【日産スカイラインGT-R(R32型)】トップシークレット仕様

この記事は3分で読めます

【日産スカイラインGT-R(R32型)】トップシークレット仕様

あわせて読みたい記事:【トヨタ スープラ】V12トップシークレット仕様スペック・価格

あわせて読みたい記事:【日産 スカイライン GTS-R】ETC仕様のレストア完了する

あわせて読みたい記事:【東京オートサロン2018】東京国際カスタムカーコンテスト結果

今なお人気モデルであり名車として名高い「R32型:日産・スカイラインGT-R」に「R35型:GT-R」のパワーユニットを移植したカスタムマシンが登場し注目されていました。このカスタムマシンを製作したのは、ハードチューナーとして有名な千葉県の「トップシークレット」です。「東京オートサロン 2018」においてオークションが開催され「トヨタ」の「80型型:スープラ」に「センチュリー」のV型12気筒エンジンを搭載したカスタムマシンを出品したことで話題となっていたショップです。ほかにも「V35型:スカイライン」にV8エンジンを搭載したりと、パワーを追求したチューニングを得意とするショップです。

今回登場している「R32型:スカイラインGT-R」には、エンジンは「R35型:GT-R」の排気量:3.8リッターV型6気筒ターボを搭載しており、タービンは「トップシークレット」のR800+を組み合わせています。最高出力は800psということですが、「トップシークレット」にしては控えめセッティングとしているようです。理由としては、R35型のV型6気筒エンジンは幅があるため、これ以上大きなタービンを装着できなかったというのが理由です。

組み合わされるトランスミッションは、これも「R35型:GT-R」の6速セミオートマ仕様です。これを「R35型:GT-R」と同じようにトランスアクスル方式で搭載しており、前後重量配分を考慮しています。リヤシート下にトランスミッション、駆動方式は4WDとしており「R35型GT-R」のパワーユニットを完全移植したカスタマイズです。エクステリアデザインも変更されており、「R35型:GT-R」と「R32型:GT-R」ではホイールベースの長さもトレッドの幅も異なるために、エンジンからミッションに動力を伝えるドライブシャフトと、ミッションに付いているトランスファーからフロントタイヤに駆動力を伝達するドライブシャフトの2本をワンオフで製作しています。そして、リヤシートのスペース下にトランスミッションが見えるように、小窓を設けられているところがオシャレです。

さらにトレッドも異なるために、フロントのドライブシャフトもワンオフ製作となっています。リヤの足回りは「R35型:GT-R」用を加工して流用しているようです。そのため、フェンダーは前後片側3cmずつ拡大されており、フューエルリッドは、プッシュオープンタイプになっています。

ホイールは、フロントが10.5J×18、リヤは11J×18とし、OZ製の特注サイズが組み込まれています。ブレーキシステムは、ローターとキャリパーを「R35型:GT-R」用を流用しています。

マフラーは「R32型:GT-R」の純正を残しています。トップシークレットの永田代表は、「とにかくノーマルのR32GT-Rらしさを残したかった」とコメントしています。

とはいえ、サイドにはアクチュエーター付きのマフラーを設けて、パワー対策を施しているということです。

インテリアは、「R35型GT-R」の純正パーツを加工して移植しており、センターコンソール、シフトレバー、エアコンやナビといったところまでもスワップされています。


【日産スカイラインGT-R(R32型)】トップシークレット仕様:スペック

  • 車両名:VR-32 GT-R
  • ベース車名:日産スカイラインGT-R
  • ベース車型式:BNR32
  • ベース車年式:1993
  • 公道走行について:公道走行可
  • 車両販売:販売可
  • 東京国際カスタムカーコンテスト2017:チューニングカー部門最優秀賞受賞車両
  • エンジン型式:VR38DETT
  • 最高出力:730ps(536.9kw) / 6,000rpm
  • 最大トルク:100kgm-f(980.7Nm) / 4,700rpm
  • チューニング内容:
  • エンジン関連:ProcessRコンピュータMY17仕様、R800plus試作タービン、JUN製I断面コンロッド、80φインダクションキット、1000ccインジェクター、TRUST スポーツキャタライザー(EXマニホールド)、ワンオフ可変エキゾーストシステム(チタン90Φ)+BNR32サイレンサー、
  • トランスミッション関連:GR6(アッパープログラム)、ファイナルサポート、R35GT-R純正クラッチパック、Kansai LSD
  • サスペンションシステム関連:TOPSECRETスペシャル
  • ブレーキシステム関連:R35GT-R純正 エンドレスブレーキパッド
  • ホイール:OZレーシング Challenge HLT(F:10.5 × 18 R:11 × 18)
  • タイヤ:ブリヂストン POTENZA RE71R(F/R:275/35-18)
  • エクステリア関連:G-FORCE(エアロキット)、フロントリップスポイラー、フロントディフューザー、リアディフューザーPRO、フェンダーワイド加工
  • インテリア関連:BNR32GT-R純正シート、カーボンステアリング、R35GT-R純正メーター + GReddy sirius メーター…etc
  • 参考タイム:Fuji 1分47秒 つくば59秒

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。