【トヨタ2000GT SCCA】3台のシェルビーレーシング仕様

この記事は2分で読めます

【トヨタ2000GT SCCA】3台のシェルビーレーシング仕様

あわせて読みたい記事:【トヨタ 2000GT スピードトライアル】世界記録樹立の軌跡

あわせて読みたい記事:【スカイラインGT】 S54型は打倒ポルシェで神話を築いた名車

あわせて読みたい記事:【トヨタ・カローラレビン】TE27初代レビトレWRC勝利の軌跡

日本の名車の代表作ともいえる「トヨタ 2000GT」は、1967年の市販車発売の以前より大きな話題となっていました。それもそのはずで、開発の一環としてアメリカのモータースポーツに参戦してもいたのでした。アメリカのレースには、1968年にSCCAクラスCシリーズ(全13戦と最終戦)に参加しています。レースのマネジメントは「キャロル・シェルビー」に委託したものの戦績は、あまりよくなかったようです。

  • (出典:tomtomsvoice.jp)

というのもライバルは、「ポルシェ・911」、「トライアンフTR」、「ダットサン・SR311」などでした。そういった経緯もあり、「キャロル・シェルビー」はシーズン中に、元レーサーでレーシングモデルの製作にも通じており、「シボレー・コルベット」の開発チーフでもあったGM幹部の「ゾーラ・ダントフ(Zora Arkus Duntov 、1910-1996年)」に極秘アドバイスを求めています。

  • (出典:tomtomsvoice.jp)

それでも「ゾーラ・ダントフ」によれば、「手を尽くしたものの肝心のエンジンが駄目だったため、性能向上の打開策を得られず、成績挽回には至らなかった」と1995年のインタビューにコメントしています。それでも、1968年のSCCAシリーズにおいて、ワンツー・フィニッシュを3回も飾っています。そして最終戦には各ブロック(トヨタ 2000GT Class C)で勝ち抜いた21台がエントリーし、Dプロダクション・クラスで年間ランキング4位の戦績を残しました。


「1968年:SCCAシリーズ戦(アメリカ)結果」

  • 第1戦:2月25日 ⇒ 2位・4位
  • 第2戦:3月10日 ⇒ 失格
  • 第3戦:3月31日 ⇒ 3位・4位
  • 第4戦:4月21日 ⇒ 1位・2位
  • 第5戦:6月24日 ⇒ 2位
  • 第6戦:7月7日 ⇒ 2位・3位
  • 第7戦:7月21日 ⇒ 3位・5位
  • 第8戦:8月4日 ⇒ 3位
  • 第9戦:8月26日 ⇒ 失格
  • 第10戦:8月31日 ⇒ 1位・2位
  • 第11戦:9月9日 ⇒ 1位・2位
  • 第12戦:9月15日 ⇒ 2位・5位
  • 第13戦:10月13日 ⇒ 2位
  • 最終戦:11月23日 ⇒ 4位
  • ※最終成績=4位
  • ドライバー:デイブ・ジョーダン(23番、シャシーNo.10001)、スクーター・パトリック(33番、シャシーNo.10005)なおシャシーNo.10006は日本国内に戻り、スピードトライアル仕様のレプリカとして作り直されています。このスピードトライアルレプリカの車両は現在、トヨタ博物館で保管されています。シャシーNo.10001およびNo.10005は、アメリカで個人のコレクターが所有しているようです。

「トヨタ 2000GT SCCA」:スペック

  • (出典:supercars.net)
  • 【スペック】:ベースモデル
  • 年式:1967年
  • 型式:MF10
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,175mm × 1,600mm × 1,160mm
  • ホイールベース:2,330mm
  • トレッド(F/R):1,300mm / 1,300mm
  • 車両重量:1,120kg
  • サスペンションシステム(F/R):ダブルウィッシュボーン
  • ブレーキシステム(F/R):ディスク
  • タイヤ(F/R):165HR15
  • エンジン:3M型 水冷式直列6気筒 DOHC ソレックス型キャブレター ×3
  • ボア × ストローク:75.0mm × 75.0mm
  • 排気量:1,988cc
  • 圧縮比:8.4
  • 最大出力:150ps / 6,600rpm
  • 最大トルク:18.0kgm / 5.000rpm
  • トランスミッション:フロア式5速マニュアル
  • 駆動方式:FR
  • 最高速度:220km/h
  • 0-400m加速:15,9秒
  • 0-100加速:8,6秒

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。