【ダッジ チャージャー】ワイルドスピード劇中車のスペック・価格

この記事は2分で読めます

【ダッジ チャージャー】ワイルドスピード劇中車のスペック・価格

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】 「Furious8」:登場車種一覧リスト 

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード 8 アイスブレイク】劇中車が唯一日本に来日

あわせて読みたい記事:【日産 スカイラインGT-R】ワイルドスピード仕様R34の価格

日本において2017年4月28日(金)から全国で公開される映画、「FAST & FURIOUS(ワイルドスピード)」シリーズの最新作「FAST & FURIOUS 8 ICE BREAK(ワイルドスピード 8 アイスブレイク)」ですが、今回、世界で唯一日本国内において待望の企画が実現するということで楽しみにしている方も多いはずです。この記事においては「ワイルドスピード4」に登場した劇中車のスペックや価格もご紹介いたします。

  • (出典:wildspeed-official.jp)

今回の「アイス仕様」の「ダッジ チャージャー」も細部に至るまで作り込まれたフルカスタムとなっているようです。大迫力のリアビューから凄まじいポテンシャルを伺わせます。これまで、「ダッジ チャージャーR/T」は「ワイルドスピード」シリーズにあらゆるカスタムが施され登場してきました。


「ダッジ チャージャーR/T ワイルドスピード4仕様」:スペック

  •  

1970年式の「ダッジ チャージャーR/T」として仕上げられた「ワイルドスピード4」仕様の劇中車のスペックと価格が明らかになっています。

まずは1970年式仕様にモディファイされているということですが、ベースとなっている年式は1968年式で、「ダッチ チャージャーR/T」がベースモデルということです。なお、「ワイルドスピード4」において劇中モデルとして3台が製作されたうちの2台が生き残り、そのうちの1台が販売されている車両となるようです。そして、搭載されているパワートレインは、排気量:350cuiのV型8気筒 OHVエンジンにスーパーチャージャーが装着された仕様が収められているパワーユニットとなり、組み合わせているトランスミッションは、TH400オートマチックミッションを組み合わせ搭載しています。

インテリアにおいて注目できるポイントは、室内にはロールバーが設置されており、スピードメーター、タコメーター各種のメーターがダッシュボードに組み込まれています。ドアのインナーパネルは、アルミニウム製のパネルがはめ込まれており、スパルタンな仕様となっています。

シートの後方には、バッテリーが移設してあることが確認できます。

さらに、掲載画像のように「ユニバーサルスタジオ」が所有していた証明書も付属しています。

尚、車両販売価格は現在の日本円で「約2,038万円」にて落札が可能となっていました。

今回の「FAST & FURIOUS 8 ICE BREAK(ワイルドスピード 8 アイスブレイク)」に登場する氷河チェイス用にフルカスタムした「ダッジ・アイス・チャージャー」のスペックも興味深いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。