【ポール・ニューマン】SCCAフェアレディ280ZXヒストリー

この記事は2分で読めます

【ポール・ニューマン】SCCAフェアレディ280ZXヒストリー

あわせて読みたい記事:【S30Z FuguZ】 ワイルドスピードの「サン・カン」仕様

あわせて読みたい記事:【ブリット】 映画でジャンプに使用されたマスタングが発見される

あわせて読みたい記事:【西部警察】 日産が劇中のマシンRSやマシンXなどを公式に公開

映画『ブリット』で「スティーヴ・マックィーン」が乗ったハイランド・グリーンの「マスタング」が数十年振りに姿を現し、大きな話題となりました。しかしこの度は、映画に登場したクルマではなく、有名な俳優が私生活で運転し、しかもサーキットで激しいレースを展開した1台のクルマが注目されています。車好きで有名だったアメリカの俳優、故「ポール・ニューマン」が駆った1979年型ダットサン「280ZX」(日本名:2代目日産「フェアレディZ」)が販売されているというのです。この個体はアメリカの「SCCA(スポーツカー・クラブ・オブ・アメリカ)」のCプロダクション選手権に参戦したシャシー番号「100026」であり、しかもフルレストアされているというコンディションなのです。


「ポール・ニューマンとフェアレディZ」

「ポール・ニューマン」が俳優として活躍していただけでなく、レーサーとしても成功を収めたことは有名なことです。実に「ポール・ニューマン」は、約20年間にわたって「日産/ダットサン」と密接に関わりました。そして、「日産:スカイライン(R30型)」においては、グレード設定された「ポールニューマン・バージョン」に彼のサインが描かれています。それにしても、「スカイライン」よりも「ポール・ニューマン」と関係が深いのは「ダットサン(日産):フェアレディZ」でしょう。彼はポルシェ、フェラーリで耐久レースに参戦した後、1978年には「フェアレディ280ZX」に乗り換えています。1979年のデイトナ、ル・マン、ワトキンズ・グレンでは「ポルシェ・935」のステアリングを握っていますが、「SCCA」のCプロダクション選手権には「フェアレディ280ZX」で参戦しました。1979年に同車で7回の優勝(そのうち6回はポール・トゥ・ウィン)と2度の最速ラップを記録する成績でした。その後も「ポール・ニューマン」は1980年代を通して、ボブ・シャープ・レーシングから「フェアレディ280ZX」とその後継モデルの「フェアレディ300ZX」で多数のレースに参戦を続けました。当然、「ポール・ニューマン」のレーサーとしての成功は「日産」にとって絶大な広告効果となったことは間違いありません。


「ニューマン・280ZXとメディア」

赤、白、青(トリコロール)のペイントが特徴的な「ポール・ニューマン」のクルマは、2018年の1月にクラシックカー専門サイト『Petrolicious』で、ドラン・レーシングによりレストアされたワイドボディの「フェアレディ280ZX」の映像が公開されて以来、脚光を浴び続けています。2015年にアダム・カローラが制作したドキュメンタリー映画『Winning: The Racing Life of Paul Newman』ではカーレーサーとしての「ポール・ニューマン」の軌跡が描かれており、当時のレースを戦う「フェアレディ280ZX」も登場します。カー・ナンバー33と様々なスポンサーのステッカーが貼られた「ダットサン:フェアレディ280ZX」は、現在購入希望者からの金額提示を受け付け中とのことです。しかも、車両本体に加え、多くのスペア・パーツや様々な当時の資料、記念品も付属するということです。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。