【アメリカで上半期最も売れたレコード】ベスト10 名盤強し!

この記事は2分で読めます

【アメリカで上半期最も売れたレコード】ベスト10 名盤強し!

あわせて読みたい記事:【ランキング】2017年版:世界で最も稼ぐスポーツ選手100人

あわせて読みたい記事:【世界で最も稼ぐミュージシャンランキング】現在でもあの人とは?

あわせて読みたい記事:【オースチン プリンセス】ジョン・レノンのイマジン登場車が競売

アメリカにおいて2017年の上半期において最も売れたレコードが明らかになりました。ベスト5から注目すると、5位には伝説的な歌姫「エイミー・ワインハウス」の「Back To Black」が、4位には名盤の「ボブ・マーリー」の「レジェンド」が入っています。

  • (出典:www.amazon.co.jp)

3位には映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のサウンドトラック(同3万枚)が入ったが、2014年の夏にリリースされたこの作品が、今だに売れ続けていることも興味深いことです。

  • (出典:movie00.seesaa.net)

2位は映画「ラ・ラ・ランド」のサウンドトラックで売上枚数は3万3,000枚です。

  • (出典:www.amazon.co.jp)

複数部門でアカデミー賞を獲得した「ラ・ラ・ランド」人気の高まりを受けて、このアルバムはビルボート200で最高2位まで浮上していました。作品がミュージカル分野の映画であることも、アルバムの売上を伸ばした理由と見られています。

  • (出典:Wstore.jp)

そして、栄えある2017年上半期にアメリカで最も売れたレコードはビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリーハーツ・クラブ・バンド」であることが明らかになりました。

(出典:universal-music.co.jp)

伝説的名盤として語り継がれるこのアルバムは発売50周年を記念して、リマスタリングを行った“50周年記念エディション”が発売され、世界的人気を獲得しました。

多くのビートルズファンがこのレコードを買い求め、米国での売上枚数は3万9,000枚に達しているということです。このデータはアメリカのニールセン・ミュージックが2016年12月30日から2017年6月29日の期間を対象に調査を行ったものです。

下記に上位10アルバムのアーティスト名、アルバム名を記載する。カッコ内の数字は売上枚数となっています。


【アメリカで上半期最も売れたレコード】ベスト10

  • 10. ピンク・フロイド:「ダーク・サイド・オブ・ザ・ムーン」 (2万3000)
  • 9. Tennis:「Yours Conditionally」 (2万4000)
  • 8. プリンス:「Purple Rain」 (2万4000)
  • 7. ザ・ビートルズ:「Abbey Road 」(2万6000)
  • 6. エド・シーラン:「÷ (Divide)」 (2万7000)
  • 5. エイミー・ワインハウス:「Back to Black」 (2万7000)
  • 4. ボブ・マーリー:「Legend」(3万)
  • 3. サウンドトラック:「Guardians of the Galaxy: Awesome Mix Vol. 1」(3万)
  • 2. サウンドトラック:「La La Land」 (3万3000)
  • 1. ザ・ビートルズ:「Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band」(3万9000)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。