【ワイルドスピード】タイリース・ギブソンが新型コロナ対策として見倣うべき言動を公表

この記事は3分で読めます

【ワイルドスピード】タイリース・ギブソンが新型コロナ対策として見倣うべき言動を公表

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】ガル・ガドットのジゼルが続編で復活の可能性

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード×2】 D53A型エクリプスGTS・スペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードX2】R34型スカイラインGT-R・スペック

人気俳優の「タイリース・ギブソン」。彼の代表作の一つが「ワイルドスピード」シリーズでしょう。映画史に残る大ヒットのカーアクション映画「ワイルドスピード」シリーズ。振り返って見るとキャストも使用される劇中車両も素晴らしい。特に車は、世界的な名車、旧車、スーパーカー、しかもカスタマイズされたマシンがカーアクションを繰り広げます。初期の「ワイルドスピード」では日本の国産スポーツカーが多く登場しスポコンカスタムを流行させました。シリーズの9作目にあたる最新作の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は予告編が公開されるとわずか24時間で5億回の再生回数を突破。シリーズ9作目の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は、2021年に公開予定。「タイリース・ギブソン」自身はシリーズには第二作の「ワイルドスピード×2」から出演しており、シリーズの中でローマン役はブライアンの幼馴染み。ドライビングテクニックはブライアンと互角という設定にもかかわらず何故かお笑い役担当です。車好きとしても有名で「ワイルドスピード×2」の劇中車両のカスタマイズに関わっています。そのような「タイリース・ギブソン」に「ワイルドスピード」俳優らしい素晴らしいエピソードが事実として明らかになりました。


「タイリース・ギブソンの現実的な見倣うべき言動」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】ポール・ウォーカー代役で相応しい俳優が決定

最近、「タイリース・ギブソン」は滞在していたホテルで3部屋を予約していたそうで、部屋が余っていたということです。そこでホームレスの家族に、たとえ1晩だけだったとしても、そこを使ってほしいと思ったという。この理由について「タイリース・ギブソン」は、明らかにしています。

「タイリース・ギブソン」は、とくに新型コロナウイルスの影響で社会が混乱している今、ホームレスの人々のために何かをしなければいけないと感じているそうで、この出来事の一部始終を収めた動画のなかで視聴者に向けてこうメッセージを送っているいるのです。「俺たちは、自分たちが今生きているような世界で日々を過ごしたことはなかった。才能があり、賢く、素晴らしく、教育を受けた、有能な人々が職場から追い出され、人生をかけて働いてきたことすべてを失った。(中略)もし誰かが凍えるほど寒い外で寝ているのを見たら、目を逸らさないで。何かしてくれ。ブランケットを買うとか、食料やお湯とか、なにかをあげて。なんでもいい」

新型コロナウイルスの感染が拡大し、各国でホームレスの人々へのさらなる支援が呼びかけられているのが世界的な状況。コロナ禍で仕事を失い、そういった人々がホームレス状態になるケースも増えている。外出自粛をしたくとも、住む家がない。新型コロナウイルスは、社会的に不利な立場にいる人をより深く襲っています。ホームレスの人々を支援する方法としてお金を渡すことを思い浮かべる人も多いかもしれないません。しかし、「タイリース・ギブソン」が言うように、食事や寝具などを差し入れするなど、方法は様々です。「タイリース・ギブソン」は、「人々の背中を押したいだけ」とアメリカの「People」にコメントしています。

彼のこのような言動は、世界を襲っている新型コロナウイルスを皆で乗り越えていくために必要なことでしょう。「ワイルドスピード」シリーズでは、役柄としては自分のことばかり考え行動する、アウトローで自己中でありながら友情のあつさが際立ったローマンを演じていますが、「タイリース・ギブソン」の今自分に出来る最善の親切は、今の新型コロナウイルス対策として誰もが見倣うべき素晴らしいエピソードと言えるのではないでしょうか。


「ワイルドスピード9/ジェットブレイクでのローマンに期待」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9ジェットブレイク】ストーリーが明らかになる

素晴らしいエピソードが明らかになった「タイリース・ギブソン」の「ワイルドスピード」シリーズの最新作での活躍にも期待が集まりますが、最新作の「ワイルドスピード9/ジェットブレイク」の舞台は前作『ワイルド・スピード アイスブレイク』の5年後という設定。ドミニクは以前交際していたエレナとの間にできた息子ブライアンの良き父となるために、レティと共に平和な毎日を過ごしていた。ところがある日、何者かによってブライアンが誘拐される…。誘拐犯を追った先で見つけたのは、ドミニクの実弟ジェイコブ。彼はなんと、過去の敵であったサイファーの部下となっていた。自身の兄を越えるため、ドミニクの仲間に攻撃し始めるジェイコブ。自分の本当の家族との再会に動揺を隠せないドミニク。しかしドミニクは、苦楽を共にしてきたファミリーが危険にさらされることに憤慨し、実弟との戦闘に踏み切るというのが、あらすじとなっています。また「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」には、主人公の「ヴィン・ディーゼル」が演じるドミニク・トレットはもちろん、ローマン・ピアース役の「タイリース・ギブソン」、レティ・オルティス役の「ミシェル・ロドリゲス」、ミア・トレット役の「ジョーダナ・ブリュースター」、サイファー役の「シャーリーズ・セロン」、ラムジー役の「ナタリー・エマニュエル」、テズ・パーカー役の「クリス・“リュダクリス”・ブリッジス」といったレギュラーメンバーが続投しています。さらに、「ジョン・シナ」がドミニクの弟役ジェイコブ・トレットとして参加することに。また、アーティストの「カーディ・B」も出演しているという豪華キャスト陣となっています。しかし、ルーク・ホブス演じる「ドウェイン・ジョンソン」と「デッカード・ショウ」演じるジェイソン・ステイサムは、今回の「ワイルドスピード/ジェットブレイク」には参加していません。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ホブスとショウが出演しない理由が明らかに

また「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」で最も人々を驚かせたのは、2006年に公開されたシリーズ3作目の『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』で命を落としたと思われていたキャラクター、ハンのカムバック。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。