【B110型:サニー】 TOMEIレーシングTS仕様のスペック

この記事は2分で読めます

【B110型:サニー】 TOMEIレーシングTS仕様のスペック

あわせて読みたい記事:【スターレット ワークス】KP47トムス137E搭載:スペック

あわせて読みたい記事:【DR30 スカイラインRS】 RESTOREDのカーボン仕様

あわせて読みたい記事:【トヨタ スポーツ800 GRコンセプト】ヨタハチのレース車両

名車の中でも「TSレース(マイナーツーリング)」で活躍したマシンとして外すことのできないマシンが、「KB110型:サニー」です。この個体は1998年、オートサロン出展において「TOMEI」社の30周年の企画として「B110東名サニー」を復刻製作したものです。 その後も企画時に協力を頂いた車両オーナーである「自動車工房ヒロタ」社の元、 「TOMEI」社がエンジンメンテナンスをサポートという体制で現在もJCCA主催のF レースに参戦しているマシンなのです。

ちなみに「B110型・東名サニー」のヒストリーとしては、「B110型:サニー」が発売されて間もなく、「日産自動車」からは何一つパーツがリリースされていなかった頃に、「鈴木誠一」氏が運営する「東名自動車(現:東名パワード)」が独自のノウハウで「A12型:直列4気筒OHV」エンジンと車体をチューンし、マルゼンテクニカ東名サニーを完成させたことに始まります。

1970年11月に開催されたストックカー富士200マイルレースでのデビュー戦では、圧倒的優勢と見られたワークスカローラ勢を「鈴木誠一」氏のドライビングで一瞬で抜き去り華麗なる優勝を果たしたことは伝説となっています。この当時にしてプライベートチームが大企業の巨大ワークスチームを打ち破るという事は前例の無い快挙であり、全国のプライベーター達に大きな希望を与えたのでした。「日産自動車」もこの快挙により「サニー」用レーシングパーツを積極的にリリースし、それと合わせて「TSレース(マイナーツーリング)」は「B110型:サニー」一色になるほどの人気になったのでした。

後に「TSレース」には、「B110型:サニー」のライバルとして、圧倒的エンジンパワーで上回るが車体が重いDOHCエンジンの「トヨタ・スターレット(KP47)」と、低~中速域の加速が鋭く車体も軽いが空力的に不利でコントロールが難しい「ホンダ・シビック」が登場して、これら個性的な役者が人気を牽引していくことになりました。前座レースであるはずの「TSレース」は本レースを食う程の人気となったのでした。この「TSレース」と「B110型:サニー」は多くのドライバーとチューナーを育て、日本のレース界に多大なる影響を与えることとなっていきました。そして、現代にリメイクされた「TOMEI × HIROTA 東名サニー」は、現役のレーシングマシンとして現在活躍しています。


「TOMEI × HIROTA 東名サニー」:スペック

  • 年式:1970年式
  • 型式:KB110
  • エンジン型式:A12
  • エンジン形式:直列4気筒 OHV
  • ボア × ストローク:77.0mm × 70.0mm
  • 排気量:1,303cc
  • 圧縮比:12.5
  • 最高出力:170 ps ( 125.0 kw ) / 8500 rpm
  • エンジンカスタム内容:TOMEI カムシャフト 312°-7.75㎜、強化バルブスプリング、鍛造ピストン、H断面コンロッド、ヘッドガスケット、軽量プッシュロッド、オイルパン、インテークマニホールド、エキゾーストマニホールド
  • クラッチ:NISMO
  • トランスミッション:レースオプション F56A
  • デフ:NISMO製 H150 LSD
  • サスペンションシステム:TOMEI製オリジナル(当時物)
  • ブレーキシステム:NISMO製MK63キャリパー、Luvix
  • ホイール:RSワタナベ ・ エイトスポーク Rタイプ マグ(F:13/8J R:13/9J)
  • タイヤ:YOKOHAMA ・ ADVAN SLICK(F:210/490/13 R:230/500/13)
  • 富士スピードウェイ:1’57.590

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。