【ノスタルジック2デイズ】 現存10台以下のZ432Rが販売に

この記事は2分で読めます

【ノスタルジック2デイズ】 現存10台以下のZ432Rが販売に

あわせて読みたい記事:【ノスタルジック2デイズ】生産7台の赤のケンメリGTRが販売に

あわせて読みたい記事:【ノスタルジック2デイズ】 R31ハウスGTS-Rの価格・仕様

あわせて読みたい記事:【国産・限定モデル】 生産台数30台以下の激レア&高額ベスト5

旧車イベントの中でも毎年注目される、クラシックカー(旧車)の雑誌「NostalgicHero」 「ハチマルヒーロー」 「NostalgicSPEED」が合同で主催する日本最大級のクラシックモーターショーの「Nostalgic2days(ノスタルジック2デイズ)。このイベントでは、国産クラシックカーを中心にあらゆる旧車ショップ、パーツメーカー、レストアショップが集結し、貴重な車両展示に限定グッズまで楽しめる内容となっています。そして、今回は10周年特別企画として「ジャパンプレミアムゾーン」と題して選ばれた9台の旧車たちが展示されると同時に購入可能となっています。そこで、注目できる1台をご紹介いたします。日本に現存してる台数10台以下とされる「S30型:ダットサン(日産)・フェアレディZ432R」です。「Z432」自体、生産台数400台ほどであり、「Z432R」ともなれば、生産台数は約50台、販売台数は約30台、そして、現存数ともなれば10台以下とされる、超希少なモデルなのです。では、今回、どれほどの価格が付くのか?昨年、のオークションを振り返ってみると少し予想できるでしょう。


「フェアレディZ432」:落札価格

約400台弱しか生産されなかった「Z432」が2017年3月10日に行われたRMオークションに出品されたときのことです。予想落札価格は1,710万円から2,280万円とされていました。この「Z432」の個体は、日本でレストアを行い2013年にアメリカに輸出されたものでした。

ホイールこそオリジナルではないもののカラーリングを含め新車同様の仕上がりとなっています。ちなみに「Z432」のヒストリーについていえば、1969年に発売されたモデルでした。

日本国内市場向けに作られたモデルであり、アメリカでは販売されていないモデルでした。そのことからも注目が高い個体となっていました。

「Z432」に搭載されているエンジンはレーシングカーの「日産・R380」に搭載された「S20」型エンジンをデチューンしたユニットで、直列6気筒DOHC24バルブエンジンから最高出力:160馬力を誇り、わずか1,040kgと軽量な重量のおかげで、最高速度は210km/hまで到達するスペックを誇っていました。そして、車名の「432」は4バルブ3キャブレター2カムシャフトという意味でした。

そんな「Z432」ですが、1969年の新車価格は182万円と「240ZG」の150万円より32万円増しの価格でした。そして、この「RNオークション」における落札価格は、実際には1,920万7,166円で落札されています。今回、「ノスタルジック2デイズ」において、どれほどの価格が付くのか気になりますが、2,500万円以上のプライスが予想されます。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。