【木下優樹菜】愛車メルセデスAMGユッキーナ仕様スペックと価格

この記事は4分で読めます

【木下優樹菜】愛車メルセデスAMGユッキーナ仕様スペックと価格

あわせて読みたい記事:【ヒロミ】愛車のZ1/カワサキ900Super4イエローボール

あわせて読みたい記事:【中尾明慶】愛車の1971年式のプリムス・バラクーダのスペック

あわせて読みたい記事:【橋本環奈】歴代の彼氏や交際相手と環奈伝説と言われた事件や愛車

タレント、実業家として活動して注目を集める「木下優樹菜」さん。今回は「木下優樹菜」さんの愛車とドライブでのドライビング画像の投稿によって愛車の車種やドライビングが話題となっているので「木下優樹菜」さんの愛車やプロフィールに注目。


「木下優樹菜」さんのプロフィール

あわせて読みたい記事:【竹内涼真】愛車と交際相手の三吉彩花と吉谷彩子との過去と現在は

  • 名前:木下優樹菜 きのした ゆきな
  • 愛称:ユッキーナ
  • 生年月日:1987年12月4日
  • 出身地:東京都葛飾区
  • 血液型:A型
  • 身長 / 体重:166 cm / ― kg
  • スリーサイズ:88 – 58 – 86 cm
  • 靴のサイズ:24.5 cm
  • デビュー:2006年-2020年 2007年度 三愛水着イメージガール
  • 経歴:中華料理屋を営む家に、3人姉妹の三女として生まれた。葛飾区立葛美中学校卒業、渋谷高等学院修了。安室奈美恵に憧れて沖縄アクターズスクール東京校に通い、1998年8月の第1回沖縄アクターズスクール全国オーディションに合格。2000年に女猿オーディションに参加。2001年のモーニング娘。第5期オーディション『モーニング娘。LOVEオーディション21』では最終選考の9人に残り、番組内でも注目候補の扱いを受けたが、「協調性のなさ」を理由に落選。このとき、ソロデビューの話もあったという。その時一緒だった「高橋愛」とはオーディション後も親交がある。元ヤンキーであることはテレビ番組などで自ら公言しており、中学時代には副番長を務めていた。1対1、いわゆる「タイマン」でトーナメントを勝ち上がり、優勝すると番長になれるというローカルルールのもとで番長決定戦が行われたが、本人は決勝で負けたために副番長となった。2006年に渋谷でスカウトされ、芸能事務所「プラチナムプロダクション」に所属し、翌2007年、三愛水着イメージガールに抜擢。スポンサーモデルを務める傍ら、グラビア方面でも活動するようになる。また体育会系ノリの潔いおバカタレントとしてバラエティ番組に取り上げられるようになった。2007年よりフジテレビ系列『クイズ!ヘキサゴンII』に常連出演するようになり、同年夏には同じく常連出演者だった「里田まい」、「スザンヌ」と共に音楽ユニットPaboを結成し、CDデビューを果たす。2008年から集英社のファッション雑誌『PINKY』における3か月間の実習モデルを経て5月号をもって専属モデルになる。同年5月から『ハチワンダイバー』で女優デビューを果たす。その後も、連続ドラマでレギュラー・ゲスト出演したり、単発ドラマに出演したりする。『PINKY』は2009年12月に休刊(廃刊)となったが、その後同じ毎月23日発売の『ViVi』(講談社)で2010年5月号から専属モデルを務めた。2009年5月に当時『クイズ!ヘキサゴンII』で共演していた、お笑い芸人のFUJIWARAの「藤本敏史」との交際が報道され、同年6月7日放送の『お笑いワイドショー マルコポロリ!』内で交際していることを明言。その後、約1年半の交際を経て、2010年8月28日に婚姻届を提出。挙式は、同年12月5日に東京ディズニーリゾート内にあるホテルで、芸能関係者は一切招待せずに家族や親族ら身内のみで行われた。披露宴は2011年2月20日に行われ、木下サイドからモデル&アイドル仲間、藤本サイドから吉本興業の芸人仲間、さらに二人を結びつけた島田紳助をはじめとするヘキサゴンファミリーが参加。2012年2月13日、所属事務所を通じて妊娠4か月であることを発表。8月6日に長女を出産。緊急帝王切開だったことを著書『ユキナ産(ざん)。』で明らかにしている。2015年5月14日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』にて、第2子の妊娠を発表した。11月3日、次女を出産。2019年11月18日、実姉が勤務していたタピオカ店の経営者に対して自身のInstagramで恫喝めいたメッセージを送っていたことについて、所属事務所が公式に不適切であることを認め謝罪し、当面の芸能活動自粛を発表。2019年12月31日、「藤本敏史」と離婚。離婚後も姓は変えておらず、本名は「藤本優樹菜」のままである。

「木下優樹菜さんの愛車メルセデスAMG」

あわせて読みたい記事:【マギー】 愛車のベンツ・Cカブリオレと歴代彼氏とスッピン画像

「木下優樹菜」さんの愛車は、「メルセデスベンツAMG GLE53」。価格は1300万円オーバーから。


「木下優樹菜さんの愛車メルセデスAMGのドライブについて」

あわせて読みたい記事:【藤田ニコル】愛車メルセデスベンツGLBや運転免許すっぴん画像

「木下優樹菜」さんの愛車メルセデスAMGのドライブ画像が投稿され話題となりました。ニュース記事では下記の内容が取り上げられていました。助手席から撮られたその写真には、橋の上を渡っていることと、スピードメーターが真上、つまり12時の位置を指していることがわかる──。

「木下さんが運転していた車はメルセデスのAMGという超高級車。投稿された写真はスピードメーターのところだけに“ボカシ”が入っており、具体的な速度がわからないのですが、車種によっては150キロを指している場合も。コメント欄には“150キロ出してる”といった指摘も相次ぎ、炎上騒ぎになってしまいました。すでに複数の媒体にネットニュースでとりあげられてします」「彼女が運転している車種はAMGのなかの『GLE53』という車種のもので、実際に出ている速度はおよそ100キロ。走っているのは、おそらく首都高上にあるレインボーブリッジ。付近の最高時速は高速でも低く60キロになるので、違反となってしまう。メーターにボカシを入れたのにはそういった意図もあったのでは? そもそもは、アップすることを控えればいいだけの話と思いますが……。あと、気になるのは車好きな彼女が以前から所有していた右ハンドルのベンツとは違うものだということ。新しく自分で購入したものなのか、交際中の“カレ”のものなのかはわかりませんが、もし前者だとしたらかなり稼いでいると思われます。インフルエンサーとしての広告収入が大きいのでしょうか」という記事が取り上げられており、「木下優樹菜」さんの愛車の車種やドライビングが話題となりました。


「メルセデスAMG・GLE53」:概要

メルセデス・ベンツブランドの傘下で「究極のエクスクルーシブ性」を追求する「メルセデス・マイバッハ」とならび「究極のハイパフォーマンス」を追求するブランドとして、「メルセデスAMG」ブランドを立ち上げた。プレミアムSUVの最高峰であることを無言で語る、洗練されたダイナミズムをまとう迫力のエアロフォルム「GLE」。ラインアップは、3L V6ツインターボエンジン搭載の「GLE43 4マチック クーペ」、5.5L V型8気筒直噴ツインターボエンジン搭載の「GLE63 S 4マチック クーペ」を設定。今回、直列6気筒エンジン「M256」とISG (インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)を搭載した「GLE53 4MATIC+」、「GLE53 4MATIC+ パノラミックスライディングルーフ仕様」を設定。ISGはエンジンとトランスミッションの間に配置された、最高出力21馬力(16kW)、最大トルク250N・mを発生する電気モーターで、オルタネーターとスターターの機能も兼ねている。この電気モーターと「48V電気システム」により、従来のハイブリッド車のような回生ブレーキによる発電を行い、約1kWhの容量のリチウムイオンバッテリーに充電。エンジンが低回転時には、その電力を利用して動力補助を行うことで、高い効率性と、力強い加速を実現する。また、走行安定性を向上させる新システム「AMG ACTIVE RIDE CONTROL」をメルセデス・ベンツとして初めて搭載したことで、更にダイナミックなドライビングが可能となった。デザイン面においても、縦にルーバーが入ったAMG専用ラジエターグリルのほか、AMGスポーツシート、AMGパフォーマンスステアリング等、最新の専用装備を備え、メルセデスAMGモデルとしての存在感を高めている。さらに、「アクティブブレーキアシスト (歩行者/飛び出し/右折時対向車検知機能付)」などの最新世代の運転支援システムを標準装備した。「GLE63 S 4マチック クーペ」は左ハンドル、その他は左右ハンドルの設定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。