【日産 スカイラインGTS-R(R31)】グループA勝利への道

この記事は4分で読めます

【日産 スカイラインGTS-R(R31)】グループA勝利への道

あわせて読みたい記事:【日産 スカイライン(R31型)】 復活した直6 DOHC搭載 

あわせて読みたい記事:「R30・スカイライン」 レース・西部警察・ストリート まとめ

あわせて読みたい記事:【日産 フェアレディ240ZG】 伝説の柳田春人のレーシングZ

1985年にデビューした「日産 スカイライン(R31型)」は、国内のツーリングカー選手権(JTC)のグループAが発足した年でもあります。しかし、「日産 スカイライン(R31型)」はモータースポーツを念頭に開発されデビューしたわけではなく、ハイソカーブームにおいて市場を独占していた「トヨタ マークII・チェイサー・クレスタ」の3兄弟に対抗することがコンセプトとなっていました。それでも、スカイライン開発担当主幹の「伊藤修令」氏は、モータースポーツとスカイラインは切り離せない関係ゆえモータースポーツ界での活躍を構想します。

しかも、1985年のインターTECにおいて「R31型」デビュー後も健闘していた先代モデルの「DR30型」が、「ボルボ」、「BMW」、「三菱 スタリオン」などより遅いリザルトとなっているのをみて、モータースポーツ界での栄冠を手にするべく開発が進められることになりました。それで、まず「セダン」しかなかった「R31型」のラインナップに1986年5月に2ドアクーペモデルの「GTS」をデビューさせることになります。そして、グループAに参戦するべくホモロゲーションモデルとして1987年8月に「GTS-R」を世界限定800台(実際には500台限定でレギュレーションクリアになるものの、採算が合わないために800台となっているようです。)でデビューさせることになりました。


「GTS-R」:スペック

  • 型式:HR-31型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,660 × 1,690 × 1,365(mm)
  • ホイールベース:2,615(mm)
  • トレッド(F/R):1,425 × 1,420(mm)
  • 最低地上高:140(mm)
  • 車両重量:1,340(kg)
  • エンジン型式:RB20DET-R型
  • エンジン形式:水冷直列6気筒DOHCターボ
  • 排気量:1,998(cc)
  • ボア × ストローク:78.0 × 69.7(mm)
  • 圧縮比:8.5:1
  • 最大出力:210ps / 6,400rpm
  • 最大トルク:25.0kgm / 4,800rpm
  • トランスミッション:5MT
  • 駆動方式:FR
  • サスペンション(F/R):ストラット / セミトレーリングアーム
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク

 


「グループA」の勝利への道

グループAレース仕様:レギュレーションで0.6mm以内のボアアップが可能となっていたために、総排気量:2,027ccまでボアアップされています。

「GTS-R」のグループA参戦は1987年の最終戦のインターTECにおいてデビューしました。最大のライバルは、すでにヨーロッパツーリングカー選手権(ETC)、ジャパンツーリングカー選手権(JTC)において活躍を見せていた「フォード シエラ」でした。「GTS-R・グループA」に搭載された「RB20DET-R」のスペックは、排気量:2,027cc (ノーマル:1,998cc)とし、圧縮比:8.0(ノーマル:8.5)、ブースト圧:1.37bar(ノーマル:0.68bar)の仕様で最大出力:370ps / 6,800rpm、パワーウェイトレシオ:3.19kgというスペックでした。

これに対して「フォード」勢は、エボリューションモデルの「フォード シエラ RS500」を登場させます。なんと最大出力:410ps、パワーウェイトレシオ:2.73kgにポテンシャルが引き上げられており、レースのリザルトは、1位:「フォード シエラ RS500」、2位:「フォード シエラ RS500」、3位:「BMW M3」、4位:「BMW M3」…15位:「スカイラインGTS-R(R31)」という結果でした。ちなみに「スカイラインRSターボ(DR30)」は12位でフィニッシュしていました。

1988年のJTCシリーズの「GTS-R・グループA」に搭載された「RB20DET-R」のスペックは、排気量:2,027cc (ノーマル:1,998cc)とし、圧縮比:8.1、ブースト圧:1.9bar(決勝:1.5bar)の仕様で最大出力:430ps(決勝:380ps)というスペックでした。

第1戦、第2戦では「GTS-R・グループA」が連勝、第3戦:「フォード シエラ RS500」、そして最終戦のインターTECにおいての決勝へ。最終戦のインターTECでは、「GTS-R・グループA」の「RB20DET-R」のスペックは、最大出力:420psとして臨むもののリタイアとなり、勝利は 「フォード シエラ RS500」のものとなりました。

1989年のJTCシリーズは、「GTS-R・グループA」に搭載された「RB20DET-R」の決勝仕様のスペックは、排気量:2,027cc (ノーマル:1,998cc)とし、圧縮比:8.5、ブースト圧:1.68bar)の仕様で最大出力:420ps、最大トルク:45.0kg-mというスペックでした。

  • 第1戦:「フォード シエラ RS500」
  • 第2戦:「GTS-R・グループA」(カルソニック)
  • 第3戦:「GTS-R・グループA」(リーボック)
  • 第4戦:「GTS-R・グループA」(リーボック)
  • 第5戦:「GTS-R・グループA」(リーボック)
  • 第6戦:「GTS-R・グループA」(カルソニック)
  • 最終戦インターTEC:すべて「GTS-R・グループA」リタイア
  • 1989年 JTCシリーズチャンピオン:「GTS-R・グループA」(リーボック)

「スカイラインGTS-R(NME)」1988年ETC仕様

ニスモ(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)がヨーロッパにおける活動拠点としてイギリスに設立した「NME」によって製作されたレーシングマシンです。1988年のヨーロッパツーリングカー選手権(ETC)レースに、アラン・グライス / ウィン・パーシー組で参戦しました。また世界3大耐久レースの1つであるスパ・フランコルシャン24時間レースにおいて、全日本スポーツプロトタイプ選手権で日産チームの一員として活躍したアンデルス・オロフソン選手を加えたトリオで、総合6位入賞を果たしています。

「スカイラインGTS-R(NME)」1988年ETC仕様:スペック

  • 年式:1988年
  • 型式:HR31
  • 全長:4,660mm
  • 全幅:1,690mm
  • 全高:1,325mm
  • ホイールベース:2,615mm
  • トレッド(F/R):1,460 / 1,465mm
  • 車両重量:1,180kg
  • エンジン型式:RB20DET-R
  • エンジン形式:直列6気筒 DOHC ICターボ
  • 排気量:2,029cc
  • 最高出力:294kW(400ps)/ 7,200rpm
  • 最大トルク:412N・m(42.0kgm)/ 6,000rpm
  • サスペンション(F/R):ストラット / セミトレーリングアーム
  • ブレーキ(F/R):13インチ ベンチレーテッドディスク / 12インチ ベンチレーテッドディスク
  • タイヤ(F/R):240‐625‐17 / 240-655-17

「リーボック スカイラインGTS-R」1989年JTC仕様

白いボディにリーボックの象徴であるイギリス国旗がペイントされたリーボック・スカイラインの人気は高く、1990年(平成2年)シーズン、1991年(平成3年)シーズンもリーボックカラーのR32型で参戦しました。このクルマは、長谷見昌弘/A.オロフソン組のドライブで3勝を挙げ、1989年のシリーズタイトルを獲得したリーボック・スカイライン(R31型)です。

「リーボック スカイラインGTS-R」1989年JTC仕様:スペック

  • 年式:1989年
  • 型式:KRR31
  • 全長:4,660mm
  • 全幅:1,690mm
  • 全高:1,325mm
  • ホイールベース:2,615mm
  • トレッド(F/R):1,460 / 1,465mm
  • 車両重量:1,160kg
  • エンジン型式:RB20DET-R
  • エンジン形式:直列6気筒 DOHC ICターボ
  • 排気量:2,029cc
  • 最高出力:294kW(400ps)/ 7,200rpm
  • 最大トルク:412N・m(42.0kgm)/ 6,000rpm
  • サスペンション(F/R):ストラット / セミトレーリングアーム
  • ブレーキ(F/R):13インチ ベンチレーテッドディスク / 12インチ ベンチレーテッドディスク
  • タイヤ(F/R):240‐625‐17 / 240-655-17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。