサ」は「フェラーリ」社の親会社である、「フィアット」社の元会長であった「ジャンニ・アニェッリ」氏(フィアット創業者の孫)のために作ったモデルで、こちらはオークションにて落札価格:1億5,000万円もの値をつけているようです。実際に「フェラーリ・テスタロッサ」をオープン化したのは「フェラーリ」社そのものではなくカリフォルニアのカスタムカービルダーで、その費用は「460万円(当時の金額なので、現在の貨幣価値だともっと高いようです)」ということで、かなりの改造費用が発生しています。

また、この個体についての状況は、走行距離:17,000マイルで、販売価格は「799,900ドル(9,000万円くらい)」となっています。通常の「フェラーリ・テスタロッサ」であれば、取引価格は3,500万円前後であり、当然ながら「ワンオフ」「マイケル・ジャクソン」という付加価値がこの車両を販売価格を押し上げている、ということになります。

ちなみに「フェラーリ・テスタロッサ」はイタリア語で、日本語だと「赤い頭」の意味しています。そして、その名の通りに、この「頭」はエンジンのヘッドカバーを意味し、「テスタロッサ」の名称はこれが赤くペイントされていることに起因している、とされています(そのルーツは1954年のフェラーリ500TR、1958年のフェラーリ250TRまで遡れる)。

この「フェラーリ・テスタロッサ・コンバーチブル」が「PEPSI(ペプシ)」のCMに登場するのはわずか数秒ですが、にもかかわらず完璧に「トップを閉じる」ことも可能な仕様で、かなりのクオリティを持つこともわかります。

「フェラーリ・テスタロッサ」は、日本においても非常に知名度が高く、ある意味では「フェラーリ」の象徴ともいえるモデルです。海外でもそれは同じであるようで、「マイアミ・バイス」に登場した個体が有名です。

なお「フェラーリ」社は今後「テスタロッサ」の商標を使用しない意向であり、商標権を更新しないために「テスタロッサ」は今後(ほかメーカーによって)家電に使用されることになる、とも報じられています。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。