【パイクスピーク】フォルクスワーゲンI.D.Rがレコードで優勝

この記事は2分で読めます

【パイクスピーク】フォルクスワーゲンI.D.Rがレコードで優勝

あわせて読みたい記事:【パイクスピーク】ホンダ(アキュラ)がNSXなど参戦車両を公開

あわせて読みたい記事:【ゴルフ GTI】 パイクスピークにツインエンジンマシンが登場

あわせて読みたい記事:【WRC 名車列伝】初期のラリーで活躍したFR・FFモデルたち

6月24日にアメリカ・コロラド州で行われた第96回:「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(PPIHC)」に新型の電動マシンである『I.D.R パイクスピーク』を投入した「フォルクスワーゲン」社が、2013年に「セバスチャン・ローブ」が打ち立てたレコードタイムを16秒短縮する新記録を樹立しました。「PPIHC」は海抜2,862メートルのスタート地点から19.9kmの道のり、156のコーナーを経て4,302メートルの山頂を目指すヒルクライム競技です。山のふもとから山頂まで一気に駆け上がることから「雲へ向かうレース(レース・トゥ・ザ・クラウド)」の愛称で親しまれていることでもしられます。実に今年で96回目の開催となった伝統的イベントに向けて「フォルクスワーゲン」社が開発した「I.D.R パイクスピーク」は、2基のエレクトリックモーターを搭載し、最高出力680馬力、0-60マイル(0-96/h)加速ではF1を凌ぐ2.25秒をマークするというモンスターマシンです。「フォルクスワーゲン」がパイクスピーク参戦をアナウンスし、プロジェクトをスタートさせたのは2017年10月18日のことでした。「フォルクスワーゲン」社は、それからわずか250日で新型EVプロトタイプを作り上げて本戦に臨んだのです。当初は2016年に『eO PP100』が記録したEV部門のレコードタイム、8分57秒118を破ることを目標に掲げていた「I.D.R パイクスピーク」は、「ロマン・デュマ」のドライブで7分57秒148という驚異的なタイムでフィニッシュしました。これにより「ロマン・デュマ」と「フォルクスワーゲン」社はEV部門のレコードを1分近く縮めただけでなく、2013年にローブが『プジョー208 T16 パイクスピーク』で記録した大会レコードである8分13秒878を16.73秒も上回ってのタイムを記録したのでした。


勝利をレコードタイムで手にした「ロマン・デュマ」のコメント

マシンをドライブした「ロマン・デュマ」は「自分たちの期待以上の結果を出せた。信じられないよ!テスト走行を始めた時から、大会レコードを塗り替えられるかもしれないと思っていた。ただ、それにはマシンに搭載されたテクノロジーから僕のドライビングまで、すべてのものが完璧に噛み合わなくてはならなかった。当日の天候も含めてね。アタックではすべてが噛み合って最高のフィーリングだった。パイクスピークの新レコードという結果が花を添えてくれたよ。未だにフォルクスワーゲンと僕が、このタイムを記録したという事実を信じられない。I.D.R パイクスピークはこれまでドライブしてきたマシンのなかで、もっとも驚きを与えられた1台だ。電気駆動ということは(内燃機関搭載マシンと)いろんなものが違っているから、プロジェクトを進めながら学ぶ必要があった。チームは細心の注意を払いながら仕事にあたっていたけど、同時にリラックスした雰囲気でもあった。望んでいた以上の結果を手にしたし、チームスピリットも素晴らしかったんだ。彼らの一員になれたことを誇りに思う」とコメントしています。

「フォルクスワーゲン・モータースポーツ」代表の「スベン・スミーツ」氏は、「I.D.R パイクスピークは、フォルクスワーゲン・モータースポーツが製作してきたマシンのなかでもっとも革新的かつ複雑な車両だった。今日はフォルクスワーゲンとプロジェクトに携わったひとりひとりにとって最高の日になった。パイクスピークのプロジェクトに関わった従業員全員が、限界を押し上げ、献身的な姿勢で取り組んでくれた。彼らがいなければ、課題をクリアする新たなソリューションを生み出すことは不可能だったよ」とコメントしています。

「フォルクスワーゲン」の取締役員である「フランク・ウェルシュ」博士も「100年以上続く歴史的イベントであるパイクスピークで、I.D.R パイクスピークが成し遂げたことは電動モビリティ界にとって大きな意味があることだ」とコメントしています。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。